2008年04月30日

● 百花繚ラン

栄のランの館が開館10周年を迎えるそうで、記念イベント「百花繚ラン」が開催されていますが
その一環として、今週の金曜日の5月2日には無料開放されます。

ランの館ホームページ→http://www.rannoyakata.net/event/ryoran.html

平成10年5月2日に誕生した「ランの館」は、ラン好きの外交官(アジョナ・オーキッド氏)の邸宅であり、氏がラン生産が盛んな愛知県の中心・名古屋に屋敷を構えたという想定で作られています。

 建物の基本は、スペインのパティオ(中庭)のある屋敷を、アトリウムの屋根はロンドン万国博覧会の水晶宮をイメージしたもので、屋敷中いたるところをランや花で飾るものです。また世界各地を赴任したとの想定でありますので、当然ランの宝庫、アジアも赴任しており、それらの国の文化の影響も色濃く表れているわけです。

なお余談ですが名古屋の施設にはめずらしく駐車場はないようです。
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t21137
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい