2008年03月28日

● 税金で北京オリンピックを応援

先週夕方のローカルニュースで流されていたが

オグシオこと小椋選手の出身地三重県川越町が8月の五輪の試合に合わせ、3泊4日の応援ツアーを予定。総勢40人の「応援団」を公募し、1人当たり10万円を上限に旅費の一部を町が補助することが決定されたそうだ。町長はニュースで「議会にも承認いただきましたし、しっかり応援してきます」というようなことを言っていたと思うが、彼も団長として税金の補助を受けて北京オリンピックに行き応援するそうだ。

自治体の長が郷土出身の選手が出るからといって数日間外国に行くことは危機管理の点でセンスを疑うし、仮に行くにしてもオリンピックの応援なら首長たるもの自費で行かなきゃ情けないと思うのだが、そういう神経は町長も議会も持ち合わせていないのだろうか?
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t19770
この記事へのコメント
初めまして、通りすがりのた~坊と申します。。。。
たまたま小椋さんの北京ツアーの事を調べましてましたら
ここを通りましたので、どおしてもコメントしたくて!
自分は川越町出身在住ですが川越町というのは70年代初頭
当時の町長が議会の圧倒的反対を押し切り漁師町だった
海岸を埋め立て企業誘地を成功させ、90年代後半からは
町の経済比率が1.5(収入÷支出)と言う全国でも究めて稀な
人口13000強の地方自治体です。
その為に現在の市町村合併とも無縁で近隣郡部とも一線をかくし
元々の漁師町気質と小学2校、中学1校、高校1校の
学校体制の為に地元意識が根強い町なのです。
故にその中での地元小中学出身の小椋選手の活躍は地元では寛大で
多分町民投票をしたら90%以上もしかしたら100%大賛成で
決議もされたと思います。
確かにその為に税金を。。。と他の地域の方は思われるかもしれませんが
上記の通り現在の町財政は時の町議会の努力で得た地方内収入なので
このような決議は自分を含め町内でも十分納得の行くものとなっております。

長文となりましたが、どうしても・・・・と思いコメントさせていただく
突然の失礼をお許しください。
Posted by た~坊 at 2008年04月05日 10:25
た~坊さん コメントありがとうございます。

小椋選手への応援で地元の方が盛り上がるのを
反対しているわけではありませんし、
東海地区の人達の払った電力料金から転用されている税金とはいえ
地方自治である以上その使い方に差し出口するつもりもありませんが、
町長が応援団長でこの制度を利用する点はおかしいと思い
記事にさせてもらいました。

政治家がその人気取りのためスポーツ選手を利用する例は多くありますからね。
もちろん町長や町民の方が良識の無い方と決め付けているわけではありません。

もし 気分を害されたなら申し訳ありませんが、
要は小椋選手が活躍する環境を
みんなで作ろうという点で一致すると思います。

私が小椋選手の立場なら町長が団長となった応援団は
いろいろ気を使うことができてしまい
ありがた迷惑な気がするのですがどうなんでしょうか?

川越の人が小椋選手を応援しようと盛り上がっているなら
一人でも多く一般の町民の人に補助金は割り当てられたほうが
首長のとるべき行動と思いますがいかがでしょうか?

贔屓の贔屓倒しになるとまでは申しませんが、
古くは円谷選手と自衛隊幹部の関係もありますから
純粋な地元の応援意識とは別の観点で見ている目があることをご承知ください。

当面はこのツアーの参加者が公平に町民に割り振られて、
議会、役所幹部で占められていないこと、
またその旅行日程が試合前の小椋選手のスケジュールを
妨害するツアーでないことを願っています。

是非 川越の宝である小椋選手の活躍を皆で守ってあげませんか?
Posted by 景虎 at 2008年04月05日 13:01
初めまして★cloverです♪

 私もオグシオのファンです。

 私もブログしているのでよかったら

 仲良くしてください~
Posted by clover at 2008年04月14日 04:18
cloverさん
コメントありがとうございます。
こちらこそ よろしくお願いします。
Posted by 景虎 at 2008年04月14日 08:12
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい