2010年12月11日

● 奈良マラソン2010  まとめ

第一回大会ということで事前情報が少なく不安要素がありましたが、晴天と友人そして何より奈良の人達の暖かい応援に恵まれとても楽しい2日間になりました。

では、来年参加される方を意識しつつ気がついたことをまとめてみました。
 来年あるのか?という疑問には こちらをご覧ください。
公式ブログ 2010年11月15日のエントリー
 


長いし理屈ぽいので興味の無い方は最後の部分に言いたいことがまとまっていますので真ん中は読み飛ばしてください。

◆会場までのアクセス  
  ランネットのレースレポでも帰りのバスがないことへの不満がよく出てきますが、会場周辺の道路事情を考えると来年もシャトルバスの用意は難しいと思ったほうがいいでしょう。今回も大会当日にエキスポ会場でビールが早々に売り切れているにも係わらず補充もできないという一事が当日、会場に車でアクセスすることが如何に難しいかを物語っています。従って、走り終わった痛い足でも駅まで歩く覚悟を持たないランナーは、奈良マラソンに参加すると不満の残る大会になるでしょう。

◆前日受付  
 観光都市の奈良に行ったのに 会場までのアクセスに往復50分近く取られるのは少々残念です。車だとあの渋滞はもっとかかったかも? 駅前の県庁や観光会館でエントリーできればありがたいのですが、エキスポ会場の前日集客の兼ね合いもあって難しいでしょうか? また、宿泊しない近郊のランナーの視点にたてば、ナンバーカードの事前送付が今後主流になってくることもあり、早めに対応したほうがいいでしょう。

◆荷物預かり 男子の場合
体育館の1階が荷物置き場、二階が更衣場所に割り当てられています。建物にはゼッケンの無い人は入れませんし、入り口の検査はかなりしっかりしていました。宿からウェアーを着込んでいく人はゼッケンを見せることを予定にいれておいてください。
また、雨が降ったら更衣のキャパは足りなくなると思います。

◆トイレ 
第1回大会なのでしょうがないでしょうが、会場には建物に付随する設備のほかに男性で約60基ぐらい仮設があったでしょうか?集合時間直前はやはり混雑していたそうです。会場が広いので思わぬ穴場がありそうな気がしますが建物の既設のトイレの案内図は見つけられませんでした。

◆スタートまでの暖。 
スタートとゴールが同地点ですから、荷物を預けてからも、処分されてもいいウェアーを上に羽織っておいて、並ぶ直前にコース以外のところに置いておく事は十分可能でした。ちなみにこの日の8:00の気温は3.3℃ 南 風速1m  9:00で6.0℃ 南南西 1m と前日までの7~9℃よりは冷え込む気候となりました。 

◆コース  
① 公認コースになので次回にコース変更を希望するだけ野暮ですが、試走のできない白川の大学構内のところは残念です。コースを変更できないなら10月か11月に日にちと時間を決めて開放するなどの配慮をお願いしたいところです。また、個人的にはこういう厳しい高低差のあるコースはコースマネジメントをいろいろ考えられるので好きです。もちろん 自己新を希望する人はかなり手強いコースということを承知しておく必要があります。
② 10kmとの合流。 前回詳しく書きましたが、スタート時間、コース、参加人数が変わらなければ走るペースによっては混雑するでしょう。
③ 陸連アドバンテージ。 今回の大会は設けられていなかったようです。スタート当初に下り坂でスピードが出るコースであるので次回も今回同様に認めない大会であってほしいものです。 

 
◆距離表示  
今回はタイムを気にしていなかったのでいっぱい見落としましたが、気にしている方も気づきにくかったそうです。私が気になったのは26kmでしたか、それまで道路の左側にあったのが反対側に設置してあったのには驚きました。
見やすい標識板への改善も大事ですし、更に、正式なkmポイントのわかる資料がホームページにも公開されていないと思います。また、試走しにくる人のためにも、標識を設置する人の手間を省くためにも、予算の許す限り道路に距離標識リベットを打ち込んでいただきたいと思います。

 
◆参加費  
シャトルバスなし、荷物の移動無しで 8000円の参加料は私は高いと思います。。(東京、荷物の移動ありで10000円、長野 荷物の移動、シャトルバス(公式駐車場)両方ありで8500円だったと思います。) コストの落とせそうなところが細々目に付きましたので 今年の内容で5~6000円ぐらいで運営できればかなり良い線と思いましたがどうでしょう? スポンサーが集まらず厳しい環境なのは承知していますが、コストダウンを図っていかないと継続的な大会運営はきついかもしれません。

ただ、私には高額に感じる参加料の大会も ランネットの大会報告では奈良マラソンそのものへ満足度の高い評価が圧倒的でした。その要因はボランティアや沿道の応援のホスピタリティの高さから本当に気持よく走れた結果で、それこそが、奈良マラソンの貴重な財産であると思います。

奈良マラソンはアクセスの悪く混雑する大会会場や混み合うところのあるコース、高低差のあるコースなどのネガティブな部分を補っても余りある楽しい大会でしたので、事務局は上手にネガティブな箇所を案内して少しでも大勢の人にあの楽しさを経験してもらえるのを期待します。


都市型と丘陵地型の両方の顔を持つ、戦略性に富んだ坂を持つフルマラソン。
走っている人も、沿道の人もメッチャ楽しい笑顔になれるフルマラソン。
この二つのかけがえのない財産を上手に活かして 今後も発展していってほしいと思います。 


大会関係者、ボランティア、沿道の応援、そして 一緒に走ったランナーの皆様のおかげでたいへん楽しく走らせて頂きました。
心からの御礼を申し上げます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年12月10日

● 10kmの走者と合流(体験談)

とても楽しかった奈良マラソン!! ランネットの大会報告もその評価が主流のようですから
「来年は走りたい!」と思うランナーも多いことでしょう。

来年 初めて参加される方にも予め知っておいてもらったほうがいいと思うのは10km走部門のランナーとフルが合流するところがあるということで、ちょうど、わかりやすそうな写真があったのでちょっとまとめてみました。

↓ 中央分離帯の上にあがって撮影してみました。カメラの時計で撮影時間は9:44です。 左の緑っぽいビルが近鉄奈良駅。分離帯左側のフルのランナーは1車線で余裕がありますが、右側の10kmのランナーは2車線以上広がっています。





9:45の映像 フルの方は前が空いています。先の信号が県庁東の信号で、そこから道路は片側1車線の分離帯の無い2車線幅の道路になり、ランナーが密集しているのがわかるでしょうか?





9:47 3分前(1枚目の写真)では都合3車線以上で走っていた集団が、県庁前の信号を過ぎて2車線幅のところを走るので 一気に混雑してきました。





9:48 この前の白いウェアーを着たランナーの方のペースが私たちの周りランナーより極めて遅かったのははっきり覚えています。


 10kmの方が誘導された左側車線ではなくてフルに割り振られた右がわを走られたのだと思います。もちろん この白のランナーを非難する意図で書いているのではありません

この時間帯では10km走のランナーの数がフルより多いので、コースを分けていることを知らなければ入ってくると思います。そもそも 「コースを分けている」「合流がある」という基本的な情報が 事前案内や、ホームページにすら見つけることができませんでしたから知らなくても当然と思います。 またコース誘導の方も声をからして肉声で「10kmは左~ フルは右~」と案内していたようですが、現場では歓声もあって私には文章で聞き取れず、「10km~」「フル~」「右~」という単語が耳に入ってきて ああ誘導しているな ぐらいの認識でした。
 (実行委員会から「コースを分けている」という公式なコメントがあったのかは知りませんが、便宜上勝手にこういう表現を使わせてもらいました。ボランティア説明会ではフルは右、10kmは左に誘導するようにという説明があったというのは聞いています。) 

次回開催でコースやスタート時間の変更でこの合流が解消されれば一番いいのですが、交通規制に係わる変更はランナーが走りにくいといった理由で改善されることはまずないでしょうから、来年もこの状況は起きると思います。事務局は大変でしょうが、ランナーにこの間は通行区分を守るように、事前の案内のTOPページに朱書するぐらいのわかりやすさで情宣を徹底し、少しでもランナーの意識の持ち方で不満が少なくなるよう努めていただきたいところです。また、当日の現場での案内、誘導も更なる工夫が必要なところと思いました。

尚、私は46分ぐらいで県庁東を通過した経験を披露しましたが、他のブログや走った人から聞き取りした ここの混雑具合は 私より速い人は気にならず、遅くここを通過した人はさらに走りにくいという印象を持つ傾向があったことも付け加えておきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。

10km走者との合流(シュミレーション)はこちら→12月2日のエントリー  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年12月09日

● 奈良マラソン2010 (3)

 奈良マラソンの続きです

25~30km    予定ラップ0:25:30   ラップ 0:28:02   スプリット  02:29:22 
天理教の本部を過ぎて、幼稚園前の幼児たちとハイタッチして、このコース最大難所の上り坂に備えます。この坂でスピードを維持しようと無理をするといっぺんに駄目になると思い力を入れないように登ってこのタイムでした。上り坂の途中でウルトラマンを発見。カメラを用意してなかったのが残念でした。顔2名阪道を越える白川大橋で2本目のカーボショッツを摂取。スプリットでは予定していた時間より早いのでここでトイレへ。白川の天理大のグランドのところは待ち時間無しで用を足せました。30km通過が2:28:04(ネット)は30kmの自己新記録です。このときは十分 330がいける!と思っていました。


30~35km 予定ラップ0:24:30  ラップ 0:26:16   スプリット 02:55:38   
3時間30分をきるには残り12.195kmを1時間少々で走ればいいわけです。大きな難所は過ぎましたから後は5分/kmを目処に、リズムを崩さないことだけを意識して真剣に狙いだしました。最初の2kmの下りは5分を切る走りで好調でしたが、高樋町を過ぎて平坦部のに入ってすぐに異常が発生しました。 脹脛が張って無理すると攣りそうなのでペースダウンをして大事をとりましたが やはり攣ってしまいストレッチを入れることになってしまいました。

35~40km    予定ラップ0:25:00    ラップ 0:32:38   スプリット 03:28:16
我慢して走っていると今度は腿裏がつり、最後は腰の筋肉まで攣って遂に歩きとなってしまいました。しかし、コースの端を歩いていると小学生から「がんばれ○○番」と応援されてしまい さすがにこれには反応せざるを得ず少し走り出しましたがやはり回復していなくて今度は左も攣りだす始末となり、結局また歩きながら回復を図るしかありませんでした。Mac前の坂は全然走れず歩いて登り、その後、ようやくゆっくりなら走れるようになってきました。奈良公園の登りも歩いて、大仏殿前辺りにいた七福神?に応援されてからは下っていることもあってゆっくりですが走れるようになりました。 


40~Finish    予定ラップ0:11:00     ラップ 0:14:53     スプリット 3:43:09
競技場前の登りは歩くしかありませんでした。4月に初めてこの坂を見たとき嫌な予感がしたのですが現実になってしまいました。競技場のグランドに入る手前でも両足が攣りいっぱいいっぱいでゴールとなりました。タイムはいびがわの時より若干悪くそれでもセカンドベストのタイムです。


痙攣を起こした原因は 今、思えば前日長風呂をして身体が脱水気味だったのかもしれません。また、20km手前で痛み出した脚を庇って変な走りになってしまったのかもしれません。ガス切れでないことだけは確かです。いびがわでは35km過ぎで脚が動かなくなり、奈良でも30km過ぎから脚に痙攣が来てしまいましたから、やはりフルの距離を持つ脚が出来ていないというのが帰宅してからの反省です。

人様には入りを遅くと勧めておきながら自分は全然守れない無謀なレース展開だったかもしれませんが、30kmまでは本当にきもちいいレースでした。さらに、走れなくなった30km以降でも、沿道からの応援は気持よく、秋晴れの下、めいっぱいかけっこを楽しめた奈良マラソンでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。  

Posted by 景虎 at 22:50

2010年12月08日

● 奈良マラソン2010 (2)

奈良マラソンの続きです。

今回は3週間前のいびがわマラソンで右フクラハギを軽く傷めていたため、どれぐらいのペースで走るのかかなり迷いました。記録を狙うコースではないと思っていましたから 逆に時間を気にして走るのではなく自由に体感に任せて走ってみることにしました。もちろん フルですから最初から全力というわけではありませんが、市民ランナーとして奈良を楽しむことを主眼に気持ちのいいペースで走ることにしました。予定ラップは330ペースでコースの下見をもとに割り振ってみたものです。


0~5km   予定ラップ0:25:00   ラップ 0:24:07    スプリット  00:25:25   
スタートして競技場を出るとすぐ下りなので混んでいますがスピードは出せました。周囲とペースがあったようです。坂の途中で長身のスティッチを発見。ブログ村で有名なハンサムネコさんで、失礼を省みず走りながらご挨拶させていただきました。
高天の交差点に出て西に折れ広い道路に入るとますます走りやすく、オーバーペースには気をつけていましたが、あまり時計を見ず体感だけで走っていましたので、24分そこそこと 予定より1分早いペースで通過しました。



5~10km   予定ラップ 0:25:00   ラップ 0:24:08    スプリット  00:49:33
私が奈良マラソンのポイントに思っていたのがこの5kmでした。体が暖まってきており、序盤なのでその気になれば速いタイムで走れます。でも後の白川、天理地区のアップダウンで潰れてしまうのと表裏一体で、兼ね合いが難しいところです。考えてもどれぐらいで行くべきか判らないので息のきれない程度で、特に県庁前の坂は半分歩くぐらいのつもりで走りました。また、この区間は折り返しの区間でもあるので すれ違うランナーを見ながら走っていましたから、1kmごとのラップは取っていませんでした。全然苦しくなくこのラップですから後半が持てば大正解だったの走りでしたがマラソンはやっぱり甘くありません。
すれ違うランナーたちは仮装している方が多く奈良は楽しい大会でした。

 高天から予想どおり10kmのランナーと遭遇し、県庁東の先からは合流してやはり前に遅いペースのランナーが走る状況になって減速を強いられましたが、予め承知していたのでこれも第1回 奈良マラソンと割り切っていました。 フル、10kmのスタート時間を調整できず、同程度の参加者規模なら来年も同じようなことが起こると思います。


10~15km   予定ラップ0:24:30   ラップ 0:22:47     スプリット  01:12:20  
緩やかな下り基調の区間で私のペースのところはあまり混んでいなかったので走りやすい区間でした。11、12、13、14km表示は全て4分半そこそこのラップで今思えば飛ばしすぎでしたが、このときは全ったく速いと思っていませんでした。また観光区域を過ぎて沿道には人がほとんどいないと予想していましたが、実際には 沿道に多くの応援が響いて気持ちよく走ってきました。自宅に帰ってパソコンの前に座って初めて「飛ばしすぎやん」と気が付くような始末でした。
5分半~6分ペースで走っていた知人はこの区間が狭くて走りにくいと聞きましたから一番ボリュームのあるペース帯の人達は大変だったようです。


15~20km   予定ラップ 0:25:00    ラップ   0:25:07    スプリット   01:37:27   17kmまではほぼ平坦な道で4分50秒台のラップを刻み、いよいよ登りがはじまるも、「リズムは変えず」「力まず」だけを意識して登って行きました。18kmポイント5分3秒、19km、5分27秒とさすがに速度は落ちましたが、なかなか上手く行ったと思います。試走が禁止されていた天理大の敷地に入って痛めていた右足が気になりだしましたので、痛み止めを服用し、給水エイドの手前で一本目のカーボショッツを摂りました。


20~25km  予定ラップ 0:24:30   ラップ 0:23:53     スプリット 02:01:20     
中間 01:42:31 (1:41:30 ネット)
コースの中で一番長い下りのある区間です。初めて意識的に飛ばしました。天理参考館の回廊をくぐったところに、ぜんざいエイドがあり、一旦スルーするも臭いに釣られて少し戻っていただきました。甘さも、温度もちょうど良く 餅も小さく切ってあって心配りが味にでていました。大変美味しく、奈良マラソンの名物エイドになると思いますが餅は抜いておいてもいいかなと思います。 他のミール・エイドはざっと見ただけですが バナナやパン 飴 ぐらいで特に魅力的なものは見つけられませんでした。折り返しで高橋尚子さんからエネルギーを頂いて いよいよ下ってきた坂を今度は登っていく最大の難所いわれる坂の区間に向かうところで。。。。。

  今回はここまで。m(__)m



☆ ブログ村 ボタン
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年12月07日

● 奈良マラソン2010 スタートまで

第一回大会だっただけに不安が多かったものの、走ってみれば、やはり楽しい1日でした。

前日はジョグノートのコミュのお茶会、や別のコミュの前夜祭に参加させていただき、走り終わったら大会会場で酒盛り~お風呂~後夜祭とほんとうに楽しい二日間を過ごすことができました。

 また、驚いたのは帰り道ですれ違った競技場近くで見知らぬ年配のご婦人から「マラソンお疲れ様でした」とご挨拶いただいたことです。奈良の方々の県民性でしょうか、世知辛い日常を過ごしている自分は反省しきりでした。 
運営にはいろいろ注文はありますが、この一事が私の今回の奈良マラソンを象徴していると思います。


走りそのものは先行自爆型になってしまいました。いびがわで傷めた右脹脛が完全に治ったという自覚はなく、タフなコースでタイムが予想できないなど いろいろな条件の結果、タイムは狙わず、行けるだけいって後は野となれの自爆型?プランが最終方針になり、意識していたわけではないのですが結果的に、人には駄目だといつもコメントしている自爆型の走りを楽しむことになったわけです。


宿は近鉄 新大宮駅近くのホテルで、直接会場に向かえば奈良駅とほぼ同じ距離というなかなかいい場所に取れました。奈良マラソンは会場が駅から2kmほど離れているにも係わらずシャトルバスは用意されていません。奈良駅からは多くの人が歩きますが、新大宮からならアプローチ道路の”やすらぎの道” に出るまではほぼストレス無く歩くことができました。

会場に入って荷物が重いのですぐ預けてしまい、ついでに携帯も預けてしまいましたのでみんなをさがすこともなく一人自分のブロックに並んでいました。この大会は仮装を禁止していないので、多くのランナーが仮装をしていてそれを眺めているだけでもけっこういい暇つぶしになります。

定刻にスタートして cブロックの中ほどで 1分18秒のスタートロスでした。  

Posted by 景虎 at 20:26

2010年12月02日

● 10kmの走者と合流(シュミレーション)

全く気が付きませんでしたが 「奈良マラソンはフルと10kmが合流する」という掲示板の情報があり通過時間を計算してみました。



通過時間の計算結果 (秒数切捨)

【フ ル】
       高天(8.6km)   県庁東(9.4km)   高畑(10.5km)
4'00"/km   9:34         9:37         9:42
5'00"/km   9:43         9:47         9:52
6'00"/km   9:51         9:56         10:03

【10km】
       高天(2km)    県庁東(2.8km)   高畑(3.9km)
3'00"/km   9:36        9:38          9:41
4'00"/km   9:38        9:41          9:45 
5'00"/km   9:40        9:44          9:49
6'00"/km   9:42        9:46          9:53
7'00"/km   9:44        9:49          9:57
8'00"/km   9:46        9:52          10:01
9'00"/km   9:48        9:55          10:05

計算条件  スタート時間 【フル】9:00   【10km】9:30
距離はジョギングシュミレーターで測定した近似値 誤差あり、
【10km】は高天の距離をパンフから2kmとし
県庁東、高畑とも 筆者が計測した距離を加えたのでやはり誤差あり。
スタートロスは考慮せず  

写真は合流し始める 近鉄奈良駅(髙天)前から 県庁東方面を撮影した物
5'00/kmペースで行けば 計算上は高天で6’00”/kmより遅いペースのランナーに会い、県庁東の道が狭くなるところで6’00/kmペースのランナーを抜き、10kmの5'00"/kmペースのランナーに高畑までに追いつく可能性はなさそうです。ただ この計算はスタートロスを考慮していないので実際は微妙ですが、ペースの違うランナー集団が遭遇するのは間違いないでしょう。

10kmを左、フルを右に分けるよう誘導するそうですが、ペースの違うランナーが合流し、さらに県庁東から道幅が片側1車線道路に狭くなるので 予め混雑するかもしれないと、心構えだけはしておいたほうがいいかと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
  

Posted by 景虎 at 12:00

2010年11月25日

● さぁ 奈良マラソン

23日にこのブログのヒット数が久々に500を超えたので検索キーワードを見てみたら 奈良マラソンがこの日に開催された名古屋シティマラソンを抑えて2位にランクインしています。(ちなみに一位はインシュリンショックでした。)
4月に走った試走のレポにも多くのアクセスがあり、みなさん直前の調査に余念が無いようです。顔2

奈良マラソンまで10日となり これからハードな練習をしても奈良マラソンまでには身につきませんから、疲れを抜きながら自分の信じる調整法でコンディションをあげていくことが一番でしょう。超回復を狙って前腿を壊しに行くもよし、重めの足を作るため長い距離を走っても良しといろいろなやり方があります。今回の私は 久々?顔2に前夜に泡の飲み物で胃腸を鍛えてからの参戦です。(おぃ パンチ

追記に 一応イメトレのためのペース配分を考えてみましたが さて ここからどれくらい落ちるか それを予想するのも楽しみです。

  続きを読む

Posted by 景虎 at 19:28

2010年11月09日

● ナンバーカード引換券が届く

奈良マラソンまで30日をきった昨日8日、ナンバーカードの引換券が届きました。中には一瞬広告特集かと思うような開催案内が入っていて眠る前に熟読してしまいすっかり今朝は寝不足です。

気にかかっていたスタート位置もわかり、競技場の外周に列んでそのままスタートするようですから、スタート後のロス時間も最小で済みそうで一安心です。スタートブロックはCになり、前に2000~3000人ほどいるようですが、陸連登録者も申告タイムで各ブロックに割り振られたようですから、極端に遅い人が前に集団でいることはなさそうです。


ただ トイレの案内が会場もコースもなかったこと、また 会場から帰るときのマラソンコースを横切らずに帰る推奨ルートのような案内がなかったのが残念でした。そこで問い合わせメールを事務局のほうに送って公式サイトに案内を載せるようにお願いしましたからほどなく載る事になると思いますが、帰ってくるランナーの邪魔にならず帰るのはけっこう大変そうです。

帰りだけでもシャトルバスを用意してくれれば、ほとんど袋小路のようになってしまっている会場ロケーションの問題も改善され、沿道でゆっくり応援できるのに残念です。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。

メールを出して二日後に実行委員会から返事をいただきました。
1 トイレの場所を示したコースマップへ作成出来次第、HPを更新する予定です。
2 帰路の動線は、陸上競技場から市営球場前の歩道橋で県道を西へ横断し、近鉄奈良駅までの道の西側歩道を主たる動線と考えており、この点につきましても、HP・ブログなどで紹介する予定です。


とのことで、素早い対応をして頂きました。  

Posted by 景虎 at 20:28

2010年05月10日

● エントリー完了

5月10日は早くも奈良マラソン2010のエントリー開始日。

記録の狙いにくそうなコースからしてあまり混雑しないと思っていましたが、ネットでは熱心な人も多くみられ、またなんといっても第1回大会ですから、起きてからのエントリーで「締め切りました」のメッセージを見るのも嫌なので開始時間の0:00から参戦しました。


ちょっとした手違いからログインに手間取ってしまい
予想通りかなり混雑した状況で
1回の更新に数分かかるようになりました。
それでも、ようやくコンビニの支払い確認まできて
内容をメモしながら読み込んで更新すると

時間がオーバーしました。最初からやり直してください
のメッセージが顔13

二回目のトライも、やはり最終確認のページで
ただいまたいへん混み合ってます。暫くしてからアクセスしてください」と
またもや無情のメッセージが現れました。顔14
それでも万博で覚えたテクニックを駆使して連打してみましたが
10分してもつながらないので諦めて3度目の挑戦。
時は既に0:45を廻っていました。

長野(8000人)の最短記録が確か5時間でしたから、
まぁ まだ余裕はありそう。

3度目は途中(0:50ころ)からサクサク動くようになって
1:00前になんとかエントリー完了。
すぐコンビニに行って支払いを済ませてきました。

朝になって確認すると7:00ごろエントリーされた方が楽々できたそうですし
公式サイトでも満員御礼のメッセージは出ていなかったので
私のエントリーはまず問題なくいくと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
  

Posted by 景虎 at 18:27

2010年04月30日

● 鴻ノ池陸上競技場までの交通事情

奈良マラソンの募集要項の内容から転記すると。。。

鴻ノ池陸上競技場は JR奈良駅から2.4km(徒歩30分) 
また近鉄 奈良駅から1.6km(徒歩20分)

バス路線は両駅共通で 加茂駅行き 高の原駅行きに乗り”市営球場前”で下車となります。

(写真はJR奈良駅東側バスターミナルで4月24日に撮影。加茂駅行、高の原駅行は両方共7番乗り場。但し現在駅は工事中で西側にも新しいバスターミナルがあるので大会当日は乗り場が変更されているかもしれません)

4月に行ったときの日曜日の運行表を見ると6時台に2本 7時台に6本以上の運行が書かれていました。ということはこれだけで参加者を運ぶことは出来ませんから始発のJR奈良駅もかなり混雑するでしょうし、ましてや途中駅にあたる近鉄奈良駅のバス停でバスに乗ることはまず不可能と思っておいたほうが無難と思います。(近鉄奈良駅を始発のバス停は見つけられませんでした。)このクラスの大会なら最寄り駅から会場までシャトルバスが出るのが一般的なので杞憂になるかもしれませんが、今のところシャトルバスの案内はありません。

タクシーもたいした距離ではないですがシャトルバスが出なければ競技場近辺、隣接道路の渋滞は避けられないように思いますので、裏道を調べておいて少し手前で降りるようにする方がイライラしなくて済むかもしれません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年04月28日

● 奈良マラソン コースの試走

今回の奈良行きは12月の奈良マラソンのコースの試走も予定にいれていました。
自分の足で走ったのは競技場周辺の15km。残りの紀寺交差点から天理市の折り返し地点までは車で通りました。

コースの印象は大まかに言って精華学園前の信号まではあまりアップダウンはないシティ型のコースで、そこから天理市までがタフな起伏が多い丘陵コースになります。私の見方ではこの丘陵部の走り方で最終の競技場への緩い坂が地獄坂に変わってしまうように思いました。

詳しくは 続くを クリックしてください。(長い文章です)
(今回の試走は、公式サイトで発表されたコースを基に書いていますが、実際のコースと異なっているかもしれません。また、走暦4年程度のサブ4レベルの市民ランナーが書いた見解であることを念頭にお読みください)
  続きを読む

Posted by 景虎 at 22:28

2010年04月12日

● 奈良マラソン開催要項

奈良マラソンの開催要項が公表されました。 奈良マラソン2010 公式サイト  
それによれば、募集開始は 5月10日(月)から。 
申し込み方法はインターネット(RUNNETサイト)か専用振替払込用紙による振込のどちらかで、 
参加料は 8000円です。 

また9:00スタートの制限時間6時間ですが、
フルマラソンは前日受付のみなので、
中京圏からの参加は宿泊する必要があるでしょう。

コースマップもリニューアルされていて、
判りにくかった高樋町から白川大橋の間も
交通規制図の方でイメージが摑めました。

心配していたスタート後のコースの広さは
交通規制を見る限り全線通行止めなので
2車線はあると思います。
1万人に対して2車線ですから大通りに出るまで
ストレス無く走るというわけには行かないと思いますが、
これ以上は広くならないでしょう。 

参加料が8000円と、スタートゴールが同じ地点の大会にしてはかなり高額の設定です。
5000人の規模なら文句なく参加でしょうが、
競技場のスタート、競技場前道路が2車線しか無いということで
6000人参加の名古屋シティマラソンを知っているだけに
1万人の大会ではいろいろなところでストレスが出てくることが予想されます。

申し込み開始まで約一ヶ月、あれこれ調べてみたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
  

Posted by 景虎 at 22:28

2010年03月03日

● あれ? 応募は?

奈良マラソン2010(仮称)前回の記事(2009/12/03)で春に応募開始のようだという記事をエントリーしましたが、公式サイトによれば募集要項もまだ公表されていませんので、もう少し先になるようですね。

今のところ決まっていることは ”2010年12月5日開催” ”10,000人規模”の”鴻ノ池陸上競技場をスタート、フィニッシュとしたコース” ”スペシャルランナーに高橋尚子さんが来る” ということのようです。

コースは、競技場を出た後、朱雀門の先と天理市の天理教本部で折り返す、ほぼ往復タイプのコースで、公認コースになりました。コース略図が公表されていますが、途中、高砂町から白川大橋までの区間がジョギングシュミレーターで見る限り候補ルートが複数あるのでちょっとわかりにくいところです。特に弘仁寺のところから白川ダムの方に行くのか、精華小学校の方に行くかが迷うところです。コース表には岩屋町を通るように書かれていますので、精華小へ行くルートが正しいとは思いますが そうすると距離的にかなり遠回りになるので第三の岩屋町の方に抜ける道があるのかもしれません。

予め試走したいと思いますので、グーグルアース用のコースデーターなどをサイトに載せてもらえるとありがたいですね。高低差は、コースマップに書かれている高低表によれば、最高地点が30km付近ともう一箇所の133m 最低地点は62m と高低差が約70mのコースです。


気がかりなのが、10000人規模で競技場スタートなので、スタート時の渋滞はかなりのものと思いますし、スタート直後の競技場前の道路の広さと、その先の髙天の交差点まで道の広さです。6000人規模の名古屋シティ10kmでさえ競技場直後2車線は走りにくいので、一万人規模で2車線ならかなり走りにくいと思いますので、渋滞を強いられたり、接触を心配しなくてはいけないかもしれません。この点は、試走の時に確認したいポイントと思います。

参加料はまだ公表されていませんが、最近マラソン界はブームに乗ってインフレ気味です。
晩秋の紅葉の終わりかけというタイミングで古都で行われる奈良マラソンですが
さて このコースで貴方ならいくらまで払えますか?

(名古屋市民が勝手に書いてますので、コース内容については頓珍漢な記述の可能性があります。気がつけば修正していきますが、各自でもご確認くださいますようおねがいします。)


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。  

Posted by 景虎 at 20:28

2009年12月03日

● 鬼が笑う?

河口湖マラソンに気をとられていたら「「奈良マラソン2010(仮称)」の日程が発表されていました。

asahi.com 2009/11/26  http://mytown.asahi.com/nara/news.php?k_id=30000000911260002

記事に拠れば 2010年12月5日(日) 鴻ノ池陸上競技場 (奈良市法蓮佐保山四丁目5番1号)をメイン会場とする、一万人規模の大会のようです。

コースは競技場をスタート後、世界遺産の平城宮跡前でいったん折り返し、興福寺や東大寺、春日大社付近を経て、天理市で折り返すコースのようです。鴻池競技場と平城京あたりの標高差は、あまり当てになりませんが、ジョグノートのコースマップで50mほどでした。盆地なので極端なアップダウンはないと思います。古都である奈良は新道以外は道が狭い印象がありますのでタイムを狙うかFANランにするかはコースの詳細がわかってから決めようと思います。

また、警備の関係で奈良大仏マラソンと同日開催ということで、主催者が異なるようですからコースが一緒になることはないでしょうが、駐車場や交通規制など注意することが出てくるかもしれません。(12月8日加筆: 奈良新聞によれば大仏マラソンも一緒に鴻池競技場発着で都合フルが10000人、大仏マラソン7000人と17000人規模の大会になる模様。) 後、12月5日といえば紅葉シーズンの最盛期なので観光客の方には交通規制でだいぶ御迷惑をかけてしまうかもしれません。日程でいえば 2010年のいびがわマラソンの開催が11月14日のはずですから、大会間隔が3週間となってしまいました。欲をいえばもう1週間欲しかったのですが、これは個人的な都合ですから、両方出たいなら自分でなんとかしなくてはいけません。いっそ フルは大井川に出て、いびがわをハーフ、そして第1回の奈良というのもいいかもしれませんね。

募集開始は来春とかなり早いタイミングのようです。   (2010年3月2日加筆 3月1日時点で公式サイトは公開されていますが募集要項は公表されていません。募集はもう少し先になるようです。) 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
  

Posted by 景虎 at 22:28