2011年05月20日

● 備蓄水を無事交換

期限の切れていた我が家の備蓄水を無事交換できました。
今回ほど備蓄水を使わずに済んでありがたいと思ったことはありませんでした。

次の交換時期は2年後の2013年4月です。また、無事に交換できることを願うばかりです。  
タグ :備蓄水

Posted by 景虎 at 18:28

2010年02月12日

● 2009年8月8日の週

 2009年 年間高世帯視聴率番組30(関東地区) がビデオリサーチ社から発表されています。

"亀田Vs 内藤戦" や"紅白" "WBC" "日テレ24TV” など高視聴率が納得の番組の中で
9位に「情報7daysニュースキャスター 2009年8月8日(土) TBS 22:00~  30.4%」がランクインしています。 

はて?この週に何があったっけ。。。?
  続きを読む

Posted by 景虎 at 19:00

2009年12月10日

● 久々にオイル交換

ディーラーの無料オイル交換システムがよくわからず、調べるのもめんどくさくなってオート◯ッ◯スでオイルとエレメントを交換しに行ってきました。

作業終了の呼び出しがかかったので精算して車を取りに行くと、整備士のお兄ちゃんから
「安全点検したら ステアリングオイルが走行距離に。。。。して汚れています。」(。。。は早口で聞き取れませんでした)
「今なら、すぐ交換できますがいかがされますか?」

この遣り取りが嫌で、作業を申込むとき「安全点検は不要」と伝えてあったのにちょっとがっかりしながらそこは大人なので


「ありがとう、交換は要らないよ。」と優しく答えました。

すると間髪いれず「ブレーキオイルとミッションオイルも走行距離に。。。。。汚れていますから交換した方がいいですよ。」
と今度はオイルも見せずにいわれたので、「交換しません」と言って早々に後にしました。

車の排気サイズもあやふやに伝えてあったので「こいつ鴨だ!」と期待していたようで、
不満そうな表情がありありだったのが面白かったですが、

こういう客が気づかない点を勧めるプラスワントークですが、
なんでもかんでも勧めると売らんかなの姿勢が鼻について気分を阻害しますし、
言っている内容に信憑性がなくなってしまいます。
私も今後ミッションオイルやブレーキーオイルの交換が必要と判断しても
このお店を使うことはありません。

なぜなら私の車、2008年車で走行距離15000km未満の車なんですよ。
どこかに点検して「よく整備していらっしゃいますね。」と言ってくれるGSや整備屋さんはないかな?

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 愛知情報へ
↑愛知 生活情報のブログ村  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年11月02日

● ランナーな一日   (11月1日)

目覚ましの30分前に目が覚める。来週のいびがわマラソンに合わせて起床時間を90分早くしたくて土曜から目覚ましを使うようにしたが、昨日は早く寝たため目覚ましが不要だった。やはり寝る時間を早くする事が早起きの秘訣のようだ。朝食を摂って走り出す時間までパソコンをいじる。

9時半ころ家を出ようとするがテレビで大学駅伝の2区のデッドヒートが面白くて尻があがらない。ランナー達が顔を歪めながら走っており、心臓の軋む音まで聞こえそうな競り合いに思わず力がはいってしまう。それでも朝明橋の対決が終わったところでジョグに出かけた。

昨日の2km×5本のインターバルの後遺症かちょっと踵が重かったが走り出せばそれも消えた。杁中の交差点に新しくできた銀行になるときく建物もようやく概観がそれらしくなってきた。このご時世に2kmも離れていないところに矢継ぎ早に出店するとは景気のいい話だ。それほど八事、南山は銀行にとって魅力的な地なのだろうか? 精霊病院の建物も建て替えがようやく終わったようで、旧館が全て取り壊され車椅子用の入り口も無くなって新しくなったようだ。

東山に入って落ち葉の絨毯の道を走る。傾斜はあるものの足首に刺激が入って気持ちがいいルートを進む。奥の駐車場に出ると駐車場に停まっている車の少なさにちょっとびっくりする。日曜の午前十時過ぎというのに車が40台ぐらいしか停まっていない。原因はなんだろう?走りながら考える。午後から雨の予報が出ているから?高速の低料金化で近くより遠方に出かけるようになった? 市職員の天下り先の駐車場にお金を払うのは馬鹿らしいから?とまで思いをめぐらし駐車場の職員や運営会社の役員に元役人がいるかどうか知らないのに思いを勝手に巡らす自分にあきれてしまう。とはいえ、秋の行楽シーズンにこのような状況では、公園の入場者数もかなり少ないのではないだろうか?。今後は東山再生計画とやらにお金を注ぎ込むようだが、危惧を感じるのは私だけだろうか?

走り終わって昼食を摂ったら ランニング手袋を買いに山王のスポーツデポへ出かけた。アディダスのリフレッシュ・スポーツ・プロジェクトをやっていたのを思い出し、ブログネタと思い ロゴが取れているような古いティーシャツを持っていった。サービスカウンターで恐る恐る聞くとアディダスの500円割引券がもらえたが(3000円以上の商品に1枚使用可)、交換は3日の明日まで、券の有効期間は8日までと期限が迫っておりブログネタにはならなかった。

デポからの帰り ローソンによって最近話題のプレミアムロールケーキを探す。帰り道のローソンに駐車場が無く、3件目でようやく車が停められた。ロールケーキは大会のときのレース前の間食に使うつもりでチェックしてみたが、クリームが強すぎて走る前のデリケート?な胃には使えないと判断。


夕食後ジムに出かけてジョグの疲れをリフレッシュしようとしたがダルビッシュが投げている日本シリーズに解説が某局らしい構成で思わず最後まで見てしまった。この解説コンビは好きじゃないが番長の言葉の意味を考えると非常に面白くて解説が野球界に媚を売らないと、こういう面白い話が聞けると実感。子供達にはあまり聞かせたくないというのが難点だが、それだけにもっと聞きたいと思うぐらい話は面白い。 

野球が終わるとすぐに眠気が襲ってきて日課になったアイシングを済ませて就寝。
こうして、大会前のランナーのある1日が終わった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年03月20日

● 新しい知識

以前に少し書きましたが「ランナーズ2月号別冊付録 ランニング事典」ではこれまで気にかかっていたけど、そのままにしてあった疑問の答えが書かれていました。ちょっと整理してみると。。。。


☆ゼッケンとナンバーカード
レース出場時にランナーが胸の部分に付ける番号の書かれた布や紙のことですが、私が学生だった遠い昔はゼッケンと読んでいましたが、マラソン大会に参加することになって、ほとんどの大会や雑誌ではナンバーカードという言葉を使っていています。

   これは1994年に日本陸連が行った競技規則修改正で
   呼び方がナンバーカードに統一されたそうです。
   そもそもゼッケンという呼び方は日本固有のもので国際的には通用しないそうです。
   国際陸連の用語にあわせたとのことでした。


☆世界新記録
コースや気象条件によって記録が左右されるロードレースはこれまでは「世界新記録」とは呼ばず
「世界最高記録」という呼び方しかできなかったと ずっと思いこんでいました。

   ところが2004年から国際陸上競技連盟(IAAF)は記録公認諸条件を整備して
   フルマラソンを含む道路競技の記録も「世界新記録(New World Record)」と
   呼ぶようになったそうです。
   
☆クールダウンの大切さ   
    「運動中は体内の水素イオンと結びついて無害化していた活性酸素が、
    急に運動を中止すると水素イオンと結びつけずに体中に飛び散ってしまい、
    身体にマイナスの影響を及ぼす可能性がある」とこの事典には書かれていました。

ジムのトレーナーさんもこのことは初耳と言っていましたが、どれくらい信憑性のある話でしょうか?
また どれぐらいの時間クールダウンすれば活性酸素の
悪影響がなくなるかまでは書かれていません。

なお、この事典に書かれている全国ハーフマラソンレースガイドでは、
いびがわマラソンのハーフ大会の説明は
「田園地帯の平坦コース。ゴール直前に急坂あり」となっていまが、
私の知っているいびがわマラソンのハーフコースは
河川沿いの道を走り、折り返し近くがきつい坂のコースです。

この事典の内容は少し疑問符がつくかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年03月14日

● いっしょに走りたい有名人

JogNote(ジョグノート)」のユーザーを対象に、走るときの持ち物やグッズの購入場所、恒例の一緒に走ってみたい有名人などを聞くアンケート調査(回収期間:2009年2月9日~16日)の結果が発表されました。

そのなかの「一緒に走ってみたい有名人」をみていて作家の村上春樹が男性が選ぶ方で20位 女性が選ぶランキングで15位、総合で16位に入っており、総合ランキングではあの野口みずき選手の上位を堂々キープしました。

村上春樹といえばあのエルサレム文学賞でのスピーチで急に人気が高まったのかと思ったら前回の調査では男性8位 女性11位 総合8位と今回の方がランクが下がっているくらいでした。ネットで検索したら 走る作家として有名で ホノルルやボストン アテネを走っているようですし サロマ湖のウルトラマラソンやトライアスロンにもエントリーしているようです。

『ノルウェイの森』以降 興味が無かったのですが、急に身近に感じてしまいました。
  
タグ :有名人

Posted by 景虎 at 22:28

2009年02月13日

● ネタが無い

不況の話やどうしようもない指導者の話は思うことがいっぱいあるのですが
このブログで書いても読んだ人に嫌な気分を移すだけでなにもいいことがなさそうです。

できれば日常のほっとする話や気持ちが休まる話をブログに書きたいのですが
仕事とマラソンのトレーニングとルーティンの平凡な日々が繰り返されているだけで
これといったネタが見つからない状況です。

そんな状況ですので地味な話で恐縮ですが、
最近、新しく取り組んでいることといえば、
東京マラソンに向けて夜更かしを止めて早く寝るようにしています。
大会は日曜日の9時10分がスタート時間なのですが、
当日のシュミレーションすると遅くとも6:00には気持ちよく目覚めたい。
(一般のお勧めはスタートの3時間前に朝食が終わっているといいそうです)
そうすると前日遅くとも24時までに床に着く習慣にしておかないと
リズムが狂い、寝付けないといったことになりそうです。

まあ 小学生じゃないので24時前にいつも眠れるわけではないのですが
軽い縛りで生活リズムを変更してみようと思っています。

普通、人間の体内時計というか1日の生活サイクルはだいたい25時間で
体内時計をリセットしないと1時間ぐらいづつ眠気が遅れ、
生活サイクルがずれてくるそうです。
そこでリセットする方法は、目覚めたら強い光(太陽の自然光程度)に10~15分ほど
さらされるといいそうです。(できるだけ午前中に)
規則正しい生活を送るのはこの要領でいいのですが、
寝つきを1時間早くしたい場合の方法は。。。。。。




誰か知ってる?顔13  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年12月24日

● Merry X'mas

 



名古屋駅前のタワーズライツをカード代わりに。。。ブレていますが。。。m(__)m

今年の仕事も後2日。
それまでにカタををつけるべく必死に顔12がんばってようやく片付く目処がたちました。

これまでは、融通がきく仕事だけに29日30日を使えばいいやと期限をきらず、
仕事の期限にあわせて間に合わせていました。
そのため直前に集中して一夜漬け的なスケジュールになることもしばしばでした。

マラソンをするようになって、遠いゴールに今の力で最も早く到達するための力の割り振りや
最終成果をうまく運ぶための時間の割り振りがうまくなったような気がします。
頭でわかっていても体験しないと腑に落ちない。 そんな感じです。  
タグ :クリスマス

Posted by 景虎 at 22:26

2008年11月28日

● Burnout Syndrome

走らなくなって今日で4日目。

岩本塾での教え「走らない日を2日以上あけない」を忠実に6月から守ってきましたが
今年のレース予定も終わって ただ今プチ バーンアウト中です。

6月から控えてきた?お酒も解禁。
おかげで体重もかなりリバウンド気味です。
3月の大会に向けての練習は1月から開始するとしても、
体調維持でまた来月も絞る必要はありそうです。

愛知のお酒で人気なのは【蓬莱泉「純米大吟醸」空(くう)】で、今は葉書で予約しないと買えないそうでなかなか入手できません。
「空は万人向きの味のお酒なのでちょっと~」という方にお勧めなのが山崎合資会社の【無濾過 無調整原酒  奥】なのですが残念ながらこちらも手に入りませんでした。
で 代わりに同じ酒蔵で【年魚市 (あゆち)】を今日のお供に。
年魚市は 無濾過原酒で樽だしの荒々しさの残る辛口のお酒です。そのまま冷で一口含むと「お酒~!!」とガツンとやられます。フルーティなお酒に飽きたときお勧めのお酒ですね。

一説に拠ると「あいち」県の県名は万葉集にこの地が「あゆちがた(年魚市潟)」と詠われているところから来ているともいわれています。【年魚市】は愛知県で採れたお米に拘って作られているのお酒のため、この名前が付けられているそうです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑ランナー達が綴る楽しいブログが一杯。  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年11月13日

● Qちゃんへの質問&メッセージ

日刊ランニングマガジン クリールで  、高橋尚子さんへのインタビューが決まり、
その企画として読者から高橋尚子さんへの質問を募集し、
その質問に高橋尚子さん本人に答えていただくということになったそうです。

クリールへのメールの期限が明日(11月14日)

質問項目のほかにQちゃんへのメッセージの項目もありましたのでこのブログでもご案内します。

詳しくはこちらのURLをご覧ください→http://www.plus-blog.sportsnavi.com/courir/article/465
日刊ランニングマガジン クリール 2008年11月12日エントリー  

Posted by 景虎 at 09:36

2008年10月19日

● ふつう聞くかぁ~?

先日 平日の夜に瑞穂区を走っていたときのことです。

地下鉄の駅の近くで人の良さそうな若い兄ちゃんに呼びかけられ
他に地下鉄から出てくる人もいるのに
走っている私を呼び止めるなんて何事?と立ち止まったら

すいません 松園町はどちらですか? 」と 
くったくなく聞かれてしまいました。

自分の息子なら
「ボケ カス 自分の都合で尋ねても教えてくれるのは教師だけ、
相手の都合を考えない無礼者には誰も教えてくれないぞ!!」
と叱りつけているところですが、そこはシティボーイ?の景虎です。

「松園町。。。 ごめんなさい ちょっとわかりません。
そこが地下鉄の駅なので地図もありますし
駅員さんに尋ねたらいかがでしょうか?」
と お応えして走り去りました。
(本当に知りませんでしたし、彼は地図を持っていませんでした)


走りながらつらつら考えてみました。

20歳前後の 大人の仲間入りしようとする人間が
自分の知りたいことを聞くのにふさわしくない人を選ぶなんて
この程度のコミュニケーション力でこの国の未来は大丈夫かいな?
と いらんことまで考えてしまいました。

それにしても 走っているのに呼び止められてしまう私って
どんな雰囲気で走っていたんでしょうか?  

Posted by 景虎 at 22:31

2008年10月17日

● なぜ走るか?

JogNote に連載中の鍋倉先生の書かれているコラム「楽しく走ってステップアップ」の『第83回 あなたは、なぜ走るのですか?』がランナーブロガー達のネタになっているようです。(リンク先が相対アドレスなので1週間過ぎると、うまく飛ばないかも)

コラムでは市民ランナーに「走り始めた動機は」と聞くと、8割程度の人が「健康、減量」と答えるそうですが、1年以上継続しているランナーにその動機を聞くと、「健康や減量のため」と答えるランナーはほとんどなく、「レースなどでの自己実現」、「仲間との交流」、「心の安定」など挑戦や生活の潤いを求めて走り続けているそうです。

私の場合、運転中の両足の痙攣で事故を起こしかけたのがジムに行くきっかけでしたが、昔ヒザを壊していたこともあってすぐには走りませんでした。今もそうですが、当時も一日中モニターを見ているような生活でジムで汗をかくと朝起きたときの目のコンディションが格段に違います。さらに体重が落ち始めて体がうごくようになってくると人間欲がでます。もっと体重を落とすためには走ろうとジムで走り出しました。

そうするとジムの先輩ランナー方から名古屋シティマラソンに誘われます。『10kmも走れるかな?』と当時はそう思いました。『完走できればいいや』ぐらいに一か八かで出場しましたが、走ってみたら秋風がとても気持ち良くて、ついどこまでいけるかやってみようと、知らないことの強さで動悸が踊り始めるのもかまわず、目の前の人を抜くことに集中していたら、ジムの先輩方を全部抜いてしまいました。、走り終わったら暫く歩けないほど股関節が痛かったのですが、走るのっていいなと目覚めた瞬間です。その後は走る習慣を続けるため目標をフルマラソンに定めて翌年にはハーフマラソンに挑戦しました。去年にはフルマラソンで5時間を切って完走できました。

最近 ひざの故障で最近走りたくても走れない時が多かったのですが、やはり走ってないと体調がすぐれません。体調の為に走ることは否定できませんが、反面きつめの練習をすれば、今でも筋肉痛はおきますから走ることは別の意味で体調を悪くします。 同窓会など同年代の人間が集まる席で『走っている』と話すと暇人といった揶揄する目と好き物を見るような奇異な目でみられますが、誰でも慣れれば走ることは歩くことと同じことになってきます。つまり 走れない人からは凄いと思うような距離を走ることでも、ご飯を食べ、排泄し、寝るという生命の営みそのもののように走ることは普通の営みになります。走る理由はいくらでもありますし、毎回違う理由だったりします。もっと言えば、理由がなくても走ることでしょう。

つきつめて、今私がなぜ走るかと問われれば、やはり走ることが好きだからと応えるのが一番しっくりした答えでしょう。  
タグ :走る理由

Posted by 景虎 at 22:28

2008年10月13日

● これでいいの・・・?



名古屋観光の足である「メーグル」の車内の案内板です。

Hext  stop・・・・って   

最初は何語?って考えちゃいました。
(自分の英語力にまったく自信がありません)顔16

それで なにも言わずに帰ってきましたが

自宅に帰って辞書で調べてもHextはありませんでした。

Hex は呪いとか魔女の意味。
交通局さん 縁起が悪くないですか?
それともこれで正しいのかなぁ?

  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年10月10日

● 靴を買う時

 2130GTが大きい感じがして自分にあった靴を探すためスポーツ店を梯子していたときのことです。アシックスの看板をかかげた一軒家のスポーツ用品店が特売をやっていたので掘り出し物でもないかなと立ち寄ってみました。

 「今26センチのGT2130を履いているが大きい感じがして新しいマラソン用のシューズを探している」ことを告げて試履きをさせてもらいました。ジャストフィットする靴を探していたので小さめのものから履き始めたのですが店の中央に陣取った店主らしい方が「おたくさんはワイドがいいですよ」と担当してくれた店員さんに大きいものを持ってこさせようとします。小さめのものから履き始めて一番フィットするものを探したかったのですが、この道に長けた彼からすると大きいものがお勧めのようです。

 当然のことですが大は小を兼ねるで、サイズの大きい靴なら足はすっと入ります。数キロを歩く程度ならさほど問題はないでしょう。そして遂に彼は 「少し足と靴の間に隙間がないと血流が悪くなって長距離は走れない」とまで太った体でいいだしました。私はこの考えには大変疑問がありますし、この時点で「ああ、この人は知識で話していてフルマラソンに求められる水準を体験していないんだな。」と考えてしまいました。

 フルを1回ぐらい走っただけの私がいうのも僭越かもしれませんが、甲と靴の間に隙間があればとうぜん足は余裕があるだけ前後に動いてしまい、ずれがひどい場合、つま先が当たるようになってしまうと思うのですがどうでしょうか? もちろん血流が悪くなるぐらい締める靴がいいといっているわけではありません。つまり 窮屈な靴はダメですが大きすぎる靴もダメだと思うのです。

 ちょうどいいサイズを選ぶには、小さめの靴から履いてみて暫く履いた状態でチェックしなければ判りづらいと思います。大きめのサイズから選べば、入れるだけなら問題なく入りますから、忙しいお店の方に、もうひとつ小さいサイズを頼みづらいものです。そういうことから靴を選んでいても寄ってこない大型店は安心してじっくり靴を選ぶことができていいですね。足は結構柔軟性がありますので合わない靴でもある程度の距離なら対応してしまいますが、フルは誤魔化せませんので慎重に選びたいと思っいます。

 あこがれのタサーが手ごろな価格でおいてあったので、この店主がお勧めの26のワイドで妥協して買おうかと内心こころが動いたのですが、頭の隅でこの状況で買って緩い感じがすると今度は後悔するぞと警告がありましたので買わずに出てきてしまいました。 ちなみに私の足のサイズを、後日、別の店で計測器を使って測っところ、素足で右足は24.5cm 甲周り25.2cm 左足は24.7cm 甲周り25.5cm でした。 基準表からすれば25.5cmの靴では3Eですが26cmでは標準のサイズと診断していただきました。ターサーが基準表どおりのサイズの靴であったなら、くだんのお店で26cmのワイドを買っていたらなら後悔していたところでした。  

Posted by 景虎 at 22:26

2008年10月06日

● 憂鬱な月曜日

トレーニングもハードなものになってきて、あまり体のエネルギーが少ないのもまずいと
カーボローディングの予行演習とばかり 土曜日にちょっと気の趣くまま食べてみました。

カレー、インスタントラーメン、バナナとちょっと食べ過ぎたな~~~と思っていたら
三時にはシュークリームが出てしまいこれも完食。
夕食には久々に茶碗に二杯で腹いっぱいいただきました。

その晩、ジムに行ったら2kgの体重UP。
この時点では「トレーニングすればいつものように落ちるさ」とまだ気軽に考えていました。

日曜に15kmほど走って帳消しにしたと思って油断してしまい
月曜から節食すればいいと考え食事のペースを落とさなかったら
月曜の朝は全然減っておらず、増えたままの体重になっていました。

先週はじめより+2kgからのスタートです。
1ヶ月頑張って減らせるのが2kg
その2kgをたった3日で戻してしまいました。顔13
お金と違って体重を減らすのは増やすことに費やす何倍もの努力が必要です。

今週頑張る内容を考えると、かなり憂鬱な月曜日です。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2008年09月03日

● マラソン熱 冷めず

西日本新聞に拠れば、10月12日に開催される「筑後川マラソン」の参加申し込みが締め切られ、今年の参加者数は約2700人と昨年の1.8倍に急増したそうです。

記者は「自然の中をゆったり走ることができ、ゴールまで時間制限がないことなどが人気の理由とみられる。」と分析していますが、私はやはりメタボ対策&健康志向の風潮が定着し拡大している流れが続いていると思います。北京オリンピックでは盛り上がりに欠けたマラソンだっただけに、その悪影響が懸念されましたが、どうやら影響はあまり出ない様です。

マラソン人口が増えるということは、
当然ですが関連マーケットの拡大を意味しています。
マーケットが大きくなれば、新商品や改良品が豊富に作られ
ディスカウント商品も出てきますので
走ることを趣味にしている人間としてはたいへんありがたいことです。
  

Posted by 景虎 at 23:06