2008年01月27日

● 冬枯れの森から仰ぐ空



冬枯れの森に入って寝転び 落葉のベッドで空を見上げる。
ただ それだけでエネールギーが充電される

於: 植田山緑地 オアシスの森 olympus μ 780 補正なし



タグ :

Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t17646
この記事へのコメント
森が何か話しかけてくるみたいですね。なんか惹かれます。
私もたまに立ち止まって空を見てることあるけど・・・
こういうアングルの写真って大好きです。
Posted by るな at 2008年01月28日 12:46
こんにちは お忙しそうですね
冬の空に向かって伸びていく樹木の強さというか
しなやかさが少しでも出たらと思いました。
何かを感じていただけたのなら嬉しいことです。
Posted by 景虎景虎 at 2008年01月28日 16:15
こんばんは。
かっこいい!私もたぶん寝転がって撮りたいな~って思っても
多分できないと思う?立ったまま空に向かって撮るぐらいかな

  冬枯れの森に入って寝転び

  落葉のベッドで空を見上げる

  ただ 

  それだけでエネールギーが充電される

これって詩ですよね?ちょっとロマンチックな感じ♪
Posted by 花 at 2008年01月28日 19:48
花さん こんばんは
 写真見ていたら でてきたフレーズです。
 詩なのか 散文なのか 判りませんけど。。。
 自分でもちょっと気に入っているんですよ。( ^ー゜)b

 汚れてもいい格好をして森に入って
乾いた落葉の地面なら思い切って寝転がって見ましょう。
なんにも変わらないけど 何かが芽生えてくるかもしれません。
くれぐれも人気の少ないところでね。
Posted by 景虎 at 2008年01月28日 22:43
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい