2008年05月27日

● 七段花


2007年6月
 東山植物園で撮影


かって シーボルトによって著書の「FLORA JAPONICA: 日本植物誌」には紹介されていましたが日本ではその所在が明らかになっておらず、1959年に発見されるまで「幻の花」と言われた あじさいの七段花(シチダンカ)も最近は結構出回っていると聞いて探していたらR153の道沿いのお店で発見し 即、購入しました。

この花は花色が培養土の影響を受けやすいようで私が買った株は赤味がかった色で、植え替えたときにブルー系のアジサイ用土に調整した土にしました。また、新芽が花より高く伸びていて見苦しかったので花より高くなっている枝は3節下で切り戻し、切った枝は全て挿木にしてみました。

さらに挿木は普通の土で育てるものと、どこにもやり方は載っていなかったのですがスポンジに刺した水だけのものと二通りを試してみることにしました。

上手く行けば全部で10株以上になります。定植する場所やお嫁に出す場所を今から考えておかなくてはなりません。そんなこともガーデニングの楽しみです。  

Posted by 景虎 at 22:28