2009年10月25日

● 温泉治療

長い間高原状態が続いている私の足底に業を煮やしたわけではないのですが、
たまたま読んだ本で、土踏まずの痛みは凝りが原因ということが書いてあって
半信半疑ではありますがそれなら温泉が効くかもしれないと思い立ち、
日帰りできる範囲で効能のありそうな温泉を検索にかけてみました。

すると一番マッチしたのが「下呂温泉」とまぁ順当なところ。
そのほかは尾張蟹江温泉谷汲温泉満願の湯が上位に引っかかってきました。

満願の湯はいびがわマラソンのときの穴場と思い毎回利用しているところです。
満願の湯にならついでに大会当日と同じスケジュールで行動し、
高速の混み具合やいびがわの気温などチェックできると思い
温泉治療の場所は満願の湯に決めました。

予定の20kmを走り終えて昼ごろ温泉に向かいました。
マラソン大会の時と違って駐車場は10台も停まっていないほどがらがら。
紅葉のシーズンももう少し先のようです。

入泉料500円は変わらなかったと思いますが、
シャンプーリンスの常備は無くなったようで
売店で50円で購入。(ボディーソープは常備されています)
効能が高いと思って入っていると不思議なもので、
腰に手術の後や機能障害のある人の入浴が目につきました。

サウナ→冷水浴→温泉→給水の順に3セット、
浴室内に流れている有線の昭和歌謡を時計代わりにしっかり浸かってきました。
残念ながら翌朝の段階で改善の兆しは見られませんでしたが
のんびりできていいお湯でした。

谷汲温泉 満願の湯   〒501-1311 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積1684
泉 質 / 単純温泉(弱アルカリ性、低張性、低温泉) 
適応症 / 神経痛、筋肉痛、関節症、五十肩、運動マヒ、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性


人気ブログランキングへにほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
↑ ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年07月03日

● ツボ押し君

炎症が慢性化しているが足首の関節や骨には異常がないと診断された私の足首。できるだけマッサージするといいそうですが
足の裏を強く押そうとすると手の指の方が痛くなってしまいます。

ジムにはローラーでマッサージする機械があるのですが、私にはくすぐったくて使えません。トレーナーさんに相談したら足ツボに使う棒が100円ショップに売っていると教えてくれてさっそく買ってきました。
青竹踏みでは届かないツボにもピンポイントで届いて、結構、重宝しています。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
↑ 1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m
  
タグ :ツボ

Posted by 景虎 at 22:28

2009年06月03日

● ようやく。。。

長野マラソンが終わった4月19日からOFFとして休足日にしてきましたが、休んだら一気に足首の痛みが強くなって、歩く分には問題なくても、走ると足首に軽い電気が走る程度の痛みがあり、ずっとおとなしくしていました。

それでも長野マラソン後40日が過ぎたらさすがに痛みも消えてゆっくりなら走れるようになりました。
ただ走り終わって丁寧にアフターケアーしても、翌朝起きたときは足首が固まってしまうのはまだ回復していません。

昨日5分半/kmの速さで走ったら、ようやく足首の痛みより息が続かなくてスピードが上げられないといったコンディションになりました。以前は5分/kmで走れていましたから、40日走らないとさすがに心肺系が衰えるようです。ただ今週の鍋倉先生のコラムに拠れば3週間程度の休みでは、休み明けに心肺能力が落ちてもトレーニングを再開すれば2ヵ月後には以前より高い状態まで回復するというデーターが示されています。

もう少し養生しながら、週末はLSD、平日の走れるときは速めのJOGといったトレーニングメニューですごして、もう少し足首がしっかりしたらビルドアップ走を再開するつもりです。

ようやく、ゆっくりなら走っても痛くないようになって ジョグ・ライフの再開です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
↑ ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。


  
タグ :故障経過

Posted by 景虎 at 22:24

2009年03月27日

● さらに朝型の生活に

東京マラソンの余韻も残る中ですが、
次にエントリーしている長野のフルマラソンも1ヶ月を切っています。
長野マラソンの開始時刻は8:30と
知っているマラソン大会の中ではもっとも早いスタートです。
そのため、いろいろなことを考えたら
5時に起きるような生活リズムを作った方が良さそうです。

東京マラソンにあわせて1時間起床時間を早くしましたが、
さらにもう一時間早く起きることにしました。
ジムが夜間会員なのでまともなトレーニングをすると終わるのが早くて22時。
それから あれこれしているとすぐ翌日になってしまいます。

ランナーの方で早朝に走られる方もたくさんいらっしゃいますが、
今更ながらですが凄いな~と関心します。

今シーズン最後の大会ですのでできることは全部やって
笑って長野マラソンを走りきりたいと思います。
なんとなく当日寝坊しそうな予感がしています

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m

(今日は2エントリーです。お昼に「山崎川の桜 まだちょっと」エントリーしました)  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年03月06日

● 膝痛対策

ランニングを趣味にすると誰もが一度は経験するであろう膝痛。 私は中学のときに膝を壊してしまい、、またその後は体重が増えたこともあって足を使いすぎると一番最初に痛くなるのが膝でしたから、ジムに通うようになってもすぐには走り出さず、自転車や水泳など膝の負担の少ない運動から慣らして体重が少し減ってから始めました。

そんな私ですから自己流ですが膝痛にいろいろ対策を練っていますので少しまとめてみました。

1 体重を減らす 
   走ると体重の3倍かかるといわれるランニングの衝撃ですが、
   それならば、体重を減らすことが加わる衝撃を減らす一番の早道でしょう。
   鍋倉先生の説ではサブ3ランナーの達成条件は身長-110前後とのことです。
   特に大会前の10週間は目標を決めてダイエットしている、万年ダイエッターです。

2 体幹を使う。 (フォームのチェック)
   ランニングの上手い人は足にくる衝撃をひざ、腹筋と流して受け止めるそうです。
   そのため腹筋を鍛え、足だけでなく全身を使ったフォームで走るように見直すこと。 
   またランニングイベントに出かけてできるだけノウハウを得ようと心掛けていますが、
   これはコーチにあたる人(いつもフォームをみてくれる先輩etc)がいないと
   実際には難しいことかもしれません。

3 走る前後のケアー。 
   今年はこれが一番上手くなったと思います。
   スポーツ用品メーカーのサイトを見ると効果的なストレッチの動画があります。
   また、走った後シャワーを使った30秒アイシングでもかなり痛みは緩和され
   月間250kmぐらいまで走れるようになりました。

4  サポートギアの使用 
    CW-Xを使って、10km過ぎぐらいで出てきはじめる右膝の痛みが
    かなりあとまで出なくなりました。
    日常では筋肉の限界を早くするため使いませんが
    レースのときなど安心感を得る為に使います。
    サポーターを一時使いましたが、
    装着感が嫌で思い切ってCW-Xにしてよかったと思います。

5 靴をしっかりしたタイプのものにする。 
    自分のランニングフォームをビデオで見て足首にかなりの負担を強いていますから、
    膝にもかなり力がかかっていると思います。
    靴には諸説があっていろいろな考え方があると思いますが、
    外で走るときはしっかりしたLSD用のものを使っています。

6 段階を踏んだトレーニング  
    充分に時間が割けれない市民ランナーはつい昔とった杵柄とばかり
    走る距離や時間を一気に飛躍しがちですが、
    そのトレーニングの強度に慣れたら次の段階に移るといったやり方のほうが
    膝には優しいトレーニングになるとおもいます。

と、まぁ 心掛けてはいますが 実際に行うとなると難しいことも多々あります。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m




  
タグ :対処法

Posted by 景虎 at 22:25

2009年01月10日

● 久々の筋肉痛

次の大会の10週前になりました。
今回のトレーニングメニュ-には30km over のペース走を3回以上入れる予定ですが、
今週は普段練習から鍛錬期に移行するファーストステップの25kmペース走です。

普段20kmのペース走は月一の割合で入れていますので
30kmを走るために一気に10km伸ばすのではなく段階的に移した方が
故障の予防やトレーニング効果が高いそうです。

問題はペースでした。いろいろな指導者がいろいろなことを書いていますので
速い方がいいとか、遅い方が効果あるという説もあり直前まで迷っていましたが、
初回の練習ですので走りきることが第一。
次回の30kmペース走の移行のためのメニューであることから
11月に行った5km走のタイムから求めたLT速度の82.5%としました。
具体的には5分40秒/kmぐらいの速さです。

さすがにこのスピードではほぼ問題なく走りきれましたが
終わってから時間がなくアフターケアーを充分に出来ませんでした。
走り終わったのが22時45分でクールダウンもほとんどせず
ストレッチとお風呂のシャワーでアイシング程度で1時ころ寝たら
2時間ほどしたら背中が攣って目が覚めました。

久々の筋肉痛で全身強張っていて、足首からゆっくりほぐして
30分後ようやく寝付くことができました。

普段より5kmほど走る距離を増やしただけですが、予想以上に負荷が高いようです。
来週からのトレーニングもアフターケアーに気をつけないと
本番前に泣く羽目になってしまうかもしれません。

  

Posted by 景虎 at 22:25