2009年01月13日

● 手洗い?洗濯機?

冬になって走ってもさほど靴に汗が溜まるほどの汗はかかなかったのですが
先日のペース走はさすがに水溜りに入ったような状態になり、
かなり汗臭い感じが漂いましたので洗ってやりました。

ランニングシューズの洗濯には手洗い派と洗濯機派があると思いますが
汗かきの私は夏場の15kmBU走 1回で靴に汗がしみ込んでしまい
毎週のように洗わないといけないので、手洗いの手間は大変です。
そういうわけで 私は断然、洗濯機派です。
洗濯機で洗うことの心配は、靴が傷んでしまうことでしょうが
幸い今まで洗濯機で洗って壊れたという感じはありません。

まあ 外履き用の靴の場合、泥が洗濯機に入る可能性がありますから(入っても多分問題はないでしょうが)予め予備洗いをして洗濯機に放り込みますが、今回はジム用なので予備洗いもせず洗濯機に放り込み43分で終了。
靴底チェックをしてから 中敷を外して、型崩れを防止するためにシューズキーパーを装着して陰干しします。

で 靴底チェックですが この靴は9月に買ってこれまで380kmほどを走りました。
履いた感じでは、最近、外側に沈む感じが出てきましたので、アウトソールの外側が減ったのかと気にかかっていましたが、実際は均等に減っているようで安心しました。

ジムのトレッドミル専用ですから外履きのものと比べて
靴底の減り具合は少なくて普通とも思いますけれど
それでも均等に少ない減り具合で、まだまだ大丈夫のようです。


写真では判りにくいですが、中敷はだいぶ癖がついてきましたので、へたり感の原因はこちらのようです。
もう少し外側のクッションが弱くなったら買い換えないといけないでしょう。  

Posted by 景虎 at 22:30

2008年11月09日

● シューズフィッティング

ヘルプ・デスクが終わってからシューズフィッティングを勧められたので受けてみました。
まず 足の各部のサイズを細かく測ってくれるのかな?と思いましたが
すぐ靴をもってこようとします。
細かくサイズを調べないのか聞いたら、
こちらのショップでは測定をしておらず、
それは 足のコンディションを数値で捉えてしまうと
履いたときの感覚より数値を優先してしまい
却って足に合わない靴を勧めてしまうことを
危惧しているとのことでした。

わりとしっかりした説明のできる(知識のある)店員さんと思いましたので
これまでの多くの靴屋さんから大き目のシューズを勧められてトラブルにあっていることや
甲周りのフィット感を大切にしていることを話したら、
特に大きい靴は問題があるということで共感。
とすれば どうやって靴を選べばいいか彼の話を聞いたところ。

必ず両足できちんと履いて立つ事。そのとき足の指5本が窮屈でないことは大前提ですが、
① 両足で立った状態でアッパーの形状が著しく変形していないことを確認。
 彼の説だと両足で立った状態の足の大きさが一応の目安だそうです。
さらにアウトソールの土台よりアッパーの外側が外に膨らんでしまうのは避けた方が賢明と
彼の許容基準は明快でした。
次に片方のつま先を曲げて踵を上げた状態(蹴った時の状態)にすると靴にシワが寄ります。
②そのシワが足を圧迫していないかをチェック。
と同時に③踵が抜けやすい感じがないかを確認する。
「この3点が合格なら、まず合っている靴といえます」というのが彼の説明でした。

なお、②と③は程度問題なのでチェック項目に引っかかっても自分に合わない靴とは限らないそうです。確かに靴の曲げ具合が数値化していない以上極端に曲げれば全ての靴がひっかかってしまうでしょう。

履いてみたのは ヘルプデスクで勧められたフォーモーション機能のあるAdisupernova Controlです。非常にすんなり入り上記3点は完全にクリアーで、甲回りも適度な感じでしたが私の感覚ではこの靴は履いていくうちに大きいと感じると思いました。

そこで以前の靴屋で否定された「ランニングシューズは伸びる」という持論を逆の聞き方をしたら、彼は 多少は伸びることを彼は指摘しました。完全に私と靴の考えが似通っています。

そこで お目当てのCS4のフィッティングをお願いして、フィットしたら買おうと思いましたが、残念ながら寄ったしわが小指の付け根辺りを強く圧迫していたので購入は諦めました。CS4のアッパーのデザインが変われば問題が解決する可能性があるので今後の購入候補です。

さすが大手ブランドの直営のお店だけあって店員さんの考え方がしっかりしています。
靴に付いて知識のない方でも安心して買えますので、
こういうお店なら納得してお金を使えると思いました。
  

Posted by 景虎 at 23:57

2008年11月02日

● ナイキ ルナレーサー+

ナイキから11月に発売予定のルナ レーサー+が置いてありましたのでさっそく写真をパチリ。
9月に発売された「ランナーズ11月号」の広告ページをみて気になっていて、機会があるたびに見本はないかと聞いていましたが、ついに実物を見ることができました。
ルナシリーズは他にルナトレーナー+も発売予定です。

お店に陳列されていたのは「ルナレーサー」だけでサイズも私には大きいものでした。時間がなかったのでフィティングはしませんでしたが思ったよりアウトソールの形状が大きくて名前がルナだけあって月面で履く靴をイメージしてしまいました。これだけアウトソールの下底が広ければ少々斜めに着地してもしっかり支えてくれそうですね。 

ルナの売りは新素材「ルナフォーム」による異次元の衝撃吸収性能と靴の軽さだそうです。コピーに拠れば「2~3歩歩いただけで「気持ちいい」というふんわりソフトな履き心地が体験できると謳っています。気になる重さはレーサー+で156gとのことでした。
時間があるときにゆっくりあわせて履き心地を確かめてみたいと思います。

ルナのもうひとつの話題は限定モデルです。アウトソールも白で、白地をベースに赤、緑、黄、青のフライワイヤーがシャープな印象を与えてくれます。ネットで画像を探しましたが見つけることはできませんでした。
世界で72足しか発売されないそうで、そのうち18足が日本で販売されるそうです。アートスポーツで取り扱われるそうですが、名古屋には来ないのかな?    


  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年10月29日

● GT2140NY発売?

昨日ブログをチェックしていたらアートスポーツ日比谷店のブログでアシックスからGT2140NEWYORKが発売されたとの記事がエントリーされていました。

アシックスの公式ホームページは常時チェックしていますので「あれ?」と思って
アシックスサイト内検索に「GT2140NEWYORK」と入力しましたが出てきません?
公式発表は後日なんでしょうか?

いずれにしても人気モデルの2130の後継モデルが出たということは
2130が安価に入手できるチャンスですので
ここ暫くはスポーツ店めぐりが楽しみです。顔11  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年10月09日

● チューンナップ

今年の勝負靴GT2130ですが以前書いたように緩み感が出てしまいました。

具体的には15kmほど走ると翌日には左足の踵外側の側面がかゆくなって多少赤くなっています。
多分、踵が動いて擦れてしまっていると思いましたので、少しチューンナップしてみました。

替えたのは靴紐(シューレース)です。
2130は弾力のあるオバール・シューレースという楕円状の紐が使われていますが、弾力があるだけに締めても、まだ緩んでいる感じがしてしまいます。かといって力いっぱい締めると靴下の跡がつくようになってしまい力加減がイマイチわかりません。
そこで、以前の靴からフラット状のシューレースを付け直したところ赤くなる症状が消えました。

単に締めなおした加減がジャストフィットしただけかもしれませんが、弾力のあるオバール・シューレースで違和感のある人は紐を変えてみるのも一つの方法かも知れません。 
なお、靴紐は種類や靴のサイズによって長さが異なりますし、フラットな紐でも弾力のあるものもあります。これまでのものの紐の長さを知っておくことが大事ですし、弾力性は店員さんに確認するといいと思います。顔7
後は直接のチューンナップではありませんが、今まで履いていた靴下より厚手のものを試してみるつもりです。
これで緩い状態が改善されなかったら、中敷を厚いものに替えてみるつもりでしたが今回はそこまで必要ありませんでした。  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年10月07日

● 困ったときの

ヒザの調子は大分快方に向かったのですが、それでも15kmほど走ると痛みが出てしまい
また、走りたいと思う程度に回復するのに中2日ほどの時間が必要です。
レース35日前の今は出来れば毎日でも走りたいところですが
休養を充分とらずに走るとすぐに痛み出してしまい走ることが楽しくなくなってしまいます。

そんなこんなで去年の練習結果と比較してみたら
ほぼ変わらないような練習パフォーマンスまで下がってしまい、
このままではサブ4を達成するどころか
名古屋のハーフも今池関門で引っかかりそうです。

ランニングは高機能のシューズやウェアーに頼らず
鍛えた結果でいいという考え方で通してきましたが、
春先から頑張ってきた努力が一つの成果として結果が出ないのも業腹なので、
困ったときの神頼みならぬ、困った時の道具頼みで
高機能のウェアーに頼ってみることにしました。

私の場合 膝を支える周囲の筋肉の力が弱くて距離、スピードとも持たないので
ヒザをサポートしてくれる機能を持ったウェアーの中から
ウルトラランナーの岩本さんが推奨しているCW-Xを選ぶことにしました。

一口にCW-Xのランニングタイツといってもヒザのサポート機能を謳っているのが2種類あり、またサイズでサポート機能の効果が違うそうですので、それぞれを違うサイズを履き比べて一番フィットした感じが良かったスタビライクスのセミロングにしました。
今週末に30kmのペース走に挑戦です。  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年10月02日

● カメラケース

ファンランというかブログネタを探している身としては
普段はカメラか携帯をウエストポーチに入れて外を走っています。
しかしペットボトルやティシュといっしょに入れておくと、
結構擦れて細かい傷がついてしまいます。

そこで、ウエストポーチのベルトに通すタイプか腕に装着するカメラケースを探していましたが
こういった小物類はディスカウントされていることが少なく
だいたい1000円以上が相場で私には割高の抵抗感がありました。

先日 大型電気量販店に行ったところ1000円以下のものが
結構揃っていたので試しに買ってみました。

 条件としては
  ① 洗えるもの    ②できればファスナータイプではないもの 
  ③ 横型のもの   ④邪魔にならない大きさです

  ①は必須条件です。気軽に洗えない皮製品はNGです
  ②はマジックテープタイプとファスナータイプに分かれますが、
   ファスナータイプはどうしても曲線を開くことになって 
   お腹のところで操作するのは使いづらいと思います
   (あくまで私の想像ですが。。。)
   マジックテープタイプはバカになりやすく落としてしまう恐れがありますが、
   開け閉めの手軽さからこちらを選びました。
  ③の条件は 腰につけますから横型のほうが邪魔にならないように思います。
  ④は ほとんど同じ大きさですので、選択肢がある場合の条件です。

 その結果選んだのがこの商品でした。条件3の横型ではありませんが、横型の商品はひとつもありませんでしたからしょうがありません。想像したものより大きかったのですが、市販品である以上大きいサイズしか置いてないのでその点は我慢です。
この商品に良く似たものは数種類ありましたがそのなかで決め手になったのは手前のコード紐です。
カメラや携帯に取り付けて最大70cmに伸びる伸縮性のあるもので、
このケースに不具合があってもひもごと取り外しが可能ですからこれにしてみました。

使い心地はまた後日UPさせてもらいます。  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年09月27日

● NEW シューズ

GT2130を買った6月末からがんばって約5kgの減量に成功しましたが
同時にひとつ問題が発生してしまいました。

それは、甲周りが細くなってしまったようで
強めに締めても緩い感じが否めません。
実際 踵がすれてしまって、赤くなり不快感が出てきました。

今のところ15kmぐらい走ってこの程度で済んでいますが
今後更に長い距離を走ったとき靴擦れが起きるかもしれません。
フルマラソンを走るときに靴擂れの不安があるとレースになりませんので
念のため予備としてNEWシューズを調達しました。



GEL ライトレーサー

ターサーやソーティも履いてみましたが一番しっくり来たのがこの靴です。
今回はネットでの評判は一切気にせず
たくさん試履きをしてみて選びました。

皮算用ではあと3kg落とすつもりですが。。。。。

  

Posted by 景虎 at 23:59

2008年08月11日

● ユニクローゼ

ユニクロの速乾性Tシャツです。
ネットでは「汗をかくと冷たくて全然乾かない」という意見のブログも見かけましたが、ランニング用ならば汗をかいた後にさほど長くは着用していないので、ものは試と買ってみました。

最初サイドのタグなどが固くてチクチク刺激されて不快でしたが、一度洗えば気になりません。
また、速乾性の点ですが汗をかいて着たままですと多少べたついて速乾性を謳うには?ですが、普通の綿のTシャツと比べればこちらのほうがサラサラしています。

今の時期にTシャツは何枚あっても邪魔になりませんので、良く使うトレーニング用ウェアーの1枚に加えました。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年08月07日

● フリーダム

昨日紹介したフリーダムを早速使ってみました。説明書には運動前後に1~2袋摂取とありましたが、MY☆STARの人たちはウルトラマラソンのレース中に10kmごとに一袋ずつ摂取しているようです。

顆粒状のものですから そのまま飲めるそうですが、実際、走りながら摂取できるものかどうか試してみました。
UPのとき8km/hぐらいの速度で封を切り、そのまま口に放り込みました。
封は問題なく簡単に開けれますが、むせてしまいうまくいきません。
飲みやすさはクエン酸がベースの割には味が良く、この手のサプリのなかでは飲みやすいほうでしょう。
レース中に飲むには立ち止まるか、給水所手前で開封して水を受取りそこに溶かして摂取するのがいいでしょう。

昨日のメニューは15kmBU走で、設定タイムは5kmごとに27’00 26’00 24’30 です。
これまで最後の5kmを25分をきったことはなかったのですが、昨晩は24’25で走りきることができました。
もちろんフリーダムの効果ばかりではなく、事前に2日休息したり、これまでのトレーニングの成果が実を結んだとも考えられますが、昨晩は走りやすかったのも事実です。

フルマラソンを1回しか走っていないわたしが言うのもなんですが、レース中に足が動かなくなったりしたとき、例えフラシボー効果のサプリでも摂取しておくと心強いものです。いびがわマラソンの心強い味方に出会えたようです。  

Posted by 景虎 at 22:24

2008年08月04日

● LSD用の靴

ジャズドリームにあるアシックスに「GEL VIRAGE」が置いてありました。
この靴はアシックスのサイトにある「シューズアドバイザー」で私に向いていると勧められた靴で、売られていたのは以前のデザインのものです。 答えた内容は「男性」「定期的にランニングを続けている」「大会・レースに向けて走力を強化したい」「LSD」を質問順に選んでいくと勧められます。
価格は今のモデルのものから3割引で売られていました。
サイズもちょうどあり、履いた感じもGT-2130に良く似たかんじがします。
以前からLSD用の靴が癖が付きすぎてそろそろ新しいのをと思っていましたから購入しました。

実際に走ってみると足底筋が痛くなり「選択は失敗か~顔7」と思いましたが、せっかく買った靴なので少し我慢して走り続けていて、給水で走るのをやめてから嘘の様に痛みが消えて行きました。走るのを再開してからの痛みは全然ありません。どうやら前回のトレーニングの疲れが残っていたようです。


気になったのは汗で床が濡れるくらいの状況になってしまったことでした。
このときのトレーニングが脂肪代謝が一番促進されるスピードでトレッドミルを走っていたせいともいえますが
アッパー素材の空気抜けがこれまでのものより悪いようです。

ただ、今が一番汗をかく時期ですから、これから秋になれば問題ないと言えますし
外で履く分には問題ないでしょう。  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年08月02日

● アウトレットのアシックス

四日市に用事がありましたので帰りにジャズドリーム・ナガシマに寄りました。

お目当てはココ!
asicsのアウトレットショップです。asicsはシューズメーカーとして日本市場では強く、なかなかディスカウントされた商品にお目にかかれません。そういったこともあってアウトレット店の品揃えは興味のあるところです。 

靴の品揃えはこんな感じです。
2×7段の陳列棚3つがメンズシューズのスペースです。同じ広さでレディースとキッズのシューズが置かれています。
品揃えの印象はGTのニューヨークが一つ前の2120が置かれていたように、現在売られている商品のひとつ前のモデルが多いように感じました。「よさそうな靴だな~」と思うとサイズが無かったりとアウトレットならではの事情もありました。
現在売られている最新モデルはひとつも見つけられませんでしたから、「このモデルが欲しい!!」とこだわる人には向いていないようです。廃番になった商品を探しに行くか、自分に合う靴ならデザインなどは少々古くてもいいという人にお勧めと思います。
ただ、ここは何も買わないと駐車場代が無料にはならないようですので、気軽に覗くというわけにはいきません。


シャツ類は普段見ていないので判断しにくいですが1500~2000円前後の値札のものが多くさらにこの日は1点目10%引きで2点目から50%引きセールとなっていました。(この日が初めてなのでこれがいつもの割引か、今の時期だけかは判断がつきません。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年07月14日

● 準備着々

頼んでおいたシューズが入ったとお店から連絡が来たのでさっそくとりに行きました。Asics GT-2130NY サブ4を狙うランナーや体重のあるランナー向きのシューズで、愛読している「シューズマスターのブログ」でお勧めの靴です。昨年もこれにするか迷っていましたが たまたまお値打ちな靴 を見つけたのでそれにしました。

 それにしても最近の靴は値崩れしません。聞いたところに拠ると以前は見込み生産で多めに作っていたので見込みが狂うと在庫を整理するためバーゲンがよくあったそうですが、最近は少量の見込みあるいは注文生産で値崩れを防いでいるようです。この話の信憑性はわかりませんが1年間この靴の価格を見ていましたが、よくあって1割引。ネットではもう少し割り引かれていますが送料を負担すれば割引は1割をわってしまいます。先日行った東京でもアメ横から御茶ノ水と安売りしていそうなお店をめぐって見ましたが、安いものを見つけることはできませんでした。

ちょうど このお店が6月末に金山にオープンすると聞いてセールの目玉になっていないか淡い期待を込めていったところ、オープニング価格で今年のモデルをだしてくれました。値段的には満足していないのですが、2008-09シーズン中ではたぶん最も安い値段と思い購入を決めました。

もちろん 靴底を軽くライターの火であぶってから使います。顔2
  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年06月30日

● 中敷

昨年買ったシューズのRC1000Sもそろそろ寿命が来たのかもしれません。
走行距離は1000kmを軽く超えており、履いた時に右前方に若干傾くような感じで私の癖が染み付いてしまいました。

ただ ミッドソールがまだ完全には出ていませんのでもう少し利用できそうです。
利用する上での問題は付いた癖と磨り減ったアウトソールのクッション性を回復することです。
本体のクッションを回復するのは難しいでしょうから、中敷をクッション性の強いものに変えてみました。 

中敷の取扱説明書ではサイズの違いは元の中敷を宛てて先端を揃えてはみ出た分を切り落とすとありましたが、ほとんど修正は要りませんでした。まあ ものはためしですから片方だけ先端を3mmほど切って装着。厚みも思ったより薄く紐を締めなおさなくても掃けます。

それでもフィッティングをより正確にしたいので 
一旦紐を緩め先端から順に適度に締めなおしてみます。
古い中敷のときに感じていた靴の癖は感じなくなりました。
履いただけなら新品のような感触です。

今年の靴も今取り寄せてもらっていますので、それが来たら交互に使っていこうと思っています。
最近知ったことですが、衝撃吸収素材を使ったシューズの機能を長持ちさせるには
使って変形した吸収材が元の形状に戻ってから使うほうがいいそうです。
形状が回復するのに48時間ほどかかるそうなので、必然的に2足必要なのですが
諸物価高騰の折、新品を二足買うのは予算が許してくれません。
物を捨てずに地球に優しくの観点からも中敷を使ってある程度リフレッシュできるなら
そちらのほうがいいので 試すことにしてみました。  

Posted by 景虎 at 22:56

2008年03月25日

● 宇宙ステーション内でのトレーニング用シューズ

このほど 日本のスポーツ用品メーカーから宇宙ステーションでのトレーニング用シューズの発表が行われました。

ご存知のように宇宙は無重力空間だから 重力に対して無意識に働いている抗重力筋が働く必要が少なくなるため萎縮し、骨密度の低下を起こすことは知られていますが、その対策として宇宙ステーションでトレッドミルで鍛える際により効率的になる靴を作ったそうです。

面白いのはその形状で足袋のように親指部分が分かれています。以前から底の厚い地下足袋でマラソンしたらどうかな?と考えていた私には興味津々の靴ですが、需要が予測できないから一般に発売しないと思いますが、仮に発売されたならいくらになるのでしょうか?

靴の写真はこちらで見てください。→http://www.asics.co.jp/pressrelease/press.html?NT00000C2A
  

Posted by 景虎 at 22:28

2007年11月19日

● GTmail

大きなマラソン大会で実施されているサービスですが、
このサービスにネットから申し込んで、
送って欲しいメールアドレスを登録しておくと
チェックポイントを通過するたびにタイムの記録が
メールで送られてきます。(だいたい3件まで)

優れものな点は 10kmのタイムからゴールの予想タイムが出ることです。

フルマラソン男子
10km: 1:02:19実
20km: 2:03:24予
30km: 3:08:49予
40km: 4:18:03予
GOAL: 4:32:49予

10km過ぎで送られてきた情報は、この内容でした。 
時間の最後に「予」とあるのは予想タイム
「実」とあるのは実績です。

この時点で GTmailが持っているデーターからは
かなりの精度で予想が付くのですね。
サブ フォーを狙う私としては トレーニングの目標設定に
ゴール時間 4時間のデーターが欲しいのですが。。。

注) サブ フォー   フルマラソンを4時間以下で完走することを意味する。
              景虎のマラソン人生のひとつのゴール地点。  

Posted by 景虎 at 17:00

2007年09月08日

● 靴の選び方

道具のせいにするわけじゃないけれど
走った後に痛みがあったり、思うような記録がでないと
ついつい靴はこれでいいんだろうか?と考えてしまいます。

そんななかで面白いブログを見つけました。

『プロが教えます!正しいシューズの選び方!』
2005年9月に閉店したTHE JOG コジマの企画開発 野村さんが書いているブログで、
「靴は踵と幅を合わせたらつま先の空きは関係ない」とか
「ランニングシューズは軽さで選ばない」
「練習で使うシューズが一番大事」
など 目から鱗のような内容が多々載せられています。

残念ながら私には野村さんの言っていることを正しいか否か判断する力はありませんが
少しでも納得いく靴を得る為 読んでいます。  

Posted by 景虎 at 12:00

2007年09月07日

● 走行中の栄養補給

フルマラソンで消費されるカロリーは一般に体重×42.195 で60kgの人ならだいたい2500kcalが消費されると言われています。
一方体内に持っているグリコーゲンは500~600kcal(異説あり)なので不足分は脂肪を分解して補うことになります。しかし 脂肪が分解されるのは結構手間がかかるので脂肪の分解が間に合わなくなるとエネルギーが枯渇してしまい、体が充分に動かなくなります。普通はトレーニングで脂肪の分解を上手に出来るようになるそうですが、それでも市民ランナーレベルでは、脂肪の分解が間に合わないことが多いの、対策としてレース中に糖分を補給することが一般的です。

テレビでよく見かけますが一流ランナーたちはスペシャルドリンクを飲むことができますが、市民大会ではスペシャルドリンクは置かせてもらえないので飴や氷砂糖をゼッケンの裏に貼り付けたりして、持って走ることになります。
ある ランナーは30km付近でペースが落ちるので、20km過ぎから給水場ごとに 飴を2粒づつ補給するようにするそうです。補給食品としての理想は①カロリーが高いこと。②吸収がいいこと。③持ち歩けること。④飲み下しやすいことなどです。
最近、ドラッグストアに行くと高カロリー食品を探していますが、今のところ一番良さそうなのがこの「ブドウ糖ソフト」です。より細かい粒子で固めた角砂糖のようなもので甘さは控えめで食べやすいものです。

今月 25kmの試走をしますのでそのときに試してみる予定です。  

Posted by 景虎 at 12:00

2007年07月30日

● トレーニングの水分補給に。。。

夏に屋外で走るときに意外に困るのが水分補給です。
大会ならだいたい5kmごとに水分補給所が設けられていることから考えて、熱中症にならないためにも5km以上走るときは水を携行したほうが無難です。
 これまでは長くても10kmほどだったので手で持って走っていましたが、走る距離も長くなってきたので、ウエスト・ポーチ(?)を買うことにしました。

 
腰に付けて走ってみると思ったよりも邪魔にならずお勧めです。多少無理をすればペットボトルが2本入る大きさですので たいていの距離ならで水分補給は問題ないと思います。練習時にはペットボトルと塩粒や氷砂糖を。。。
大会時には カメラや貴重品、養分補給食品など。

これで 手に鍵を持って走らなくても済みます。顔11  

Posted by 景虎 at 12:00

2007年07月28日

● 新しい靴

新しいシューズが届きました。顔2

今回の買い物で考えた点は 以前のナ○キ と アデ○ダスでは黒爪になったので「国産のほうが足にあうかもしれませんよ」というジムのトレーナーの話を試してみることと、これまではジョギングシューズだったのでお値打ちなものがあればレース用のシューズにすること。の2点でした。


 良く行くスポーツ用品店がバーゲンをやっているころを狙っていくと、案の定行われていました。
で今回の希望にかなう商品は「初レース・5時間タイプ」と「3時間タイプ」の2点
実力相応なのは初レースタイプですが 割引率と価格から3時間タイプにしちゃいました。

それになんと言っても両者は軽さが違います。3時間タイプは信じられないくらい軽いものでした。頭では初レースタイプのほうが自分の体にあっていると判っていながら、ついつい気に入った方を選んでしまう癖が今回も出てしまいました。体のほうを道具にあわせていくつもりなんですがどうなりますやら。。。。

もちろん 午前中にライターで底を軽くあぶって初ジョグに行きました。グッド

走った感想は ソールが柔らかい為か親指のかかりが これまでの感触と違いかなり違和感がありましたが徐々に慣れていくことでしょう。ソールが薄いのでショックが足首、ヒザに来るような印象を受けましたので今まで以上に体のケアーに注意していこうと思います。  

Posted by 景虎 at 11:33