2008年01月24日

● 名古屋検定

名古屋にも「ご当地検定」なるものが実施されるそうだ。
正式名称は『なごや四百年時代検定』。主催は名古屋商工会議所。

出題範囲は名古屋の歴史、文化などの基本的な知識レベルの4択問題が
100問以内出題されて、その70%以上正解すれば合格となる。

想定問題を20問 解いてみたが正解率は60%。
なかなか手強い。。。。顔7

試験日時 2008年3月9日(日)
申込期間 2月1日(金)必着
出題範囲 名古屋の歴史、文化などの基本的な知識レベル
合格基準 マークシート 4択方式 70%以上の正解で合格
試験時間 90分

詳細はこちらのURLで→名古屋商工会議所『なごや四百年時代検定』

想定問題 Q1 名古屋出身の初の総理大臣は?
              ①加藤高明  ②海部俊樹  ③東条英機  ④加藤友三郎

       Q2 名古屋のテレビ塔が開業した年は 
              ①1954  ②1959  ③1963  ④1970

       Q3 尾張藩主徳川宗春が城下を練り歩くときに乗った動物は何か?
              ①白牛  ②白馬   ③白虎  ④白豚

    答えは 『続き』に   
想定問題の解答
       Q1 名古屋出身の初の総理大臣は?  ①加藤高明

       Q2 名古屋のテレビ塔が開業した年は   ①1954

       Q3 尾張藩主徳川宗春が城下を練り歩くときに乗った動物は何か?   ①白牛


タグ :ご当地検定

Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t17685
この記事へのコメント
名古屋ご当地検定ですか!?
歴史のある土地ですものね。

・・・。
あの・・・まったくクイズの答えがわかりませんでした・・・(T_T)
Posted by ちょこレピ at 2008年01月25日 17:00
こんばんは。
総理大臣はだめでしたが加藤高明さんってはじめて聞いた名前です。
こんな方いたあ~?です。
名古屋をもっと知るっていう意味ではいいことですよね。
Posted by 花 at 2008年01月25日 20:47
ちょこレピさん
 大丈夫ですよ。これ全部私が間違えた問題です。
京都が成功したので全国各地で計画しているそうです。
ちょこレピさんのお住まいのところもあるかもしれませんね。

花さん
 自分の生活している土地を知るとはとてもいいことだと思います。
加藤高明は旭丘から東大に進んで三菱に入社。岩崎弥太郎の入り婿になって政界に進出。外交官となり、日英同盟の推進役を務め、外相、駐英大使を歴任した後、大正13年総理大臣となって普通選挙法、日ソ基本条約を締結する一方、治安維持法を成立させた内閣の総理大臣のようです。(wikipediaより)
Posted by 景虎 at 2008年01月25日 23:06
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい