2013年02月13日

● 我が家の開花宣言


我が家のヘレボのうち今年の一番開花はルーセブラックのこの子でした。





まだまだ茎立ちしていない蕾も数多くありますが日光の力も強くなってきて、





 
ま寒い日が続いていますが 春はそこまで来ているようです。


  

Posted by 景虎 at 20:28

2012年04月28日

● GW初日の名城公園


この時期の藤がいいので走ってきました。
やはり今年は例年に比べて若干開花が遅れていますが


回廊の下は早くも藤の香りで満たされていました。


藤の蕾を初めて見ました。どの植物でもそうですが上手く花が収納(圧縮?)されているものです。



藤とツツジはこれからでも 






公園内は チューリップ ボタン シャガ ハナミズキと花で溢れています。 

 
新緑も萌え出でて 走っていても気持ちのいい風が通り過ぎていきます。

  

Posted by 景虎 at 15:26

2012年03月02日

● クリスマスローズ

我が家のクリスマスローズが咲き始めました。



この子が今年のトップバッター : 2月15日撮影




2008年に採取した種から育ったお気に入りのダブルの子。まだ株が成熟していないためか花は親の2/3ぐらいの大きさです。
今のところ2株親と同じダブルが出ました。

この後も続々と咲き始めています。


篠山までにやるべきことは全て完了。身体が稍重の状態が一番いいとするなら良い調整ができたようですが、想定ペースで走るとしんどいので本番はどう転ぶか。。。。? 天気がイマイチなのが残念ですがこれは人知ではどうにもならないので雨対策を万全にして楽しく走りたいと思います。  

Posted by 景虎 at 20:28

2012年02月04日

● 冬来たりなば 





寒い日が続きますが 我が家のヘレボ達は蕾をもたげて準備万端。
4年前採取した種がようやく咲きそうです。自家受粉で採った種のうち親と同じような形状のものは何株つくのか楽しみです。

今日の練習メニューは180LSD。 風があってきつかったですね。   

Posted by 景虎 at 19:31

2011年03月21日

● それでも春はやってくる

昨日の名城公園で鶯を今年の最初の初泣きを聞いたと思ったら
今日は我が家の垣根にも遊びに来ていたようだ。

植物園では猩々袴(ショウジョウバカマ)も咲いたとか。
相変わらず植物園には行く気がしないので、昔撮ったもので恐縮です




リニア・鉄道館科学館もオープンした。

少しでも明るい春に!!  

Posted by 景虎 at 22:28

2011年03月03日

● 三友軒のシュウマイ

桜山の地下鉄の駅から博物館へ向かう手前の路地を東へ入った何気ないビルの1階にお店があり、図書館に向かうときに前を通るといつも売り切れの張り紙があって「よっぽど美味しいのか?」と気になっていたお店で、先日テレビで紹介されていていました。 

 先日のこと、お店の前を通ったら初めて売り切れの張り紙がなかったので意を決して入店。店内で食べられるのかと思ったら持ち帰り専門店でした。一番小さい10個入りを購入。 形状は普通のシュウマイじゃなくラビオリを思わせるような形で後で調べたらこの店のオリジナルの形とのこと。付いている油で焼いて食べるのにちょうど焼きやすい形です。味は上品なあっさり味混ぜ物のない肉の旨味がして評判がいいのもわかります。


思いっきり走ってへとへとになったあとの冷たいビールに良く合いそうな焼きシュウマイでした。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2011年02月09日

● 春かな? 

結局、今年のミニカトレアは5輪とも花が咲いた。





ヘレボも蕾を持ち上げ始め、気の早いものは 今朝、開花した。





週末は雪だるまだそうだけど。。。30kmダッシュ どうしよう?
  

Posted by 景虎 at 20:28

2010年10月04日

● ガーデナーな週末

この週末はリカバリー週ということで普段より走量が少なくて体力的に余裕がありました。そこで、暑くてなかなか出来なかった鉢物の植替えの残りを一気にやってしまいました。

数が多くて一番大変なのがクリスマスローズです。まずは大きい鉢のものからはじめます。既に開花した成長した株のうち、春に新芽の出が悪かったもの、鉢底から根がはみ出したもの、表面にコケのついたものを、大きくしたいものはワンサイズ大きい鉢に植替して大きくしたくないものは、根を1/3切り詰めて同じサイズの鉢に植えなおします。こうすることで鉢に無駄がでないように使いまわします。 


発芽して2年が過ぎたヘレボの株は本来なら全て6号鉢に植え替えて、来年の春に一番花が咲くようにしてあげるのが普通なのですが、その番にあたるダブルの株は20株近くあり、全部の株をそうしたら狭い我が家の庭は置き場でパンクします。本当は間引くのが正解なのですが、ヘレボの実生株は突然変異が起こりやすいので親の性質がそのまま受け継がれるとはかぎりません。もちろん葉を見ただけで花が想像できるほど詳しくないので、昔、花屋さんから聞いた「こういう葉っぱにダブルの花が咲く」という真偽のほどがわかりにくい話や親とよく似た葉っぱの2点から5株を選抜して6号鉢に植替え、ほかのは寄せ植えにしました。寄せ植えにすると競争に負けて充実しない株は来年の春に一番花が咲かないのですが、仕方ありません。 


来年の春になればどれが親の性質を受け継いだのかが判ります。本来 シングルが普通のヘレボですからダブルの形状はどれぐらいの割合で受け継ぐのかがわかりますので楽しみです。


1年株のピンクや今年の春に発芽したニゲルはダブルの反省もあって数株ずつしか作ってありませんが、これらも全て鉢増しして植え替えなければなりません。

ホスタも根が回っていて今回植え替えました。もう少し大株になったら玄関に飾れるぐらい見応えがでてきそうです。

ほかに、春咲き球根をチューリップとミニアイリスを植えたら、休日が終わってしまいました。 

  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年09月28日

● アガパンサスの植替

2008年に購入したアガパンサスが随分成長し植木鉢から根がはみ出てくるようになってきましたので植替えることにしました。

我が家で一番大きい鉢でも目一杯まで育ち、これ以上大きくすると移動が大変になりますから 株分けして植え替えることにしました。一株だったのが10株ぐらいに増えており、1/3にするため3株を目安で分けましたが、どれが新しい株かが判らなかったのでホールケーキを切る要領で1/3にしました。 


手で分けられるそうですが、鉢が膨らむぐらい根が張っていて細い根を解すのも大変な状況でしたので植木鋏で株を3つに割り 根を1/3ほど崩して切り詰めて前と同じサイズの鉢に鉢に植え替えてオシマイです。 かなり強い植物なのでこれで大丈夫と思いますが雨で跳ねる土に弱いようなので木のチップでマルチングをしておきました。 


写真は以前の花です。来年花が咲けば植替えは成功。チョキただ、始めての株分け植替えなので念のため予備でもう一鉢作っておきました。 


我が家の酔芙蓉がようやく咲きました。ジンジャーといいお盆過ぎに咲く花が今年は今頃盛りを迎えています。

  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年07月09日

● ようやく。。。

明るいところでも暗いところでも育ち、病害虫に強い言われて、手間のかからないということも気に入って植えてみたヘメロカリスが、植えつけてから2年半かかってようやく咲きました。

確かに暗い場所でも咲きましたが、植え付けからこれだけかかっては暗い場所ではあまり楽しめないなぁ~というのが実感です。


ヘメロカリスは中国原産の萱草(カンゾウ)の園芸種ですが、広い意味では原種の萱草や仲間の夕萱(ユウスゲ)や日光黄萱(ニッコウキスゲ)もこう呼ばれるそうです。名前はギリシア語で「一日」を意味する「へメロ」と「美」と言う意味の「カロス」の2語から来ているそうで、花が1日ぐらいしか持たないのも特徴で、異名がDay Lilyと呼ばれます。 

儚く、僅かな間しか咲かない花ですが、
ひとつの茎で多くの蕾を持ち、次から次へと咲くと言われます。

でも、我が家のものは2つの蕾しか確認できませんでした。
これも 日照量が足らないのが主な原因ではないでしょうか?

縁側から見ていつも「暗いな~」と思っていた庭がけっこう明るく感じられるのは花の効果でしょうね。  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年06月14日

● ラッシュアワー

我が家のアガパンサスAgapanthusですが、シースー?が破れて中から花の赤ちゃんがすし詰め状態になっています。


ちょっと窮屈そうなのでちょっと手助けに剥いてやりました。 



  

Posted by 景虎 at 22:52

2010年05月23日

● 七段花

 
   
今年は確かに天候不順なようで ようやくサツキが咲き出したな~と思っていたら七段花(山アジサイ)は順調に咲き始めました。花によって影響を受けているものと受けないものにわかれているようでイマイチすっきりしない天気です。


さて 七段花ですが今年もイマイチな花色ですが、多少、青が去年よりは強く出たのは好材料。
いつになったら、目指すは こちらの七段花の色 がでるかな?

実験なら、たくさんのサンプルを作って調べますが、
のんびりガーデニングは瓢箪から駒も楽しい要素なので
今年の反省を踏まえ来年またどんな花色がでるか楽しみたいと思います。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年05月14日

● 今年の種まき

毎年1種類ずつ種取りをして増やしているヘレボラスですが、今年はニゲル(つまりクリスマスローズ)にしました。 これまで、ダブルやセミダブルの株を増やすことに一生懸命でしたが、良く考えたらニゲルの株は我が家のヘレボのなかでは一番古く(10年近く経っていると思います。)まだまだ元気ですが、多年草ですが寿命はどれぐらいか判りませんので、いつ駄目になるか判りません。
↑写真は一昨年のダブル株に袋掛けしたもの。

十数個咲いた花から形のいい2つの花を選んで、さらに種袋を4つ残して後は全部摘みとりました。不織布の袋を被せておき5月ぐらいからはじけていないか水遣りの度にチェックしていました。今朝見たところはぜていたので早速、種まきです。


ヘレボの種は大きいのでほとんどが水に沈みますからあまり意味はないのですが、念のため水に浸けて、沈んだ種だけを使いました。2号ポットに用土を7分目ぐらい入れて中央に一粒播きます。(我が家の方法では発芽率が高いので一粒播きにしています。)


どこの園芸家のブログにも載っていませんが、私は種を播いたらミズゴケでマルチングします。これで来年の春まで水遣りを絶やさなければ過去の発芽率は90%を割りません。


来年の春に発芽して花が咲くのは3年先ぐらいでしょう。  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年02月20日

● ヘレボの古葉切り

本来ヘレボの古葉を切るのは11月ころの作業のようですが、私は極力、切らない様に努めてきました。しかしパーティドレスの大葉が急に変色してきて、出てきた花芽の伸びを邪魔していますので、時期はずれですが切ることにしました。

ウィルスに感染しやすいので、不活性剤を利用して一株ごとにハサミを消毒して切ります。

ピコティはうつむき加減に咲き始めました。まだまだ単花の寂しい状態ですが、春の様相がはっきりしてくるに連れて多くのヘレボが咲いてきます。  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年01月25日

● 春の兆し

日曜日はとてもいい天気で軽く近所まで走りに行ったあと花たちの世話をしました。
今の時期は春の芽吹きに備えて寒肥を施しました。

たくさん蕾を付けているヘレボのクリスマスローズ(ニゲル)の一番花が陽気に誘われたのか、遂に首をもちあげてくれました。この花は形が少々整っていません。我が家のクリスマスローズの一番花は毎年形が整って咲いたことはありませんが、それだけに世話をしている人間からすると愛らしいものです。


先シーズン種を採取したピンクピコティももうすぐ開花です。


その子どもたちもそろそろ発芽する頃(去年は1月31日に発芽)ですので、マルチしているミズゴケを取り除いてみました。


もう土から持ち上がりアーチ状の茎が見えていました。このままだと夜は寒さでダメージを受けるといけませんので土の布団をかけてもう少し寝かせておくことにしました。もう数日で双葉が顔をだすことでしょう。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年05月27日

● 七段花 1年目

昨年購入したヤマアジサイの七段花が盛りを迎えました。

昨年買った時にはピンクだった花も計算どおりブルー系の色が出ました。
東山植物園のものと比べるとまだまだ青みが薄いのは今後の研究課題。

挿し木したものは鉢物にしましたがこちらはピンクが強めに出てしまいました。割と簡単に増やせますので思い切った土壌で育てる実験ができます。
植えてからの年数や光量で花色が影響されなければ(そんな話は聞きませんが)もう少し強い青が出るかもしれません。

  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年05月17日

● クリスマスローズの種まき



土曜日の朝のこと、今年の種の採取用に袋掛けしていた
クリスマスローズの袋の下のほうに黒い粒粒が見えました。
鞘から種がこぼれて10粒の種が取れました。
(鞘も種を充実させるため、3つだけ残してほかは摘んであります)

クリスマスローズの場合、夏場の高温乾燥を嫌ってこのまま保存して秋に撒く方法と、そのまますぐ播いてしまう「採り播き」方とがありますが、昨年の実験で我が家の場合さほど差がありませんでしたし、花農家のように発芽率が問題になるような環境ではありませんので、今年は全て採り播きしてしまいました。用土はごく一般的に赤玉土の小粒を6、腐葉土3の割合で苦土石灰と緩行性肥料少々を2号ポットに入れて真ん中に種を一粒入れて上に乾燥を防ぐためのミズゴケを敷きます。(ミズゴケは晩秋には取り去ります。)


これで来年の3月に発芽し、うまくいけば2011年悪くても12年にはこの親に似た花が咲くことでしょう。
欲目ですが、できれば縁のピンクがもう少し濃い子供がでてこないか楽しみです。  

Posted by 景虎 at 22:42

2009年05月10日

● 青いケシ




ヒマラヤの高地に咲くといわれる「青いケシ」
以前から見たいと思っていましたが、
浜松のフラワーパークでの展示が今日まででしたので
ETC割引を利用してひとっ走り行って来ました。

ヒマラヤの空の青より青いと形容されていますが、
やはり日本での栽培では紫外線の関係で青が出ないそうで、
薄いブルーでした。

比較的青い株をホワイトバランスを調整して撮影。
いちばん青が強く出た一枚です。


フラワーパーク、ガーデンパークと一日中歩いてきましたが
足底筋、足首はまだ復活していません。顔13

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑ ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
  
タグ :青いケシ

Posted by 景虎 at 18:52

2009年04月09日

● クリスマスローズ コレクション

ガーデニングの3大病といわれる バラ、クレマ、クリスマスローズ(ヘレボ)のうち
クリスマスローズを罹っておりますが、まあ まだまだ可愛いものでしょう~♪


ワインレッドのパーティドレス 一番のお気に入りの株ですがなかなか大きくなってくれません。(3月初めに撮影)



同種の二株を寄せ植えした 5年目のハイブリッド種(頂き物なので品種名不明)



最終色に落ち着いたエリックスミッシー



この花が クリスマスローズと呼ばれている ヘレボラスのニゲル(2月撮影) 


 
これも頂き物なので品種名不明。薄いピンクのピコがお気に入りです


左 発芽して2年目の株    右 去年春に採り蒔きして発芽した二葉。



ハイブリッドの3年目の株。親は薄いワインレッドに鮮紅色のピコの丸弁。来年にはどんな花が咲くかな?



鉢で管理しきれず庭植にした株たち。他 数種
  

Posted by 景虎 at 23:27

2009年02月08日

● いい天気~♪

今週は予備日の週にしてあったので、夜にミドルのハイペース走を走るだけです。
そのためゆっくり起きて久々にのんびりと草花の手入れをしました。

今月初めからの暖かい日が続いたからか、我家の早春の花たちもいっせいに動き出していて今日はクリスマスローズのパーティードレスが開花していました。この株の今シーズンの一番花ですから多少形がおかしいのもしょうがないかと思っていましたが、午後になっても一部が丸まっていて”変だな?”とよく見ると白い糸のようなものが付いています。「蜘蛛?」と思いよく探して見ると犯人は青虫くんでした。きれいな花には虫が。。。の格言どおり?なかなか油断できません。



一足お先にニゲルやピコティーも咲いています。


エリックスミッシーもピンクが混ざった蕾がかなり膨らんできました。

今シーズン購入した花で一番のお気に入りは「プリムラ」です。あまり期待せずに寄せ植の一株用に買ったのですが、きれいなブーケ咲きで花色が濃い朱色からオレンジ、薄い黄色と色変わりしていく花です。
購入後 植え替えしただけでほとんど手入れをしていませんが、花数も多くて見栄えがします


4月の主役たちも動き出しました~♪
これだけ動きが早いと今年の桜は早くなりそうな予感。うまくいけば3月21日に上野の桜が見れるかも。。。
ちょっと早すぎますかね。顔3



久しぶりにのんびりとできた 冬晴れの1日がゆっくりと過ぎていきます。




  

Posted by 景虎 at 17:16