2013年04月26日

● 淡墨桜マラソン

 先週の土曜日に淡墨桜マラソンに参加してきました。今年で14回目を迎えるこの大会は、交通規則を守って歩道を走る大会で、制限時間はあるものの緩やかですしスタート時間も一斉スタートではないので各々のペースで楽しんで走れます。気の合うラン友さんと連れ立って春の岐阜を楽しむのにいい大会です。 

当日受付は長良川公園の尚子ロードのモニュメントの前で7:10~7:50でした。受付後、走る格好に着替えたら荷物はバスに預けゴールまで運んでもらいます。送られてきた案内には7:50 第一グループスタート、8:15最終グループスタートとありましたが実際は各グループで用意ができたらアーリースタートされたりと、かなり自由にされていました。早く出すぎるとエイドが準備されていない恐れもありますが、ゆっくり走られる方は早々とスタートされていかれました。ポイントは大会ボランティアの仕事を妨げなければ割と自由度が効く大会だと思います。


一緒に走るラン友さんが荷物受付をしていたので仕事が終わるまで待って最終スタート。第一給水所までに最後尾に追いつかないと給水所がしまっちゃうかもという半分冗談を言いながらラン友さんとサブ4ペースぐらいで飛ばして行きました。後ろからは大会車両がコース案内の標識を外しながら追いかけてきます。金華橋から北上して北警察署を過ぎた辺りで最後尾を走るランナーさんに追いつきペースを落とすかと思ったら二人とも調子が出てそのままのペースで10.7kmの第一給水所に着きました。

第一給水所から見えるコンビニがゴールまでにある最後のコンビにでした。したがって以降の給水は大会の給水所(19.6kmの第二 25.8kmの第三)と自販機ぐらいしかありませんが、去年のマラニックで山間部に入ったら自販機も少ないことは承知していましたから念のためたっぷり持ちました。しかし、私のような汗っかきでも大会の給水でほとんど間に合いましたから余分にドリンク1本分あれば安心して走れると思います。第二給水所を出ると本格的に山道になり次第にラン友さんから遅れるようになってきて第三給水所手前の分かれ道で待たせてしまいました。

第三給水所では給水のほかに草もちや手製の梅干がでて栄養補給。足の痛みなどで第二給水所でリタイアした人を運んできたバスも到着し、復活した人はここから再開する人もいました。私も 足がもう動きませんでしたので ゆっくりグループに入ってラン友さんには先にいってもらいました。途中でバスに回収されるんじゃないかと気になったので案内をみると、「13:00までにゴールが困難と判断した。。。」とあり、別項には「12:30 最終ランナーゴール到着予定」とも書かれていて、少々迷いましたが 周りもあまり焦っていないようなのでそのままのペースで走って回収されることもなく12時半過ぎにゴールしました。

ゴール地点では撮影用に淡墨桜が写り込むようにゴールテープが設けられており、その前で写真を撮ってもらいその写真で完走証を直ぐ作ってもらえました。フォルダーをもっていかなかったため完走証に皺がはいってしまいちょっと失敗でした。ゴール後渡されたドリンクは仕舞って、横の売店でさっそくビールを買って乾いた喉を葉桜になった淡墨桜を鑑賞しながら潤しました。人心地ついたら駐車場で預けた荷物を受け取り、待機しているバスに乗り込んで少し離れた淡墨桜温泉まで移動し、お風呂で汗を流してから、昼食を戴いて、大会が用意したバスで岐阜駅(or鵜飼屋交番)まで運んでもらいました。ここまでが大会参加費に含まれています。

淡墨桜の開花時期と合うかどうかはその年の開花時期次第ですが、今回のように淡墨桜は葉桜であっても萌えだした山の緑や山桜、芝桜など自然一杯の岐阜の山々みながら手軽にマラニックを楽しめる大会でした。主催されている長良川走ろう会の皆様おせわになりありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!
  

Posted by 景虎 at 19:10

2012年03月09日

● 篠山マラソン 終り

25~30km 24’57” 
高低差は前の5km区間の方がありますが私にはこちらのほうがきつく思えました。

25kmを超えると折り返し区間に出て、すれ違う登録選手や知り合いを探しながら気を紛らわしていました。気になっていた足底の違和感が消えた代わりにこんどは緩めに履いたため足の指の前がシューズに当る感じがして 「また黒爪か~」と半ば覚悟しました。しかし目標タイムのアドバンテージは5分ないと思っていましたから、止まって締めなおすことはせず、一月ぐらい満足に走れなくてもいいやと半分開き直りました。 

30kmが2時間27分ぐらい(ガーミンの30km地点は2:26)と3分のアドバンテージです。神戸より3分ほど遅いですがほぼ予定通りに進んでいます。


30-35km 25:03 
折り返しの距離を30kmと勘違いして覚えており30km過ぎても登っているので少々モチベが下がりこのレースで2番目に悪いラップタイムです。折り返し地点は今日の作戦のキーポイントですから間違って覚えるなんてありえない大失態ですが後の祭りです。

いよいよ待望の折り返しを過ぎここからは攻めます。残り12.195kmを1時間で走るのを目標に①まず心拍を気にしないこと。②そして しんどくても弱気にならない③リズムを崩さない ④後ろから抜いて行く人にできるだけゆっくり離されるように付いて行くことや前にいる人に緩やかに近づくことを意識して走りました。

一方 足が攣ったらこのレースはそこで気持ちが切れて走れなくなると思っていましたから飛ばそうとしつつも着地にはできるだけ気を使い、また急激なペース変化で腿に余分な負担がかからないようにしていました。最初の2kmの区間が遅かったのでラップこそ25分を超えてしまいましたが 時折息が切れてはペースダウンを繰り返すぐらい、一番頑張ってベストラップを狙いに行った区間でした。残念ながら区間ベストを出すまでの体力は残っていませんでした。


35-40km 24:34  
最近はこの5kmが一番脚の攣る区間です。スピードと脚の疲労とを天秤にかけつつも基本強気で行きました。ラスト5kmの表示地点が3時間3分。 5’00”/kmを割らなければ自己ベストは達成できることが判りました。もちろん大事をとって5’00/kmを守って走るのも頭を過ぎりましたが、そうするとマラソンの神様はたぶん足を攣らすだろうと思い ここまできたら強気で行かないと後悔すると思いました。これまでの練習でできた自分のリズムを信じて一番走りやすいペースで走り 時計は5'00/kmを超えていないことを確認する程度にしました。


40~FINISH 12’18”  
そういう意識でも疲れた体は正直で40kmが5’00” 41kmが5’05”と このマラソンでいちばん気弱になってきた区間で、長く下ってきたので前腿の膝の上と付け根がピクピクしはじめちょっと変なリズムをいれたらすぐ攣るような状態でした。幸い41kmでこの症状が消えて後は最後の爆走です。といっても4'58秒でしたけど、周囲よりは早いペースなのでどんどん抜けて気分は最高でした。

心配していたラスト1kmの上りも問題なくあがれて最後はスパートしてフィニッシュ。 

今シーズンの目標としていた320には及びませんでしたがPBでゴールできたし 雨の降る難しいコンディションのレースを脚が攣らずに走りきれたことが狙い通りに行ってなにより嬉しかったです。

懸案の「最後の12.195kmを1時間で走る」は手元の時計では61'55秒でした 公式の距離と手元のGPSで200m以上誤差があり実際は1分ほど少ないとは思いますが多分達成は出来なかったと思います。

ゴール後 寒さで震えが来てチップも自分ではずせない始末。ボランティアさんに外してもらって荷物を受け取り浴場に行こうとしたら本降りになってとても歩いていられません。更衣テントに駆け込み速攻で濡れた体を拭きましたが指先がかじかんでえらく時間がかかりました。ただ、裸でいても結構寒さを感じず不思議でした。思いのほか着替えに時間がかかったので浴場には行かず一番のバスで会場を後にしました。帰りのバスは暖かく人心地がついたら眠りに落ちて気が付いたら京都に着いていました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!




  

Posted by 景虎 at 22:22

2012年03月08日

● 篠山マラソン スタート~25km

スタート~5km 24:26 
大会の1km地点の手前でガーミンのラップが刻まれました。走っているときは気が付きませんでしたが、待っていた場所からスタート地点までの距離が入っていたようです。入りの1kmが5’17”。最初の1km以降はなだらかな下り区間なのでスピードを出し過ぎないように注意していました。

実はスタート前のトイレからでたら右足の指の感覚がなくなっているのに気が付きました。靴紐を締めすぎたのかと一度緩めてみましたが改善しません。どうやら寒さで感触が無くなったんだと思います。薬指と小指を地面に押し付けようとしてもなにも感じません。靴の上から確かめてみるとちゃんと履けているのに中指までしか靴底がないように思います。寒さでこうなっていたなら
なら走り出せば回復するはずなのでなるべく丁寧な着地をこころがけて進みます。また 事前の調整期間では4'50"/kmが苦しかったんですが 今日は4'45"/kmが楽に感じました。やっぱり周囲にランナーがいると速く走れるものです。ウォーミングアップ替わりでもあるこの区間は速く走ることより少しでも楽に30kmまで行くことを考え、効率のよいフォームを意識して走りました。3kmすぎぐらいからぽつぽつきだしました。


5~10km 23’38” 
高底表でみると引き続きなだらかな下りのようですが特にそのような印象はありませんでした。でも タイムは4分49秒、43秒 40秒 45秒 41秒と下り坂のタイムです。脚は順調でした。脚の指の感覚は戻ってきましたが今度は土踏まずの前のほうに靴下が寄ったような感触が現れ、このままだと後半に豆や水脹れので走れなくなるかと心配しました。止まって直していると今日の目標はまず達成できません。いまのところ痛みには繋がらないようでしたので少し様子をみることにしました。


10~15km 23:47 
上り基調でところどころに坂がありましたが特にしんどいとは思いませんでした。4分49-43-43-51-46と上り基調にしてはいいペースでした。


15~20km 24:30 2kmぐらいフラットの後いよいよ上りになります。20km区間を省いて全て50秒台と幾分遅いラップなりましたが体感的にはこれまでと変わらない感じで走り、特にフクラハギを使い切ってしまわないよう蹴らずに上体の傾き加減だけであがり、お腹とお尻で走ることを意識して走りました。


20~25km 24:43  
下りだった24,25km区間以外は全て5分台と勾配もあって楽には走れていない区間です。もちろんペースをあげる余力はまだありましたがこれまでほとんどのレースで脚が攣っていることや直前に体重が増えたことを考えてここは慎重策でラップタイムをあげることよりリズムを崩さす姿勢に注意を払っていました。

とにかく折り返しまでできるだけ丁寧に走って足を残し折り返しから強気にいく作戦を崩さないことがこの悪い気象条件のレースを走りきるコツと思い その点では頑固でした。(続く)


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!


  

Posted by 景虎 at 12:28

2012年03月07日

● 篠山マラソン2012 スタートまで

今回は記録狙いの大会だったため、終わった後の運転のことをあまり考えたくなかったので京都から出ているマラソンバスを利用することにしました。去年の大会レポを読むとマラソンバスは遅れると書かれており、大会案内でもバスの遅延によるスタート時間の調整はしないといったことが書かれており一番早い6:00発のバスに乗るべく5:45に京都駅に到着。バスは既に来ていてすぐ乗れましたが少々トラぶって6:07に出発。京都縦貫道を走って 7:30前には会場に着いてしまい遅れたらどうしようかということばかり考えていたので少々拍子抜けしました。今年の大会レポを読む限り今年のマラソンバスは順調すぎるぐらいだったようでした。

バスを降りてナンバーカードの交換に向かい、テントに係りの人がいるので渡そうとすると「8:00からです」と言われてしまいました。遅くなった場合のシュミレーションはいっぱいしていたんですがまさか開場前に着くとは思っていなかったので時間を失念していました。並んでいる人が多かったからか定刻15分前の7:45からナンバーカードの交換が開始されました。

その後 スペシャルドリンク預け所の南側の公園で準備していたんですが 霜が降りていて直接芝の上に座るのは憚られました。この時期には断熱の敷物が重宝しそうです。

このころまでは天気が良く、陽射しが暖かく感じました。予報より暑くなりそうと思い半袖を準備しましたが、やがて曇ってきて、風が吹くとかなり寒く感じました。そうこう迷っているうちに雲が厚くどんよりした天候になってきて天候は回復しないと判断し下に長袖のシャツを着ました。

待機エリアのゲートオープンの10分ぐらい前に荷物を預けトイレに並んで用を足しスタートブロックに行くと馬出公園の北側辺りに並ぶことになりました。定刻に登録の部がスタートして暫くしたら列が進み スタートゲートから20mぐらいのところでスタートの合図を聞きました。(スタートロスは14秒でした。)

スタートの合図と同時にガーミンのボタンを押しスタート地点でラップボタンを押したんですが後から見ると記録されていませんでした。神戸といいこのところスタートロスの時間にはなにかやらかします。(続く)


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!

  

Posted by 景虎 at 12:28

2011年08月30日

● 夢高原かっとび伊吹2011

今シーズンの皮切りレースとなった「かっとび伊吹」を走ってきました。

今回は名古屋から電車で行きました。最寄り駅の近江長岡駅からは大会用のシャトルバスで会場入りです。(近江長岡に名古屋から来る一番早い電車だったこともあって人数は少なく、バスには半分強ぐらいで出発しました。)会場は「伊吹薬草の里文化センター」です。到着は8時半前には到着しました。受付を済ませて、着替えてトイレへ。 臨時のトイレは設けられておらず既設のトイレが数箇所あるだけなので男子の個室は並んでいました。

1000人程度の規模の大会なので知り合いも見つかるだろうと場所を特に決めずに行ったのですがほとんど会うことはありませんでした。早めに荷物を預けて会場内をアップ代わりの散策。今回のコースは後半ほとんど走れないと聞いていたので前半から突っ込むつもりで軽くジョグしてからスタートラインに並びました。

大会は定刻にスタート。スタートから暫くは下りで少々速いかなと思うぐらいで突っ込んで神社を過ぎるころから登りに入ります。距離表示のあるところで計算したら4分の前半で走っていました。林道を走るころにはすっかり周りのペースについていけずペース維持をしてとにかくゲレンデの直登に入るまでは止まらないようにしました。

林を抜けて前が広がるとゲレンデにでてコースは直登になり、いよいよ山登りが始まります。まだ脚はあるのでゆっくりでも走ろうかと思いましたがどうしても脹脛に負担がかかるようで回りにあわせて歩くようにしました。高原ホテルの辺りの勾配が緩くなったところで走ろうとしたら脹脛がピクピクッとしてしまい、思いの外ダメージをうけているようです。その後は無理せずペースを落として完走を心掛けました。 途中人数をカウントしている人がいたので「何番目ですか?」と聞いたら「381番」と教えてくれました。七合目を過ぎたら辺りがガスに包まれだし、ひんやりしてきたと思ったころ、ようやく緩やかな坂になって少し行くとゴールでした。

ゴール後記念撮影をしたり知り合いのゴールを待ってから帰りのシャトルバスが待つドライブウェイの山頂駐車場に行き、朝預けた荷物を受け取ってスタート地点の伊吹薬草の里文化センターにシャトルバスで戻りました。芝生広場に陣取って缶ビールで打ち上げ。屋台で売っているビールにしては良心的な価格でついつい呑みすぎ、電車で来る醍醐味を味わいました。

この大会は、一人で走るとついくじけやすい峠走のいい練習になるかと思い申し込みましたが、走れるのは林道までで、ゲレンデ以降は直登コースになって想像より勾配があって期待したほど坂道を走ることができませんでした。また、下りも走って降りれるようなルートではありませんので期待したような練習にはならなかったと思います。  

Posted by 景虎 at 20:28

2011年07月26日

● 京都か名古屋か。。。。

暫く前に、来年の3月11日に開催される京都マラソンと 名古屋シティーマラソンの概要が発表されました。それによれば 京都の申込は平成23年8月下旬に受付開始予定で定員を超えた場合は抽選を行う。名古屋は9月15日~10月15日でこちらも定員を超えたら抽選となります。(ウィメンズは9月1日から先着順)

京都はまず抽選となる言われていますし、名古屋も多分抽選となると予想しています。
両大会とも抽選結果発表の日が公表されていないのでなんとも言えないのですが、
両方申し込んで両方当選したらどうしようか少々迷っています。
まぁ、そんなにクジ運は良くないので、取り越し苦労に終わるかもしれませんけどね。

名古屋も京都も一長一短で絶対にこちらというのがないから
先に決まった方に決めるのがいいのかな?  


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!  

Posted by 景虎 at 20:28

2011年06月12日

● 秋レースにエントリー

ぼつぼつ、この秋の大会のエントリーが始まってきました。

今年の私の皮切りとして「夢高原かっとび伊吹」にエントリーしました。
スタートからゴールまで10kmぐらいだそうですが だいたいハーフの持ちタイムが目処という山登りのような大会と聞いています。夏場の走りこみの成果を試し、また、急な登りは体重が多いと膝痛を招きかねませんから、そうならないためにもダイエットに励まなくてはなりません。夏場を上手にすごす励みにもなるのでこの大会を選びました。

明日(13日)からは 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン(10月16日)の受付が開始されます。大阪マラソンの2週間前と前哨戦としていいタイミングですし、評判のいい大会ですので 早めのエントリーがお勧めです。

大阪マラソンといえば、当選したのに未入金の方がけっこういると聞きます。追加当選が何時になるかは不明ですが、もし来たらどうするかも少し考えておいた方がよさそうです。

いびがわマラソン(11月13日)と同じ7月1日にエントリーが始まるのは建設中の新東名を使った「ふじのくに新東名マラソン」(11月20日)開通前の高速道路上を走るので沿道の応援は期待できませんが、開通したら人の足では走れなくなるコースですし、まず今回限りの開催ですね。神戸マラソンと同じ開催日なので、神戸の結果でこちらに回る人もけっこういるかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!  

Posted by 景虎 at 23:20

2010年10月22日

● ナチュラスロン2010

日付が前後しますが”かもしかマラソン”の前日にはナチュラスロン2010に参加してきました。秋晴れの日で少々暑かったですが気持ちイイ時間を過ごしてきました。 

会場のモリコロパークに着いて広場に設けられた受付でナンバーカードとCOP10のロゴの入ったTシャツを受取、着替えて時間まで出店していた模擬店を見てまわっていました。 

モリコロパークといえば彼らですね。ステージではCOP10関連のイベントで盛り上がっていました。  

5km地点付近には給水所も設けられていました。右のコースを2周します。できれば毎年走らせて欲しいコースです。
 

スタートしてすぐ上りでけっこうきつい坂でした。まだまだ皆さん元気にかけあがって行きます。

秋晴れの日に木漏れ日がきれいなところもあって走って気持ちのいい道でした。普段は園内のバスが走る道路だと思いますから入れないとしたらちょっと残念です。

先週のモリコロパークはコスモスが見頃でしたよ。   


明日(23日)は長野マラソンの受付開始日ですね。
10時から受付開始ですからお忘れなく!!
私は30km走が終わってから参戦しようと思いますが、
多分締め切られていることでしょう。

桃と菜の花が咲き乱れる美しいコースですからエントリーに成功した人は楽しんできてくださいね~。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。  

Posted by 景虎 at 18:28

2010年10月15日

● レースシーズン突入

 いよいよ明日は私にとって今年初めての大会であるナチュラスロンに参加です。ナチュラスロン は今、名古屋で開かれている環境問題の国際会議COP10の関連イベントで愛知万博の会場となったモリコロパークを走るランニング大会です。けっこう全国版のニュースでもCOP10は取り上げられているようですから、ひょっとしたらテレビに映るかもという不純なしたごころもありますが、まぁ 絵になるファミリーや女性の走る姿のカットが使われるでしょうね。顔16

私が今シーズン実践している金哲メニューの明日の課題は150LSD(約20km)なので、ナチュラスロンで10kmをゆっくり走るようにして不足分の約10kmを 本郷からモリコロパークまで(約8km)走っていくことにしました。本郷からモリコロパークまでなだらか?な登りですのでかなり脚にきそうですがいいトレーニングになることでしょう。


あさっては引き続き鈴鹿山麓かもしかハーフマラソンでいよいよシーズンの初レースとなります。2009の春に発症した足底筋膜炎の故障で去年の11月から10ヶ月以上の間が空いて久々のレースとなりました。 カモシカはいびがわマラソンに向けてのトレーニングレースのつもりで参加するので結果はあまり気にせず一定ペースで推していけるように走るつもりですが、それでも 今年の春から積み重ねてきた成果がでれば、いびがわにむけても勢いをつけられるので、無理なスパートせずに100分が切れれば最高です。そのためにはスタートの混雑が終わってから4’45”/kmペースを目処にどこまで推せるかが鍵と思います。

今週の練習メニューは土曜日に150分LSDをやって翌日にはハーフマラソンを走ることになります。ある程度、脚を疲れさせた状態でハーフマラソンを走ることでトレーニング効果を狙うわけですが、私にしては かなりハードな内容になりますし、先月の同様のメニューでは5分/kmペースでも脚が動かず15kmでペースダウンしてしまいました。計画倒れになってしまう恐れはありますが、トレーニングレースですから潰れても本命レースに繋がっていけばそれでOKです。

今週はこんな感じで明け暮れそうです。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年09月23日

● 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン 一部試走

今日はお彼岸。 墓参りに行くついでに足を伸ばして 会場の菰野町役場を見て、ハーフコースの最大の難所と聞いている三重県民の森付近を試走してきました。

スタート&ゴールとなる会場の菰野町役場では自宅からの所要時間とルートを確認して、後は届いた選手証(Noカード引換証)に書かれている大会会場案内図とを照らし合わせて、当日慌てなくても済むように位置関係を確認してきました。

菰野町役場を後にして車で306号線を山に向かって進みます。306からの尾高キャンプ場への入り口がわかりずらくて少々、迷いました。雨が降っていたので車に乗りながらコースの勾配を視認していきましたが県民の森に着いたころには雨が小降りになり薄日がさしてきたので着替えて試走することにしました。 


まず、アップがわりに大会コースと逆方向に最頂点へ向かって歩きます。最頂点付近で写真をとり、さらに坂を下って乗馬クラブのところまで下ってから、今来た方に試走を開始しました。いきなり一番の急坂でちょっときつい感じがしました。レース当日はここを5分/kmぐらいであがっていきたいところですが、かなり難しそうです。(奥の横長の看板辺が最頂点付近) 


最頂点を過ぎると当然下るわけですが、県民の森あたりは勾配はきつくて、一歩ごとに腿にきましたからここでは飛ばさないようにペースを守っていくのが良さそうです。最頂点から1kmぐらい行ったところから下りがだんだん緩やかになるので後半に影響しない程度に注意しながら飛ばすことができそうです。


試走は、レース当日は右折するところを直進し、306号線にでて緩やかに上がっていきます。来るときに迷った入り口をすぎて暫く行くと道路の左側に距離のマーカーを発見しました。写真の右側にミラーのある場所で、左側の電柱の側の道路に下の写真のように9kmのマーカーが埋められています。 


この辺りからだんだん勾配がきつくなってきたので、9~10kmの1kmを5分のつもりで走ってみました。結果は5’15”とやはり少々遅れ気味です。

10kmポイント過ぎから上り坂はさらに勾配がきつくなって500mほどで乗馬クラブのある交差点を曲がったら試走のスタート地点です。そのまま最後の一番の勾配のきつい500mほどの坂(ジョギングシュミレーターで平均斜度6.92% MAX7.8% 高低差31.1m)を全力であがってみようとしましたが足が強張るので無理せず流してようやくあがった坂でした。
最頂点の少し手前のところに11kmのマーカーが埋められていました。大会サイトのコース高低差イメージでは10km近くで最高点を通過するように見えますが、実際行くとこの11km過ぎのところが一番高いと私には思えました。


帰り道に 試走のときに気がつかなかった12kmと13kmのポイントの写真を撮って菰野町を後にしました。

坂が多いマラソンコースでは知らないとこの先も上り坂があるのではとセーブして走りがちですので、やはり一度走っておくとイメージがつかめて安心して飛ばせれます。 大会当日は9km~11kmの2kmの登りをどう走るかがタイムの分かれ目のように思いますが、そういろいろな走り方ができるほど器用なタイプではないので勾配に逆らわず、重心を前に移すことだけを気をつけて変に力まずリラックスして通過できれば御の字だと思いますが、さて24日後 どのような感想になるでしょうか。顔11  

Posted by 景虎 at 20:28

2010年09月14日

● 来年秋のマラソン大会

ちょっと 残暑負け(こんな言葉はありませんが)して、ブログをサボっている間に
2011年(来年)に第1回大会が開かれる神戸マラソンと、大阪マラソンの概要が発表されまして、
「(日程的に)いびがわマラソンも含めて3本走れないか。。。」との願いも空しく、、

10月30日に開催の大阪マラソンを皮切りに、
11月13日いびがわ(2週間 現時点で日程未定)  
11月20日神戸マラソンとなってしまいました。
(来年のいびがわマラソンが例年通り11月第二日曜に開催されるという前提の話しです)

3週間で3本のフルは私には無謀なので取捨選択するしかないのですが、
どのレースをチョイスするか大阪マラソンの受付が始まる来年の2月まで悩む日々が続くことでしょう。

(多分、大阪、神戸は東京のように抽選になると思いますから成り行きに任せればいいのですけどね。)

例年だとお盆過ぎに咲くジンジャ-がようやく昨日咲きました。背丈を抑えるために肥料を制限したり、置き場所を変えたりとしたので一概にこの暑い残暑が咲遅れた原因とは言い切れませんが例年より20日ほど開花が遅れました。  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年09月02日

● 大阪マラソン起動

まだまだ暑いですが、ネットの世界はそんな気象に関係なくマラソンシーズンの突入を感じさせる、名古屋シティマラソンの応募開始やマラソンフェスティバルのニュースと一気にマラソン関係のニュースが増えてきましたが、またひとつ動きがありました。

このブログでも取り上げてきた2011年の秋に開催される第1回!!大阪マラソンの公式ホームページが公開されています。

http://www.osaka-marathon.com/  



今の条件で開催されるのは最後の 名古屋シティマラソン 参加者募集中!!
 
 9月1日(初日)の申し込み数 (9月2日12時チェック)
     ハーフ  2800名 (定員3500名)    10km 4200名(定員6000名)   4km 1900名(定員5500名)

参加予定の方は急いだ方が良さそうです! 


と書いてサイトをチェックしたら、集計作業のため今晩はエントリーの受付を中断しているようです。
再開は明日の10時だそうですのでお忘れなく。  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年09月01日

● ナゴヤウィメンズマラソンの開催

今朝の中日新聞にBigニュースが掲載されました。

それによると、「2012年の3月に、これまで開催された名古屋国際女子マラソンが、女性の市民ランナーも走れる「ナゴヤウィメンズマラソン(仮称)」に生まれ変わるとのこと。規模は1万人以上と女子のみが参加できる大会では世界最大の規模となるそうだ。これにともなって 11月に開催される名古屋シティマラソンもウィメンズMと同日開催となって、参加総数三万人と想定される「マラソンフェスティバル(仮称)」が開催されることになった。  【中日新聞 2010/09/01より要約】

男性の市民ランナーがフルマラソンを走れないのは残念ですが、名古屋に市民ランナーの走れるフルマラソンが開催されるのは喜ばしいことです。コースなどは未定だそうですが 7時間制限を目指すそうだから、スタート&フィニッシュの同地点方式は道路封鎖の関係で難しくなるでしょう。また、とにかく評判の悪かった更衣スペースの狭さや少ないトイレなど、施設の問題点が改善されるよう、ゴール地点の選定は慎重におこなっていただきたいものです。走る人だけでなく、応援する人やボランティアなど、少しでも街ぐるみで楽しむことの出来る都会的にスマートなマラソン大会になってほしいものです。

最後の11月開催となる名古屋シティマラソンの受付も今日開始されましたので、参加希望の方はお早めに。  

Posted by 景虎 at 08:03

2010年08月07日

● ナチュラスロン2010 参加者募集





モリコロパークこと愛地球博記念公園で開かれるナチュラスロン2010の参加者の募集が開始されました。

ナチュラスロンは自然保護の啓発を目的としたスポーツイベントで、今回COP10が開催されるのに伴って「地球いきものEXPO in モリコロパーク」で会議参加者と市民が参加するジョギング大会(10Km)です。

大会が開かれるのは2010年10月16日(土)8:00受付開始 11:00スタート
会場はモリコロパークの芝生広場をスタートして5kmコースを2周  
参加費は無料ですが、葉書で事務局に申し込まなければなりません。
定員は2010名、先着順だそうです。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。  → 地球いきものEXPO事務局(ナチュラスロン)


←こちらでも詳細はわかりますので拡大してご覧ください。  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年05月11日

● 岐阜は。。。

新設のマラソン大会が多く企画されている昨今ですが、岐阜市でも新設のハーフマラソンの大会が計画されているようです。

岐阜新聞に拠れば 来年である2011年の5月15日に「高橋尚子杯 ぎふ清流マラソン」開催される予定であることが、高橋尚子さん本人から先日のトークショウで公表されたそうです。 コースは長良川競技場を発着点にするそうで、岐阜陸上競技協会や県などでつくる同マラソン開催準備委員会がすでに発足しておりハーフマラソンと5キロの2部門約1万人の参加を目指すとのこと。高橋さんによれば「出場選手が自己ベストを狙いやすい平たんなコース設定にする予定。」らしいです。

再来年以降も継続して開催する方針で、国内トップ選手の登竜門のような大会にする一方で、全国の市民ランナーに岐阜の名所を走ってもらい、街の活性化につなげるのが狙い。高橋さんは「柳ケ瀬や金華山、長良川など岐阜のいい所を見てもらいたい。お祭りのように楽しめる大会にしたい」と話したそうです。

競技性の高さ と お祭り という2局面が両立できるかはさておき、特色のある楽しそうな大会がプロデュースされるといいですね。ただ 私個人としてはヒノキの花粉症の終わりごろと”マジ走り”しにくい時期の大会なので参加するかどうかは微妙です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。

PS リンクした岐阜新聞の記事は削除されてしまったようです。
   他にさわりが読売新聞に掲載されていました。

5/13加筆 朝日新聞によれば古田岐阜県知事からも同様の発表があった模様。
http://www.asahi.com/sports/update/0511/NGY201005110016.html
  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年03月15日

● ランな1日

朝起きて朝食前に東山丘陵をトコトコとLSDを行う。
今、試しているのは金哲彦さんの『マラソン練習法がわかる本』のセット練習。
前日にペース走やインターバル走などのスピードトレーニングをしたら
翌日はLSDを行うことでメリハリのあるトレーニングで総合的な走力を養うというもの。

故障で暫く平和公園の方はご無沙汰していたら、東山通り近くのスポーツセンターの裏手の公園整備がほとんど出来上がっていたりと大分変わっていました。写真の芝生広場はけっこう足にやさしいランに利用出来そうなどと思いながら通過していきます。
LSDが終わって自宅に戻り朝食を済ませたら、次は瑞穂競技場にでかけます。


今日は「名古屋国際女子マラソン2010が開催されます。レース中の走りももちろんですが陸上部やランニングクラブの経験がない私にはアップのやり方から参考になります。


今回、競技場ではスタート付近の観客席で見ました。逆光気味の場所だったので写真はイマイチのものが多かったのですが直前のストレッチやり方など私の知らないやり方をしていたりと収穫が多い場所でした。

スタート後は歩いて瑞穂通に移動。ちょうど堀田を回ってきた先頭グループと入れ違いに到着。最終ランナーが通過してから地下鉄で市役所に移動。去年は今池に寄っていたので先頭を見られませんでしたが、今年はばっちり最初から間に合いました。市役所駅で降りたら北に移動して最前列が空いているスペースを探します。空いていたのが県体育館の前辺り。そこで2周応援してから駅まで戻って反対車線に移動して、今度は坂の登り切る一番苦しいところで応援することができました。

ここは32km付近で、最初に優勝した加納選手と100番台の選手が先頭争いをして通過。続いて先頭グループの選手達が通過していったところで、ひとつの選択に迫られました。ここから競技場まで10kmぐらいですからこのレベルの選手では通過したら35分ぐらいでゴールします。一方地下鉄で競技場まで22分。徒歩時間を入れたらゴールシーンにぎりぎり間に合うかどうかといったタイミングです。先頭のゴールシーンを見るか、このままここで応援するかの選択ですが、今日は残ることを選択しました。上りの苦し場所ですからフォームも乱れている選手が来たかと思えば、平地を走っているのかと思わす選手など千差万別ですし、自分に置き換えて32kmはいろいろ思いがめぐる場所で走っている選手の表情を見てなかなか興味深かったです。2時間20分経過したところで切り上げ競技場に戻り、さぁ これから撮影というところで電池切れのサイン。150枚ぐらいしか撮ってないのに不思議でしたが充電能力が落ちてきたようです。しょうがないので撮影はあきらめて応援に徹しました。


大会が終わった競技場を後にして向かったのは今週の火曜日にオープンしたこちらの施設。ドニチエコ切符を持っているので地下鉄で行きました。入り口ではサッポロの「麦とホップ」の試供品缶を配っていたので公共機関で行った特権ですぐフードコートで喉を潤しビール館内を一通り見てから行ったのはやっぱりスポーツコーナーでナイキのランシャツが5割引になっていたのでお買い上げしてきました。

そんなこんなでランに明け暮れた1日となりました。

  

Posted by 景虎 at 00:20

2010年03月12日

● 名古屋国際女子マラソン大会 2010

今週初めには種でいただいたルーセブラックが蕾を付け
今朝はうぐいすの初鳴きに感動して
春本番を迎える前の陽気でのんびりしていたら ブログを1週間も空けてしまいました。汗・涙1
その間、大勢の方にご訪問いただき感謝しています。
のんびりやっているブログですのでお許しください。

さて 今週の日曜日は 愛知池マラソンと名古屋国際女子マラソン大会 2010ですね。
景虎はどんなに速くなっても女子マラソンには出られませんし、愛知池もエントリーしていません。

従って 今週は応援に徹します。(写真は2009大会のもの。No2は世界陸上2009で優勝した白雪選手)


去年、一昨年とQちゃん効果で観戦者の多かった名古屋国際女子マラソンですが、
今年は走らない人でも知っているというポピュラーな選手は出ておらず
ちょっと人出が少ないことが予想されますが
それだけに観戦はしやすいことと思います。

それにテレビでもやっていますが、今年はロンドンマラソンの2年前の大会です。
かって1998年の大会で優勝の高橋尚子は
2年後、シドニーで日本女子陸上界初の金メダルを獲得。
2002年優勝の野口みずきは、2年後の2004年、
アテネで「マラソンの女王になりました。
大変縁起の良い大会ですし、新しいスターが誕生するかもしれません。

晴れれば私もドニチエコ切符で数カ所で応援する予定です。
スタート・ゴールの瑞穂競技場も無料で入場できます。
日本のTOP女性アスリートの走りはけっこう見応えありますよ。

観戦豆知識: 名城公園駅付近は周回ルートということもあって3回選手を見られる良いスポットですが、去年は歩道橋が閉鎖され道路を自由に横断することが出来ませんでした。駅構内を使って道路を横断することができません。地下鉄の構内を利用して自由に道の横断ができる市役所の方がお勧めです。

東海テレビの関連サイトのコースガイドのタブで観戦ポイントの紹介が載っています。

交通規制に関しては大会公式サイト交通規制図を参照ください。  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年09月04日

● 勝手に名古屋観光フルマラソンのコースを考える

先日 東京マラソンの応募状況が公表されましたが、それによるとフルマラソンの部は一段と倍率があがり8.5倍(定員32000人のところ272134名応募)というのが今年の状況でした。(第1回の2007大会が3.1倍  2008大会が5.2倍 前回の2009大会が7.5倍)この混雑振りが解消されるためには同じような魅力的な大会が同時期に日本各地で開催されることがいちばんだと思います。京都や大阪は時期はわかりませんが既にその準備に入っていますが、名古屋はまだ計画の気配すらないので勝手に考えてみました。

名古屋の走って楽しい場所や観光名所といえば
 名古屋城  名古屋港  東山の森  栄から名古屋駅までの幹線道路 でしょうか。
そこでそのルートを瑞穂競技場から→東山→名城→栄→名駅→名古屋港→瑞穂競技場と、ざっと結んでみたら なんと40km強のコースになります。

名古屋シティマラソンも20日足らずで募集定員に達した名古屋ですから 
河○市長 こうなりゃやるっきゃないでしょう~

高低差が激しいとか交通規制が。。。などの現実問題の突っ込みはご遠慮ください。
あくまで名古屋ランナーの夢のお話ですからね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年06月05日

● 秋のレースの申し込み

そろそろ秋のフルマラソンの予定を決めないといけませんね。

今年は高速が安いので例年あまり参加しない遠方の大会を中心に考えています。
東海地区から車で参加できるフルマラソンの大会はだいたい以下の大会でしょうか。。。


10月 中旬  御嶽 HP見つからず  岐阜県飛騨小坂町 キャッチフレーズ「日本一ハードな山岳マラソン」

10月 20日ごろ 大町アルプスマラソン 長野県大町市  未定(昨年4000円) 

11月1日 大井川    参加申し込み受付中 6000人 先着順 5000円 島田市 野口みずき選手Sゲスト 第1回大会

11月 1日 あいの土山  HP見つからず 7月中旬申し込み開始 5000人  4000円  三重県甲賀市  弘山晴美

11月8日 いびがわ    1万人 先着順に変更される模様。 未定(昨4000円) 岐阜県揖斐川町 高橋尚子Sゲスト  人気大会  例年7月1日受付開始

11月? 日 福知山 今年の開催予定は未定 昨年は11月23日(祝)  京都府福知山市   ※6月9日加筆 11月23日(月・祝)開催 6月22日から受付開始。 ゲストR ワイナイナ選手情報 両丹日日新聞ニュースhttp://www.ryoutan.co.jp/news/2009/06/08/000735.html
11月29日 河口湖    6月22日受付開始。 14000人 先着順  7000円  山梨県富士吉田市 有森裕子 6月17日加筆 受付開始が26日に変更されました。  

12月?日 加古川  HP不明 以降2008データー 申込9月1日~ 兵庫県加古川市 4000円 
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。  m(_ _)m
  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年03月09日

● 国際マラソン 追っかけ編

選手たちが競技場から出て行って さあ 追っかけ開始です。

まずは5km過ぎの地点である瑞穂競技場西駅の近辺を目指します。西駅は競技場からは最短距離では約1km強の地点。
先頭グループでも5km地点までは15分強かかりますから、楽勝で間に合う予定でしたが、競技場を出るまで同じように沿道で応援しようとする人で渋滞になっており競技場をでるのに5分もかかってしまいました。競技コースである表通りの歩道はゆっくり歩く人や応援で場所取りする人々で混雑していましたので、1本北の道路を小走りに走って、なんとかギリギリ間に合いました。

先頭集団が通過してしばらくしてから高橋選手が通過。声援が凄いなか、沿道に手を振りながら走って行きます。Qちゃんの走りは本当にゆっくりな感じで、ぱっと見は「キロ6分以下?」と思うようなぐらいのペースに見えたのですが上がったらきちっとサブ3で走っています。
Qちゃんが通過してすぐ地下鉄に乗り込みました。

通過時間から計算して吹上では先頭に間に合わないと思い、次の今池で降車。交差点付近で応援場所を探しましたが、すでにほとんど三重ぐらいの人垣で観戦のいい場所がありません。どんどん北に向かい内山町の先の葬儀会館の前辺りでようやく生垣越の空間を見つけました。ランナーが通過したところで移動の為に今池に戻るか考えましたが、混雑で乗り逃がす可能性が強いと思い、ひとつ先の駅に向かいましたが思ったより距離があって 時間がかかってしまいました。

次の応援場所を市役所か名城公園で迷ったのですが、今池で時間がかかった為に先にある名城公園をチョイス。「緑が多いので写真の背景もいいしな」と思いましたがこれが失敗。ご存知の方も多いと思いますが名城公園の地下鉄駅の出入り口は道路の東側にしかありません。マラソン大会中は歩道橋も通行止めがかかり、自由に渡る事ができません。今池で遅れた分 先頭は既に通過しており、こうなっては道路もなかなか横断させてくれません。つまり市役所駅なら道路の両側に繋がっていますので自由に横断できます。 この点で市役所の方が行動の自由が効きますので観戦にはお勧めです。しかたがないので道路の反対側から声援。

やがて 康生通りを折り返してきた先頭が今度はこちら側の道路を通過。これまで外国勢が先頭だったのが新谷選手が先頭で通過し声援がいっそう凄くなります。高橋選手が通過してすぐ地下鉄に飛び乗り今度は環状線で競技場東まで一気に移動と思ったら、名港行きで金山乗換。顔7後続の電車がなかなか来ないのでいらいらしていたら、どうやら名城や市役所でたくさんの沿道応援者を乗せたための遅延のようでした。

競技場ではQちゃんがゴール後、大会特別功労者表彰があり、彼女の挨拶もあるそうなので競技場に戻りますが、メインスタンドは場所取りされているだろうから諦め、初めから迷わずバックスタンドへ。先頭グループは既にゴールしていた時間でも、幸い最前列に残った少ない空席を見つけ座ることができました。ちょうど 2コーナーのスタート地点のすぐ傍で、時計がデジカメのピントあわせに使えるので多少みられる写真になったでしょうか?顔2余談ですがデジカメはオートフォーカスなだけにランナーのような動く被写体を撮るには不向きですね。マニュアルフォーカスの軽量、廉価機種はないのかな~。

競技場に落ち着いてスクリーンを見るとQちゃんが40km地点を通過。あと9分と計算して準備しますが、最後は沿道に手を振りながらゆっくりのラン。そしてゴールの瞬間を撮るには遠すぎるので、目前の時計をシャッターに。日本陸上界に女性として最初の金メダルをもたらせてくれた選手の最後の時が止まりました。


セレモニーの後で 場内を1往復してくれてバックスタンドにまで挨拶してくれたのは嬉しかったですね。まだ競技場に戻ってくる選手たちもいたのに場内ランを許可した役員の方に拍手です。
人ごみでちょっと疲れましたが、東京マラソンに向けていいエネルギーをもらいました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m  

Posted by 景虎 at 22:28