2007年11月18日

● 小ネタ?

いびがわマラソンの覚えとして。。。

交通手段  私の友人たちの話なのだが 車部隊は9時頃到着の予定で7時に自宅を出たのだが、軽い渋滞でイビデンの駐車場に停められたのは9時15分ごろだったそうだ。一方、電車部隊は7:20ころ金山で、9時前には会場に到着したそうだ。運が悪いと移動中立ちっぱなしになるが、電車の方が時間的には楽なようだ。

駐車場  いびがわマラソンはパーク&ライド方式なので一番近い駐車場でも徒歩で近道をして1.3kmほど。もちろん 全ての指定駐車場にシャトルバスが出ている。車で来る人は当日受付を済ませてから自分の車にもう一度戻るのはなかなか大変なので、車から荷物を持って徒歩またはバスで会場に向かうことになる。

携行品 いびがわマラソンに限ったことではないが、前の晩、または朝方雨が降った場合、いつもならストレッチの出来る芝生や土の上が濡れてしまっていて使えないので、ストレッチマットを持っていった方がいい。無ければレジャーシートをバッグに忍ばせておいたほうがいいだろう。

距離表示  いびがわの大会は1kmごとにしっかり表示されていて大変助かる。私は参加していないので信じられない話だったが5kmごとの表示だったり、ボランティアにかかげさせている大会もあるそうだ。疲れてくると腕が下がって表示が見えないし、なにより腕をずっと上げてじっとし続けるのはけっこう重労働ですヨ。Σ( ̄□ ̄;)

コース攻略法 11月の初めに送られてくる書類の中に「いびがわマラソンコースポイント紹介」がある。これはかなり正確に書かれていて、決して大袈裟ではないと思うので、是非一読して頭に叩き込んでおくことをお勧めする。また チームスマイルのホームページにかなり詳しいコースの説明が案内されている。

試 走  ハーフマラソンでいびがわに初参加の友人の感想だが、「アップダウンがきついと聞いていたので折り返すまでどんなきつい坂があるか判らないので怖くて飛ばすことが出来なかった。」そうだ。初めて参加する人で自己記録を狙うような走りをしたいなら事前に試走したほうがいいかもしれない。 具体的には大会コースの4km付近にある朝鳥公園に車を停めて試走する方法と、藤橋の道の駅に停めておいて藤橋から下って川口橋まで下って折り返してくる方法が30kmほどの道のりになる。給水は各集落の幹線道路沿いに自販機がある。藤橋のコースは10月15日のブログに掲載した。

変ったサービス? 揖斐川マラソンではゴール地点に整体師のグループやスポーツマッサージのボランティアがあり、ランナーを無料で施術してくれる。私が会場に行ったころには十人近い順番待ちの行列が出来ており、また並びが締め切られていたので体験することは出来なかった。

メッセージ看板 揖斐川マラソンではコースに掲示板で応募したのかランナーたちのメッセージが看板としてコース脇に立てられている。走っているときに読むとけっこう壷に来るのもあって面白かった。また 景色がいいといっても長いコースは結構、飽きがくるものだ。この看板のおかげで気分を取り直すことが出来てけっこうありがたかった。

いびがわまらそん参加者の実力         
           合計人数     男性人数          女性人数
フルマラソン登録   4079人    3675人            404人
サブスリー       80名     79名              1名   
サブ3:30      412名    391名(470名)        21名 (22名) 
サブ4:00      921名    849名(1319名)       72名(94人)  
サブ5:00完走  1700名   1511名(2830名)      189名(283名)   
棄   権       966名    845名             121名
  注)( )は累計数。  
棄権の数が多いのは当日朝7:00ころは名古屋は強い雨だったそうであったから
参加を取りやめて まったく走らなかった人も多かったと思われる。

個人的な練習の反省は続きにまとめました。  続きを読む

Posted by 景虎 at 09:00