2011年04月09日

● 消えた330億円 !の義援金

ほとんどの義援金が最終的に集まる日本赤十字社から7日一枚のプレスリリースが出された。
http://www.jrc.or.jp/press/l3/Vcms3_00002135.html
それによれば

「日本赤十字社が、ホームページなどで発表しております義援金の受付件数及び額に誤りがあることが判明いたしました。(中略) 
誤りがあった箇所は、4月5日に弊社ホームページに記載をいたしました平成23年4月5日時点での義援金受付状況で、

(誤)1,591,744件 139,639,246,398円 
(正)1,658,078件 106,783,668,486円 であります。

原因といたしましては、集計の誤りによるものです」

以上 プレスリリースから転記
集計の誤りで330億円が消えるなんて。。。。顔14

入金口座の残高と 集計数字の突合せをしていれば330億円も狂うなんて、ありえないミスですよね。
事務員の手が足らないなら、それこそボランティアを募集すべきです。

お金を扱う機関が 「申し訳ない」 で済む話ではありません。
早急に第三者の監査を入れてチェックしてもらい、
不正がないことを少しでも早く証明すべきことです。

信頼性が損なわれれば義援金が集まりません !!!。  

Posted by 景虎 at 11:46

2011年03月17日

● やっぱりおかしいと思う

追記を18日に加えました。

プロ野球 セリーグの開催が来週の3月25日からに決まったそうだ。(3月17日時点)


もともと私は震災で疲弊していたとしても人を楽しませるイベントば極力やるべきだと考えている。

だから 大村知事の
「関東、東北の経済が大打撃を被った中で、愛知や大阪など被災していない経済まで萎縮したら意味がない。これからいろいろな行事やイベントがあるが、自粛は消費の減退につながるかもしれないから自粛はしない。気持ちはつらいが、むしろ投資や消費はきちんとして日本経済を支えないと。」
というコメントに久々に政治家らしい言葉を聞いたと思うし

為末 大 選手の
 罪悪感にかられて日々を疎かにしないでください。

不謹慎という言葉を恐れて
人を笑顔にするのを忘れないでください。

どんな仕事であれいつもと同じ事を淡々と続ける事が
日本の力になります。

という言葉に勇気付けられている。


でも、さすがにプロ野球を来週から関東でやることはおかしい と思う。


計画停電でまだまだ混乱している今、
停電で冷蔵庫の中のものが傷まないか心配している人や、
節電でいつもよりさらにギュウギュウ詰めの電車で我慢している人達、

これら震災前まで野球から力をもらってきたファンの目に、
東京ドームのカクテル光線の眩しさがどういう風に映るのか思い至らないのだろうか?
決して ご乱心のお方が言うように人を力づけられるものではないだろう。

埼玉アリーナは被災者に今月末まで解放されたそうだ。
同じように 灯りや空調で電気を使うなら
原発事故被災者に東京ドームを開放したほうが人々に元気を与えると思うのだが

私がおかしいのだろうか? 

<<18日追記>>
経産相、セ開幕に「電力問題ない場所で」  デイリースポーツオンラインより
横浜市長はセの25日開幕を支持  デイリースポーツオンラインより
プロ野球緊急事態なら沖縄開催も  デイリースポーツオンラインより

「セントラル・リーグ6球団は、 (中略) 開幕にあたっては原発問題、消費電力問題を含めて、政府、監督官庁などの指示に全面的に従っていきます」  NPBニュース  「今季公式戦は全試合被災地、被災者へのチャリティー試合へ」 より抜粋 

選抜高校野球、開催決定 無難を金科玉条とする高野連だけに少々きがかりでしたが、よく決断してくれました。これは大賛成。顔2節電に協力したいのでラジオで聞くけどね。
地元勢と被災した地域を代表する高校を応援しよう!

そして文科省の高木大臣が「国民生活は停電で苦労している。違和感があるのは当然」と記者会見で答えたとのニュースが流れました。

やはりおかしいと思うのが普通なんでしょうね。
すっきりしました。
  

Posted by 景虎 at 23:45

2011年03月16日

● みんなの力が集まる

今回の震災にはほんとうに多くの善意が寄せられています。 

資産家、企業、タレントと日本はもちろん海外からも続々と義援金が集まり、
みんな少しでも役に立てればと願っているようです。

ユニクロ会長  10億円
ユニクロ      4億円+物資
新日鉄      5億円+物資
AKB48      5億円
を始めとする多くの高額の義援金にも勇気付けられますが、


今日読んでいいなと思った募金の呼びかけは

多田あさみ(タレント)さんの「大人の千羽鶴

一人じゃこの千羽鶴はできませんが
みんなで力を合わせればきっと千羽以上になるはず。

もちろん、鶴より小さい小鳥でもいいし、
余裕のある方は諭吉さんのお供の朱雀だか鳳凰を飛ばすのもいいと思います。

大人の千羽鶴始めましょ

多田あさみさんのブログより転載。)

 ・ ・ ・ ・ ・  << 後日談>>  ・ ・ ・ ・ ・

ジムでの話し。 
受付には東日本大震災の募金箱が置かれている。

受付のお嬢さんに「大人の千羽鶴って知ってる。。。?」と
薀蓄を傾けながら財布から千円を出して
得意顔で説明しようとしたら・・・・・・・顔7


  鶴がいない!

鶴が描かれていたのは旧札でした。
日曜日に名城公園に集まった皆さんの前でやったら大笑いされるところでした。
あ~ 恥かしかった。 顔16

ネットでぐぐったら「千円札に鶴がいるって思っている馬鹿がいた!」だって。
はい 馬鹿で~す顔3  
タグ :義捐金震災

Posted by 景虎 at 20:28

2011年03月15日

● 民放の輪番放送はできないのかなぁ?

輪番停電が行われている間、
民放各局も1日単位の輪番制にして節電に協力したらどうだろう。

個人的には民放5局で1局だけ放送してもらえば十分だけど
民放で働く人達の事を考えれば 月~金のうち各局1日づつ休む。
土日にみんなを元気づける番組をやる。

なんてなればいいけどね。






  
タグ :輪番放送

Posted by 景虎 at 19:01

2010年10月25日

● 祝?20万アクセスかな? 

今日(25日)の日付が変わるころ、このブログも20万アクセスを超えそうです。
2006年の11月からなんとなくはじめたこのブログでしたが
皆さんに支えられてここまで続けてこられました。
厚く御礼申し上げます。

初めのころの記事を拾い読みしてみましたが、恥ずかしくてまともに読めません。
知らないことは強いと改めて思いました。顔7

2006年、今池関門に捕まった記念すべき大会、
初めてのハーフマラソンである名古屋シティーマラソンでに向けて
がんばっていた直前の11月8日にこのブログを初めていたんですね。
4年前には、115分が制限時間の大会の手前の関門を通過できませんでしたが、
先日のカモシカマラソンでは97分台でゴールできるまでになりました。顔11
来月の14日に開催される「いびがわマラソン」で3時間30分切りを狙って走ります。
たった4年のような気もしますが、ことマラソンに関しては長い時間だったかもしれません。

いびがわに向けての主な練習も昨日で終わり、後の3週間は回復、調整期に当てます。
手始めに昨日は早めに床に就いてぐっすり眠り、
今日のお昼はニンニクと生姜を利かせたサンゲタンにしたら
さっそくお肌がつるつるって それはちょっと違うかな。
落とした体重をリバウンドさせないようにしなくては。。。。

これからも マラソンとダイエット、花、暮らしの「ある市民ランナーの記録」をよろしくお願いします。

P.S. 自分が何番目を踏んだか気になる人は右バーの真ん中辺りにあるカウンターをご覧ください  

Posted by 景虎 at 18:20

2009年11月05日

● 障害に跳ね返されて。。。

昨日からエントリー記事を2回☆猫さんの混雑とやらに跳ね返されて力尽きました。。。。

同じ作業を3回もする気力は起きません。
そんなわけで 大会3日前恒例のカーボローディングの記事は没になりました。
楽しみにしていた皆さんごめんなさい。←そういう人はいないって

尚 もしエントリーできたとしても今回は事情によりケーキ屋さんに取材にいけませんでしたから
ケーキ屋さんのレポはできませんでした。

今回候補だったお店は
 春日井の「PATISSERIE Cieux Clairs パティスリー シュークレール」さん
 (愛知県春日井市神領町479-4)

これまでのカーボーローディングの記事は混雑が収まってから
次の日付の記事へ飛んでください。
   2009/4/16
    2009/3/19

では おやすみなさい。


  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年07月06日

● 剣岳  点の記

映画「劍岳 点の記」に行ってきました。

評判が良かったので期待していったところ
行ってびっくり、ほぼ満席といった状況で
あまりいい席が取れずちょっと残念。
最近の映画でここまで混んでいたのはめずらしいと思います。
客層はやはり登山愛好者の多い年配のご夫婦が中心でしたが
若い人も結構きていました。

映画はふんだんに立山連邦の映像が出て期待通りで、
カメラマン出身の監督ということで水準以上の映像でした。
ただ、偶に行く私が見られない映像が見られるかと期待していましたが
そこまでの期待にはあまり応えてもらえませんでした。

ストーリー的には
ちょっと終盤がダレた感じがあったのは残念。
初登頂を競うといったプロットに拘らず、
「地図を作るという地道な作業にかけた人間の職業観」ということを
深く掘り下げたほうがさわやかな印象が残ったのではないかと思います。

登山用具の変遷にも興味があって、
細かいところにチェックをいれていたので
映画の世界には没頭できなかったり
絶壁のシーンや雨でテントを倒すシーンなどは擬似体験があって、
そのときの恐怖感を思い出してしまったのは個人的な感想です。

三好のMOVIXのサイトを見ると来週上映されるかどうか未定のようです。
迷っている方はお早めにどうぞ。
  
タグ :映画

Posted by 景虎 at 22:28

2008年08月14日

● 補欠登録解除は間違っていたのか?

野口選手の辞退に伴い「補欠登録の解除をしていた日本陸連の対応」に
マスコミが非難じみたコメントを寄せていますが
(中日新聞8月13日 総合12版 P3、8月13日NEWS23の年配キャスターのコメント)
角を矯めて牛を殺すようなコメントなので少し考えてみました。

まず、本番1週間前に「マラソンを走りベストに近いタイムをだしなさい」といって
対応できる選手はまずいないでしょう。
また、補欠の選手とはいえ一流アスリートにでられるかどうか判らない試合のために
直前までコンディションの維持を課すことが果たして正しいのでしょうか?
それでも 「それが補欠選手の役目だ」という意見の人には、
マラソンを知らない酷い人だな~と思うだけですけどね。

また 故障発生が7月25日でその後陸連が補欠登録を解除したことを問題にしていますが
故障発生時に直ちにオリンピックを辞退し陸連に報告するアスリートは絶対にいないでしょう。
通常しばらく様子を見て、それでも痛みが引かなかったら医者にかかり
そのうえで選手サイドの最終判断となるのが自然です。
したがってこの問題は結論がはっきり出た
8月12日を基準として考えなければ話が変になってしまいます。

補欠登録を指定解除した7月30日に
陸連が正選手にコンディションを確認する義務はないと思いますし、
もし今回その手順を陸連が踏んだとして
そのタイミングで野口サイドは「故障の為辞退する可能性がある」と
報告しなければならないのでしょうか?
また、仮にそういう報告を受けたら陸連は指定解除を延期するのでしょうか?
今回は野口選手が棄権したから問題になりますが
逆に走れると判断したら今度は補欠の選手に迷惑がかかります。

今回の出場枠のアクシデントはあくまでタイミングが悪かったで済ませないと
選手に変な管理や報告が強化されて、
思い切った練習が出来なくなったり、
怪我を隠して競技に参加する事態を引き起こすほうが問題ではないでしょうか?

出場枠があるのに使えないのはもったいないと思う気持ちもわかりますが、
競技はあくまで代表選手のものでなければなりません。
そして、彼らは故障ギリギリまでのトレーニングをこなせるスーパーアスリートたちです。
自分たちで考え、たゆまぬ努力をしていく人たちを、陸連という組織に管理させて、
確実に代表選手を出せというマスコミの論調はどうしても角を矯める意見に思えてなりません。
  

Posted by 景虎 at 00:57

2008年08月12日

● 残念

先ほどTVのテロップで野口選手が北京オリンピックの欠場の意思表明をしたと流れていました。
その走りを楽しみにしていたファンの一人としてとても残念ですし、
なにより大舞台を前に研鑽を積み重ね、今その舞台にあがろうとしたとき
自らその舞台に上がらないという決意に込められた思いを慮ると気の毒でなりません。

比較にもなりませんが、私レベルの人間でも
11月のいびがわマラソンを目指して頑張っていると
怪我をしたらこの半年頑張ってきたのがパーになると
ハンドルを握るときには慎重になってきました。

もちろん野口陣営でも万全の備えをしてきたでしょうが
それでもアスリートにとって完璧なパフォーマンスと怪我は紙一重です。
じっくり治してもらって、また素晴らしい走りを見せてもらえることを願っています。  

Posted by 景虎 at 19:28

2008年05月03日

● 87(ハナ)パラダイス

ランの館に行くのなら栄になにかネタはないかと探すのはブロガーの性でしょうか?

新聞で「ラシックが13万輪の花々で店内を飾り「87(ハナ)パラダイス」が30日から6日まで行っています。」などという記事を見て 思わずこれだー!! あのラシックに13万の花なら さぞ店内は花で一杯だろうと楽しみにしていったら。。。
店内に入ってやらレターと思いました。 13万の輪になにか違和感を感じてはいたのですが こういうことか~とちょっとがっかりしちゃいました。顔10
多分嘘は書いていないと思うのですが。。。

ラシックの広告はこれから注意が必要と自分への戒めにします。




エントランスフロアーはこんな感じでした。





3階のテラスからはこのように見えます。


87と読めるように配置されているそうです。
久留米ツツジの花を持ってくるとは思いませんでした。キンギョソウやコデマリの一株は何輪に数えているのでしょうかね顔13

 

  
タグ :ラシック

Posted by 景虎 at 22:28

2008年04月17日

● やっぱり そうなるか。。。

今日の新聞に掲載されていた政府広報です。
暫定税率の復活が30日とかGW明けとか喧伝されている今、備蓄したいと思っている人は多いはず。実は私もポリリタンクに買っておこうかと考えた一人です。 σ(^_^;  40リットルで1000円程度の価格差ですが、万が一事故を起こせば損害はどれくらいになるんでしょうか?笑い話ではすまない話です。

ガソリンの備蓄の危険性はネットで「ガソリンの備蓄」と検索すればいっぱい出てきますが、消防法での規制、保存や保存した後の容器洗浄の難しさ、静電気の除去設備の無い場所での給油、など専門知識の無い備蓄はとても危険だそうです。
昔ならガソリンは対面販売でしたから不用意に売られて事故の起きる心配は低かったでしょうが、今はセルフ方式でこのような政府広報を見ない人たちも多いことと思います。もちろん今後スタンドでも注意するよう関係省庁も働くとは思いますが、最悪の場合、近所からのもらい火も覚悟しておかないといけないかもしれません。

頻発する火災事件の起きない GWになってほしいものです。

  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年03月28日

● 税金で北京オリンピックを応援

先週夕方のローカルニュースで流されていたが

オグシオこと小椋選手の出身地三重県川越町が8月の五輪の試合に合わせ、3泊4日の応援ツアーを予定。総勢40人の「応援団」を公募し、1人当たり10万円を上限に旅費の一部を町が補助することが決定されたそうだ。町長はニュースで「議会にも承認いただきましたし、しっかり応援してきます」というようなことを言っていたと思うが、彼も団長として税金の補助を受けて北京オリンピックに行き応援するそうだ。

自治体の長が郷土出身の選手が出るからといって数日間外国に行くことは危機管理の点でセンスを疑うし、仮に行くにしてもオリンピックの応援なら首長たるもの自費で行かなきゃ情けないと思うのだが、そういう神経は町長も議会も持ち合わせていないのだろうか?  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年03月10日

● 鞍馬天狗 最終回

先週の木曜日に最終回を見ていて思わず「嘘だ~~~」顔3
画面に突っ込んでしまいましたので記事にしてみました。

暗殺人別帳を奪いに大阪城に忍び込んだ鞍馬天狗だが素性がばれてしまう。 
米倉に逃げ込み4日間一人で篭城戦を戦います。
業を煮やした幕府は新撰組に応援を依頼し、単身乗り込んだ近藤勇は
鞍馬天狗が怪我をしていることを知って、
大阪城代を初め大勢いるなかで天狗に10日後の果し合いを挑み、
その場では傷ついた天狗を逃がしてやります。

よろよろしながら大阪城の城門を出てきた天狗。
そこで私の突込みが入りました。

昔の鞍馬天狗の映画は見たことがなかったの粗筋しか知りませんが、
武士道の精神がまだ生き残っていたにしても人が良すぎる設定ですね。
今なら子供でも笑ってしまうストーリーでしょう。
これに夢中になれた昔の人の素朴さに脱帽です。
こういうファンタジーが通用していた時代がちょっと羨ましく感じたときでもありました。  
タグ :鞍馬天狗

Posted by 景虎 at 23:03

2008年02月28日

● 名勝も。。。



最近良く思うのですが電線が邪魔に思うようになってきました。 

人間の目は便利に出来ていて見たくないものありふれたものは
意識しないようにできているようです。
そのため現地では気にならなかったのが写真をとるとしっかり写っているケーブル類。

ケーブルネットのブログでこんなことを書く私は 抹殺されるかな?顔12  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年02月18日

● はい 僻んでいます

 昨日の東京マラソンは快晴のなか大盛況のうちに幕がおりたようで、完走率も高く いい大会になったようです。自宅観戦組の景虎は来年参加したときのために テレビのニュースで流れるたびにウェアーなどチェックを入れていました。そんな中で 某局のアナウンサーたちが大勢参加していて、天然の頭で「運の強い部署だな~」と不思議に思っていましたが、彼らが皆 ア○ックスの緑のビブスを着ているのに気が付いて「ああ スポンサー枠というか、TV局枠があるんだな~」と思い至りました。

 東京の人の話を聞けば 名古屋と違って朝から市民ランナーのほうもかなり中継されたそうで、番組つくりのために枠を確保して頑張っている結果でしょうから、なんら問題というか いちゃもんをつける筋ではないのがわかっているのですが、ひっかかるのが最後にコメンテーターが「来年は皆で出ましょうよ」と気軽に言う一言。

 東京マラソンのフル部門の一般参加者は、申込者15万人の中から抽選で選ばれた2万5千人しか出られず、出たくても出られない人たちのほうが多いのが実情です。知り合いの仙台の方は2回申し込んで2回とも落選し、それでもお役に立てれればと今回はボランティアで東京マラソンに参加しています。(事前説明会にも出ないとボランティアは出来ません。)それぐらい東京マラソンを走りたい、あの雰囲気を味わいたいと思っている人たちがいるのに、一方では出たくない人にまで気軽に皆でといえる人がいることはどうしても不公平感を感じてしまうのです。正直普段練習もしていないようないやいや走る人に渡す枠があるなら、少しでも走りたいと思っている一般参加者の参加の枠を広げるようにしてもらいたいと思ってしまうのでした。

 それにしても 出場者だけでなく応援などでも芸能人が結構来ていますね。特にゴールの東京ビックサイト周辺に行けば芸能人をウォッチしに行くには格好な大会かもしれないな~と、ミーハーなことを考えてしまいます。

  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年01月21日

● ブログリニューアル 1ヶ月

このメディアキャットのブログも リニューアルが行われて1ヶ月経ちました。

切り替わって初めてログインした時 最初のページで
作成可能なブログ数を超えるため新規ブログは作成できません。』と書かれていたので
「えっ もう新しい記事は投稿できなくなったんか?」って勘違いしたりしたこともありました。

で 1ヶ月が過ぎたので 今回のリニューアルに関して思いついたことを簡単に書いてみると。。。

 相変らず ログインから 記事の投稿までの Enter Key を押す回数が多い事や
 テンプレートのデザインの種類が少ない
 訳のわからないブログランキング など不満な点はまだありますが

 一番うっとおしかった不必要なトラックバックがなくなったことや
 動作の不安定な感じがなくなったことなど 評価できる改善もなされたと思います。

全国のCATVの運営会社が共通で使っているブログシステムのようですから
改善は簡単にはいかないと思いますが、
エントリー中の文章を消してしまうトラブルを防ぐために、
記事の作成中でも頻繁に登録していますので
登録完了画面に 『今 投稿した記事を再編集する』 というリンクが貼られていると便利ですね。

今後もより使いやすいブログシステムになるよう よろしくお願いします。  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年01月03日

● 年賀状

昔 相手先に年賀状が届かないというトラブルにあっているので、
毎年自分宛にも年賀状を出して、相手先にいつ着いたのか確認することにしています。

今年は郵政民営化後、初めての年で、例年に無く郵便局が、
くどいぐらい年賀状のCMを打っていて
25日までに出せば元旦に届き
28日までなら できるだけ1日に着くように配達する、との案内でした。
一度に大量の郵便物が届き処理できないから早く出して欲しいというのは理解できるのですが
なんか、違和感を感じていました。

そして、今年は27日の夜に年賀状が出来上がったので、
28日の午前中にポストではなく郵便局(郵政公社支店?)に直接行って、
職員さんに手渡したのですが、私の手元に届いたのは2日の配達でした。
以前の郵便局の時は30日に出しても元旦に届いていたのでちょっと残念に思います。

郵政民営化は効率を良くしてサービスが良くなるのが謳い文句だったと思いますが
こと、年賀状に関してはサービスが悪くなっていると思いました。

CMにお金をかけて、クリスマスまでに年賀状を出す習慣を根付かせるのも良いのですが、
どちらかといえばそのお金を現場に入れたらどうなんでしょうか?
企画やCMなどスタッフ的な仕事ばかりお金をかけて、
本質的なサービスの質が落ちているように思うのは私だけでしょうか?

母のお金を引き出しに行けば、委任状からなにから
どんどん手続きを煩雑にしていき、
ひとつでも慰労があるとまた出直ししなくてはならない現在のサービスは
民営化の趣旨と方向性が違うのではないかと思ってしまいます。

制度疲労を起こしているわが国では これから 改革と言っては
都合の良いように制度を変えて行くように思います。
自分の生活にどう係わっていくのか しっかり見極めていかなくては
口の上手い政治家や官僚に結果的に騙されたと思うようになってしまいそうです。
住みにくい国になったというようにだけはしたくないものです。
2008年1月8日追記
「日本郵政グループの郵便事業会社が6日までに引き受けた2008年用年賀葉書の枚数は
旧日本郵政公社時代の前年比約4%減になったことが同社の集計でわかった。」(中日新聞より要約)
毎年のデーターは7日までの集計だそうだが 前年比割れはほぼ確実なようだ。
今年は「民営化後第1弾の大きな取り組み」と位置づけて
積極的に展開したが苦戦が続いている。
  

Posted by 景虎 at 22:00