2008年01月23日

● 久々の体力測定

大会まで後1ヶ月。
今週が20kmのペース走 次週が30kmペース走と 練習もピークを迎えます。マニュアルは大会速度の80%でペース走をするように勧めていますが、前回のトレーニングで経験してますので故障しない程度に早くしてみたいと思っていますが、その速さが問題です。大会の目標タイムは110分ですから5分23秒/kmが目処でなんですが。。。

まあ そんなことを最近つらつら考えていたので
久々に体力測定をしてみました。
方法はUP後 11.5km/h(5分30秒/km)で3kmをRUN
その後0.5km/hずつあげて、3kmづつ走るというメニューにしました。
走れなくなったら一息入れて、
マシーン最高速の16km/hで300mのウィンドウ・スプリント(WS)を何本入れられるかを測定するとしました。

<<測定実施>>
11.5km/hはまあクリアー、問題は12km/h 1kmなら問題ないが3kmは初挑戦。
気合を入れて走っているのでついつい速くなって機械に伸ばした足が触りそうになる。
1.5kmを過ぎたころから苦しくなり2km近辺でよろけだしたのでリタイア。
10km/hで一息入れてWSを2本実施。
それでハムストリングスが痛み出したのでWSもやめて、
スピードを気にせず流して走り、合計11kmであがりました。

走行後、足は全体的に強張り特に足首が悲鳴をあげましたが
入浴時と就寝前の丁寧なストレッチの普通のメンテナンスで
翌朝には問題のないレベル(疲れているが痛みは無い状態)に落ち着いています。

週末のペース走は12×0.8=9.6km/h
6分半/kmで入って体が暖まったら6分で10kmまで走り 
5分半を7km 5分を2km 残り1kmをフリーランのプランで走ることにしました。
うまくいくかな?
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t17681
この記事へのコメント
景虎さん、プチ情報ですっ!
空腹時に走る!?もしくは、いつものジョグ(例えば10キロ走るなら最初の2、3キロを全力でその後はいつものペースです)の前半をかなりハイペースで走る!をすると、20キロ、30キロ走るのと同じ効果が得られるそうですよ。この方法によってマラソンの後半の状態が体感出来て良いトレーニングになるらしいです。
*ハイペース走を最初にを行う事によって体内のブドウ糖を使い切れるためです♪

なかなか時間が取れないランナーに適したお勧めトレーニングって『ランナーズ(かなり前のかな!?図書館で借りたもので^^;)』に書いてありましたっ☆
*りりパパは早朝ジョグなので、空腹で走っておりまする^^
Posted by りりパパりりパパ at 2008年01月23日 23:54
りりパパさん いい情報をありがとうございます。
体の脂肪をグリコーゲンに変えるいいトレーニング方法ですね。
夏場は走りながら栄養補給をしていましたが
冬の今は体内のブドウ糖を枯渇するため栄養補給はしていません。
これって同じ考え方ですよね。

先に飛ばしてから後JOGができるような体力があるかどうかはわかりませんが
試してみます。
Posted by 景虎 at 2008年01月24日 08:58
そうそうその通りです!
要は、少ない距離走でもマラソン後半と同じ状況を作る事により
持久力アップと”ここ一番”の踏ん張りのトレーニングに良いそうです♪

言うのは簡単ですが、きついトレーニングですよね。
でも、かなり効果はあるようなので一度試してみて下さいね〜
Posted by りりパパりりパパ at 2008年01月24日 09:38
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい