2009年11月15日

● プラチナ チケット争奪戦

今週末の土曜日には、東京マラソンに継ぐプラチナチケットといわれる長野マラソンの応募が始まります。前回は平日の午前10時から募集開始されお昼休みも混みあって繋がらない状況が続き、15:00にやっとログインしたと思ったら既に募集は終わっていたという、5時間足らずで8000人の定員が埋まった人気の大会です。募集開始日が平日だとインターネットにアクセスを禁止している会社に勤務している人たちに不公平だという意見があったかなかったか今年は土曜日の募集開始となりました。

 
大会自体は 春の信濃路らしい、遠くに青い山脈、土手一面の黄色い菜の花、左手には一面の桃の花のピンクが広がるという美しいコースであり、そのルートは善光寺を初め長野オリンピックのホワイトリンクやMウェーブなど各施設を巡る長野市の観光コースになっています。オーバーペースで突っ込むと後々苦しめられる坂や道幅の広い折り返し道路で両脇に建物がないのでスピード感がなくなってしまうところはありますが、全体的に走りやすいコースと思います。

今年は参加費が8000円と値上げされましたがそれでも数時間で募集は終わるとみていますがどうなることでしょう。


私は、大会本部が指定する旅行業者が独占でホテルの手配を一手に取り仕切っている点が好きではないことと、この大会前がヒノキの花粉症に悩まされるシーズンで練習が満足にできない状態で臨まなければならない大会なので、真剣に走りたいと思っている人が殺到するチケット争奪戦に参戦する気は起きませんから、開始当日に申し込むのは今回は遠慮しておこうと思います。もし翌日まで参加枠が残っていたら申し込むことにしようと思います。

尚、申し込み方法も郵便振替の方法がなくなり、RUNNETだけになりましたから、予め会員登録を済ませる必要があります。詳しくは長野マラソン公式サイトでご確認ください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。  

Posted by 景虎 at 20:28

2009年05月08日

● 記録証

長野マラソン委員会より記録証が届きました。大撃沈した大会ですので30kmからのラップタイムは枠外に沈んでいましたが、今となってはいい思い出となっています。

いっしょに入っていたアンケートもボールぺンがもらえるということで記入してFAXしました。アンケートは、どうしても改善点を書いてしまうので、クレーム書になってしまいます。感謝の意を込めつつ、気持ちよく事務局に読んでもらって少しでもいい大会になってもらえるように心を砕きながら、「給食を地場色が出たものも出して欲しいということ」と、「ゴール地点にランナー溜まり(一時休憩スペース)が欲しい」旨を書かせてもらいました。


ところで、この手のものは完走証と思っていましたが、
長野マラソンは記録証となっていました。

で、自分が出た大会の範囲で調べてみたら 
記録証としているのが 東京 長野 名古屋シティ 犬山。
完走証が桑名 いびがわです。

私の日本語感覚なら記録証の方が完走していない人にも使えますので融通が利くかな?
もし、いびがわで完走しないとどんな証明書が送られてくるのかちょっと疑問に思いました。

ちなみに英語表記も 東京がCERTIFICATE(証明書)、
長野、犬山がResults(結果、成績)となっていました。
(名古屋シティ、桑名、いびがわにはなし)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年04月22日

● 長野マラソン完走記 (完)

~30km  0:31:18  
このころから足首が着地するたびに痛み出した。暑い!!。それでも30km通過はフルマラソンでは自己ベスト。地面から靴底を通って感じる熱で足の裏に豆ができそうな予感。足首が痛むのにこのうえ皮までめくれたらどうなるかと不安になる。

~35km   0:40:52  
 通称ふたこぶらくだの坂は思ったよりきつかったが、走りきってほっとしたのも束の間、中堂島の交差点手前で両足が攣った。ちょうど救護所があったので暫し休息。暑い!!救護所で氷が置いてあったので足首を冷やしたがほとんど効果はない。エアーサロンパスは置いてないそうだ。堤防沿いを進んだが足が回復せず走っては攣って伸ばし歩いて走るのくり返し。タイムは完全に諦めて時間内に完踏(完走)するためエネルギーを溜めるべくほとんど歩き始めた。

~40km   0:45:28  岩野橋を折り返すと35km地点 風景は土手に菜の花が咲き、一面 桃の花でピンクに染まっている。足は不調だがコースは最高にきれい。来年は走らずにここだけを見に来てもいいかとさえ思う。2kmほど歩いて堤防を降りた頃からまた走り出した。長く歩いたからか、だんだんスピードをあげても足に異常はない。いけると思ったらまた攣ってしまい速く走ることは完全に諦めた。少し歩いてはLSDぐらいのランを繰り返す。道沿いに自販機があったのでスポドリを購入。冷たい喉越しが気持ちいい。がぶ飲みしたが渇きは癒されない。

~Goal  15分台
直線道路の交差点で子供の自転車が進入してきて直前を横切られぶつかりそうになる。止まろうとしても脚がいうことを利かないので、よほどなるようになれと思ったが相手が子供なので怪我をさせたら大人気ないと反省し何とか止まれた。長野のゴールはオリンピックスタジアムという野球場。人工芝の貼ってあるグランドを走ったのは初めてだが思いのほか足当たりは柔らかい。「冬季オリンピックなのに何故野球場にオリンピックのネーミング?」と変なことを考えながら、ゆっくり走ってなんとかゴール。グロスで4時間27分台と長く歩いた割には望外のタイムで、秋の「いびがわ」よりは速かった。

ゴール直後にストレッチをする場所が無く、野球場の外まで出て行くように促される。すぐに止まらないのは身体にはいいだろうが、やはり辛い。完走タオルを肩にかけてもらい、出口の通路でペットボトルとおにぎり、アミノバイタルをもらう。アミノバイタルの封が開けてあったのは親切心だろうが持ち歩きができず、口の中がカラカラのところに粉を放り込むのは辛い。計測チップを結束バンドで留めたので係りの人に切るものがないか聞いたらちゃんと用意されてあった。荷物受取もスムーズに受取れてラン友の待つところまで行って暫し歓談の楽しい時を過ごす。帰りのシャトルバスはアプローチ道路の渋滞もあってかなり待たされるかと危惧したが100人程度の行列で思いのほか早く乗れた。

細かい気になる点はあったが、噂どおり綺麗な風景のコースで、応援も熱心、運営もほぼスムーズで質の高い大会でした。ランナーの仮装を禁止したのは競技性の高い大会を目指すというネットの分析のようだが5時間以内で走れて周囲のランナーに迷惑がかからなければ自由にしたほうが沿道の応援者には楽しいと思う。今回上半身裸で肌に直接ドラえもんを描いたランナーがいたが、いちばん沿道からの声援が多かったように思う。

個人的にはシーズン最後の大会なので3時間30分ペースを狙っていったが案の定返り討ちにあってしまった。手堅く4時間を狙うペース配分をして自己ベストを目指すのが王道と思っているが、来期に向けてモチベーションを高め、課題を明確にするには収穫があったと思うのは負け惜しみか? はっきりした課題は脚持久力の養成で、そのため来期の目標は「最後の10kmを50分で走ること」を掲げ 楽しみながらランライフを送って行きたい。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年04月21日

● 長野マラソン完走記

START~5km  00:30:21
 Mブロックからのスタートで ロスは3分強 スタート地点通過後も人ごみでペースはゆっくりめ。最初はアップもかねていたので好都合だった。狙った5kmを27分でほぼ通過。角を曲がるたびに帽子のつばの向きを変えて首筋を直射日光から守る。

~10km    0:24:56  写真は前日に撮影した善光寺参道の石畳 善光寺の登坂で後ろから女性が「顔をあげて!」などアドバイスする声が聞こえ、だんだん近づいてくる。抜かした人の中でそんな人はいなかったので誰が指導ランをしているかといぶかしんでいたら、すぐ脇を小柄な女性が長野の朝風のように駆け抜けていった。と こんな具合にあっさりQちゃんに抜かれる。「もし出合ったら1kmぐらいは付いていこうか」なんて大会前は考えたこともあったが、そんな気すら起こらない抜かれ方だった。 善光寺の参道は凄い人出だった。石畳の下り坂はハイペースで走り遊ぶ。 たまに足首に痛みが走るが今回はいけるところまで飛ばすつもり。


~15km   0:25:19  
受ける風がひんやりして気持ちいい。選手受付をしたビッグハットの前を通過するとコースは郊外へと向かう。心配していた足首の調子は思ったよりいい。俄テーピングが上手く行ったか?

~20km   0:26:05  
Mウェーブで折り返したら、出口のところでQちゃんが立っていて応援を受けた。脚が重い感じがしてきだし、東京のときより疲れを感じるのが速かったがペースが3分ほど速いのでまあこんなもんかと気楽に考える。今日の課題は「いけるところまで押していく」だ。痛みの間隔が短くなって危険信号が出だしたが、今回はあまりセーブはしなかった。

~25km   0:27:47
五輪大橋を超えたときにかなり足が重い状態だったので、やはり前半飛ばしすぎたことを自覚する。18号の折り返しまでの道がかなり遠く感じるがタイムは思ったほど落ちてはいない。予定より少々早いがパワージェルを摂取。しばらく脚が軽くなったのは気のせいか?暑いので水を多めに摂取してきたせいか、ホワイトリンクのトイレに待ち人がいなかったから寄る。戻ってからリズムに乗るのに苦労する。更埴橋辺りで東京マラソンの30kmぐらいの疲れ方に感じ、後半のスピードアップは諦めた。
(明日に続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m
  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年04月20日

● 走り出すまで~長野マラソン~

長野に出発する日は朝5:00に眼が覚めた。ビッグハットまで約4時間弱と見込んでいたので、すぐに起きて準備を始める。手塩に掛けた牡丹に最後に水を遣って出発準備は完了。予定の時刻に家を出た。1000円に割引された高速道路もまだこの時間ならさほど混んではいない。予定の10時を少し過ぎて、選手受付のビッグハットに到着したが、既に駐車場に入る道路は右折待ちの車で渋滞が起きていた。上千田の方から入るのは避けて迂回して左折となる赤十字病院側から入った方が賢明だろう。

苦労してビッグハットに入ったが駐車場は満車。前の車に付いていくと出口に係員がいて、どうすればいいか聞くと「カネボウ跡地」に行ってくれという。ランナーは皆行動が早いのでまあ想像できたことだが、渋滞を起こさないためにもカネボウ跡地が前日にも解放されていることを事前に案内してくれると、右折待ちの渋滞が少しは緩和されるかもしれない。

選手受付は駐車場の渋滞からは想像できないぐらいスムーズであっというまに終わる。ナンバーカードも今年から四隅に穴が開けられていた。記念品のTシャツを受取り、大会当日の駐車許可証を希望地を言って受取ればそれで完了。この時間(11時前)なら三ヶ所あるどの駐車場も、フェアウエルパーティや応援バスの申し込みも可能だった。13時半から行われるランニング相談会に申し込んであったので、善光寺に参詣に行き13時に戻る。フェアウエルパーティのチケットは既に終了されていた。15時に時間通り終了してこの日はこれでマラソン関係は予定終了。

翌朝は5時少し前にカネボウ跡の駐車場に着いたが、既に開いていた。渋滞していないのを確認して、近所のコンビニでおにぎりを買ってイートインでゆっくり朝食。早く入った車から奥に停めるようにしていたが、早く着いたアドバンテージがないのがちょっと不満。かといって遅めにくれば、シャトルバスに乗るのに待ち時間が長くなるからどちらがいいともはっきりはいえない。車である程度準備をしてから6時半ごろシャトルバスに乗り込む。この頃は全員座って行けた。(今は 安全面から遅い時間で混んでいても立たせて乗車させることはないかもしれない)

予想された渋滞も無く15分ほどで競技場に到着。まだ さほど人出はないので空いているトイレに向かう。更衣室の体育館も縁の方が埋まっている程度だった。残しておいたおにぎりを食べてストレッチをしてウォーミングアップ代わりの散歩。風船ゲートの写真を撮ろうとスタート地点に向かったが、道路が封鎖されてから設営されるそうで撮ることはできなかった。体育館に戻りテーピングをして準備完了。ネットのラン友と会うため約束の場所に向かった。このころ太陽の陽射しは既に暑くトレーナーが汗ばんできた。

8時過ぎに荷物を預け、スタートブロックに向かう。長野もブロックが指定されており、東京ほどチェックはきつくないが各ブロックに係員がいて、ブロックに入るとき一応ナンバーを確認されたようだ。スタートブロックの脇にもトイレがあって数人が行列を作っている。時間が来たらブロックごとに順に前に詰める。私のMブロックは最終的には陸上競技場の西角辺りまで進んだ。

人ごみでじっとしていると、オレンジ色のウエアーが陽射しを感じるぐらい暑くなり、白にしなかったことを後悔したが、ここに到ってはどうしようもない。周囲を見ると手袋をしている人はほとんどいない。私ぐらいの速さの人は普段の大会では半袖のTシャツがほとんどなのだが、ランシャツの人の方が多いぐらい。女性はアームウォーマーをしている人も多かったが、防寒のためというより日焼け防止の目的ではなかろうか。

そうこうしているうちに定刻の8時半に号砲が鳴ったが、例によって列は動かない。ゆっくり歩き出してスタートラインを超えたのは3分後だった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年04月19日

● 景色に見とれて

30kmまでは2時間40分と順調でした。
折り返しの橋を過ぎたら土手には菜の花、畑は一面桃の花と最高のロケーションでこんないいところを早く走るのはもったいないとゆっくり歩きました。
それでも一応完踏できました。
えっ?時間ですか?
(-.-)
  

Posted by 景虎 at 14:24

2009年04月19日

● 快晴の長野マラソン

山には薄霞がかかっていますが、予報通り暑くなりそうです。
今シーズン最後のかけっこを楽しみたいので携帯を持たずに走ります。
全て順調。
花粉症も順調にくしゃみを誘います。(>_<)
  

Posted by 景虎 at 07:17

2009年04月18日

● マラソンに曳かれて

牛ならぬマラソンに曳かれてやってきましたが、凄い人出です。
回向柱を触りたい善男善女の列は山門の外まで延びて、俄門徒を寄せ付けません。
  

Posted by 景虎 at 12:19

2009年04月18日

● 移動中

梓川サービスエリアで小休止です。天気は快晴。車多し。
  

Posted by 景虎 at 09:17

2009年04月13日

● 長野Mをどう走るか。。。

いよいよ長野マラソンまでの日数が1週間を切りました。
週間天気予報では当日の天気は曇のち晴、最高気温20℃。

さて どう走るか。。。。

当初、長野は今シーズンの打ち上げ大会なので自己ベストを狙って最初から飛ばすというつもりでいましたが、このところ花粉症による鼻づまりがひどいのと東京マラソン以降、足首の調子が悪くて追い込んだ練習ができていない。幸い足首のほうは練習量を落としたこととストレッチが上手く効いてハーフぐらいまでなら問題がなさそうなレベルにまで回復してきました。が、練習量が落ちたためか心肺能力が落ちてしまったようです。

そういうこともあって 天気予報どおりなら前半は27-26-26-26で行き、後半どこまで粘るか(3時間40分~50分ペース)
晴れて暑くなりそうなら FAN ラン (4時間10分ぐらい) 
最高気温が15度前後と今の予報より寒くなりそうなら玉砕覚悟で飛ばす。。。

後は当日走った足の調子で微調整かな~っとつらつら考えております。


そんなことを考えることができるのも後5日となりました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m  

Posted by 景虎 at 22:28

2009年03月16日

● 宿の手配をそろそろ。。。

 「桃や桜が咲き乱れる善光寺平を走り抜ける長野マラソンはいいよ~」と参加した人から聞いたり、また 大会人気ランキングでも常にトップ争いをしている長野マラソンでしたから参加を申し込みました。 ただ この大会もナンバーカード引換(最終登録)が前日のみの大会ですから、遠方からの参加者は泊まる必要があるので、大会事務局が旅行代理店を指定してランナーに 不便 便宜を図っていますが、そのため便利なホテルは事前に部屋を押さえられていて宿がとり難い大会とも聞いていました。

 大会に申し込んで参加料を支払うと、参加決定通知とともに宿泊の案内が送られてきました。それによると、12月22日の正午から一斉に申込み開始ということで、私はFAXで申し込みましたが話中で全く通じず、ネットもアクセスできない状態でした。「まあ いざとなれば 志賀高原に泊まればいいかっ」と鷹揚に構えて2、3日後申し込んだらさすがにFAXは流れたようでした。ただ 久々にFAXを使ったので到着したか、到着しても他の書類と混じるんじゃないかと一抹の不安がありましたが、そのうち受付したと連絡してくるだろうと放置しておいたら、2月半ばまで予約受付の連絡は一切無しという状況でした。

 2月半ばに、長野マラソンに参加する知人から宿の案内が郵送されたというのを聞いて、数日後には我家にも着くだろうと待っていました。その後3日待っても案内が来ないので、さすがに確認をとらないといけないかと宿泊窓口のメルアドを探しましたが見つからず。。。旅行の宿泊先はネットで手配するのが普通に思っていますから、「いまどき宿の手配で電話料金を払わされるのか」と憂鬱な気分で電話しました。 宿泊担当と繋がってまずメルアドを聞いたらメールでの問い合わせは対応していないとのこと。口頭で事情を説明したら折り返し電話するというので 氏名と電話番号を伝え予約状況を調べてもらいました。暫くして 申込みは受け付けられており 宿はこちらの希望ホテルは取れておらず、長野市の郊外に確保されているということと、その私に来る通知はまだ送っていないとの連絡でした。 まあ 予想されたことでしたので、指定した宿が変わっていたことにはさほど腹は立ちませんでしたが、この代理店にマージンを落とす気にはなれず、その場でキャンセルをしました。

 ネットの掲示板では「窓口となっている旅行代理店が事前に部屋が押さえてしまい、希望のホテルが取れない」などの意見もありましたが、供給の少ないところに過剰の需要が発生した場合どうしても起きてしまう現象でしょうから、希望のホテルがとれないこと自体は私はとやかくいいませんが、いまどき発注をして後1月以上たってからしか宿泊場所が判らないのはちょっと信じられませんでしたし、支持できません。仕事が遅く、メールでの問い合わせもできないような受注システムしかつくれない代理店を大会指定業者にしているのは見直しが必要ではないでしょうか?

 長野は参加申込みが数時間で締め切られるほどの人気大会ですから、当分 今の運営方法が見直されることは期待薄でしょうが、今後 京都や大阪など大規模なマラソン大会を計画しているところも多いと聞きます。申し込んだ人に不安やいらいらを募らせるシステムだけは採用されないことを願っています。

それはそうと そろそろ一月前になりますから、キャンセルを狙って宿を探さないといけませんね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m  

Posted by 景虎 at 22:25

2009年03月13日

● 長野マラソンの最終参加者案内が届く

お昼の「笑っていいとも」で東京マラソンを走る古田さんの出演した日、来月参加する長野マラソンの最終案内が届きました。

ざっと目を通すと、①スタートブロックはMと真ん中あたり、 ②仮装は自粛を要請している ③スタートとゴール地点が異なりますので荷物をゴールまで運んでもらえるが、預ける手荷物の大きさに規制はありませんでした。但し、ひとつしか預かってもらえず、バッグなどにまとめなくてはいけません。④トイレの案内はゴール後以外は完璧でした。(ホームページと前日にマップを配布)チョキ
 ただ、大会当日の3箇所ある専用駐車場の所在地までは判りませんでした。駐車場から会場までの所要時間(20~30分)が明記されているのでさほど問題はないのですが、いろいろ比較してみたいこともあって記載してもらえると助かります。(前日の選手登録のときに駐車希望者に割り振られる駐車許可証に記載されているそうです。)

あと面白かったのが ドーピング検査が実施されると明示されていました。招待選手や陸連登録者と同じ冊子が市民ランナーの方にも配られているからかもしれませんが、もし 市民ランナーにまで本当に実施されるなら話の種にいちど受けて一流選手気分?を味わいたいものです。顔2

コースは今回一部改正になりましたが、折り返しは多いものの 高低差は44mと走りやすそうなコースのようです。


話、変わって自分のコンディションは走り込み期が終わって19日めですが、
昨日辺りから太腿などはかなり軽くなってきました。
膝の方は朝一番では時々痛みますがまあ順調。
今回は足首の疲れが一番最後残りそうです。
数日後に軽くなった足が少し足が重い感じ(軽い感じが抜ける)になれば事前準備はOKと思っています。

東京マラソンまで後9日 いよいよカウントダウンです。  

Posted by 景虎 at 22:28