2006年12月01日

● 実録シティマラソン(3)

8km看板が見えた頃 消えていたふくらはぎの痛みが襲ってきた。
ペースを落としてみると痛みはさらに酷くなる。
不思議なことに 今走っているペースが一番痛みが少ないようだ。
8.8kmの小川の関門で係員が『後5分で閉鎖』と叫んでいる。
9km過ぎ ラップはかなり落ちていると思ったが 
数秒遅くなっただけでさほど落ちていない。
痛みは消えないがまだ暫くは走れそうだ。

10kmを51:23で通過。
足が痛いことを除けば体はほとんどしんどくない。
去年10kmで受けたダメージを思えば、タイム的に2分半遅いにしても 
一年の練習の成果は充分に出ている。
10.8km市役所前を折り返し、二番目の給水場がある。
さすがに集団がばらけていて第一の給水場ほどではないが
最後尾の方を走っていたので残り少ないようだった。
足が痛いこともあって歩いて受け取る。
走り出せないかとも思ったが、まだ動けたので引き続き走り始める。

晩秋の名古屋の中心街はきれいに色づいて、
空が晴れていたら気持ちいいのにと思いつつ走る。
このころからどんどん追い抜かれていったので
ペースはかなり落ちていたのだろう。
高岳の関門で係員が後3分と叫んでいた。

赤荻を過ぎた辺りで痛みが左足全体に広がり、
とうとうお尻の付け根まで痛み出したので、
走るのを止めて歩き出した。
赤荻から歩いて行くと今池の関門が既に閉まっていた。
自分の時計を見ると1時間19分で制限時間ちょうどだった。
前のランナーが係員にまだ時間前じゃないかとくってかかっていたが、
そのときの係員の話では1分前に閉めたとの事。

スタート時間の2分の遅れがここで響いた。
関門通過してリタイアするのと関門不通過でリタイアするのでは、
やっている方としては大分と気分が違う。
都会の主要道路を閉鎖して行うのだから関門時間はほぼ正確に守られて、
10kmのときに噂されていた『人が繋がっていたら閉められない』とか、
『閉鎖時間に多少のマージンがある』ということは、
今回に限ってかもしれないが、違っていた。
関門時間はスタートの遅延に関係なく、ほぼ正確に守られていると言えよう。

今池北の関門不通過者は歩道を通り、近くに停められているバスに
移動(収容)する。
仲間内では遊覧バスと冗談を言っていたが、
普通の市バスを貸しきりにしたもので、確認できただけで2台停まっていた。
乗るときにスポーツドリンク1本とタオルが配られる。
汗をかいているだけにタオルはありがたかった。
バスは通路を2/3埋める程度の人員で暫くして出発した。
待ち時間を含めて30分近く乗っていたが、
車内は一言も話を交わす人はいない。皆疲れていたんだろうと思う。
田代本通りを南下するルートで石川橋を通って競技場の前で降りた。
降りるとすっかり体が冷えてしまい、かなり寒さが身にしみた。
この日の気温は街のビルに設置されていた温度計で12度。
これにはかなり参った。

スタジアムに戻り、さっそく着替え。
参加した仲間たちと結果報告で一喜一憂。
女子10kmは51分で100番台が取れたことに驚いた。
100番以内に入ったら食事を奢るよなんて軽口を叩いていたが、
あと少しで実現するところだった。
マラソン大会に参加した人だけが味わえる、一番楽しい時間だと思う。
みんな何となく帰りがたく、殆どの人がレース後のお楽しみ抽選会までいた。
最後のバンコク往復ペアーチケットの抽選が外れたのを合図に解散した。

痛みは座っているとほとんど感じないが歩くとかなり痛い。
地下鉄の駅までは頑張ったがそれ以上は歩く気がしなくてタクシーで帰った。
帰宅後風呂に入って、アイシング。
ダイエットの為に禁酒してきたので解禁してビールで乾杯。
体力が残っていて残念な結果だったが、今年も充実した時間だった。(Fin)



Posted by 景虎 at 00:37

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t1463
この記事へのコメント
過酷な実録ですね~。
でも爽快感が伝わりますよ。
「参加した人だけが味わえる」なんて羨ましいですもん。
「充実してる」なんて感情、最高ですね。
ビールが美味しかったでしょう(^_^;)
頑張ったで賞♪( ^-)_旦
Posted by mana at 2006年12月01日 10:08
manaさん 
ビールを運んでくれてありがとう。
実際に飲めたら、このとき以上に
美味しいことでしょうね。

本文に書かなかったのですが 
レース後ビール飲む前に体重を量ったら、
朝から3kgの減量。
ビールを飲んだら
すぐ戻っちゃいました<("O")>
Posted by 景虎 at 2006年12月02日 12:08
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい