2008年06月19日

● 携帯ドリンク

暑くなってきてさすがに長距離をある程度の速さで走ると水の補給だけは辛くなってきて、走っているとフクラハギがピクピクする様になって来ました。そろそろこれまで調べてきた補給ドリンクを実際試してみることにしました。筋肉が攣るメカニズムはまだ良くわかっていないのですが、汗でミネラルがなくなるのもひとつの原因と考えられています。また 去年のフルでは20km過ぎの疲れてきた頃VAAMゼリーを摂ったところ暫く持ち直したので、まだ携帯ドリンクは私には必要のようです。


これまでの調査から今回のレシピは、蜂蜜100g クエン酸2匙 塩5g Vaam1袋(3000mg)に水に加えて350gになるようにして溶かし、携帯パックの容器に詰めました。(病人用の「吸飲み」で移し変えると簡単に入ります。)

結論から言えば今回の配合は走っていて胸焼けがしてきて失敗作でした。(チェイサーがあればある程度緩和されます。)
原因としては考えられるのは
①全体的に濃いので運動中の胃腸では吸収しづらい?
②クエン酸がパッケージの案内の約2.5倍の量を溶かしたので酸味が強すぎる。
③塩味がきつくて 蜂蜜の甘さと合わない。
などでしょうか。

 ネットの蜂蜜の記事に拠れば蜂蜜の吸収は消化(分解)の必要がないので濃くても問題なく行われるそうですから、クエン酸が多すぎたのが一番の原因でしょうか。塩は必要ですので味のほうは我慢するとして、今度はクエン酸を350gに対しての規定量 0.7匙のものを作って試してみることにします。
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t23038
この記事へのコメント
スペシャルドリンクを作る段階でレースは始まっているんですね。
景虎さんに最適なドリンクが出来るといいですね!
Posted by もぐちゃ at 2008年06月20日 08:50
まだフルマラソン2年目の人間ですので
補給など工夫してやっと完走できるレベルですね。
補給を気にせず「余裕でゴール!!」
なんてレベルになれたらいいのですが。。。
でも ドリンク工夫しながら「いびがわの下りのあそこで補給して。。。」なんて
考えているのも楽しみのひとつなんですよ。
Posted by 景虎 at 2008年06月20日 18:00
ああ、残念。。
旨くいってたらレシピをパクろうと思ったのに(^^;

ワタクシも、とにかく脚の痙攣が問題なんです。
エイドでは十分な給水と塩があれば、舐めまくっているんですが・・・
どうも肝心なトコロで効果が出ません!

・・・生ぬるいバームは、罰ゲームみたいになります(/o\)
Posted by ずるうさぎ at 2008年06月20日 20:27
>生ぬるいバームは、罰ゲームみたいになります(/o\)

経験者しかワカラナイ話ですね。思わずニヤっとしてしまいました。
脚の痙攣のメカニズムが解明できて防止できる栄養素をタブレットで補給するようになればいいですね。でも 亀ランナーの私は脚の攣った人しか速いランナーを抜けませんので痛し痒しのような気もします。
Posted by 景虎 at 2008年06月20日 23:32
こんばんは。
VAAMは以前、エアロでもだんだんハードなエアロになったときによく飲みましたよ!
エアロやる30分前に飲むんですけど、すごい体に違いがあって
飲まないとちょっと後半が辛いけど、飲むんでやると、最後まで体力が維持できました。こんなに違いがはっきりわかるなんて不思議でした。
マラソンにもVAAM!やっぱり使うんですね!
景虎 さんもいいドリンク見つけてレベルアップするといいですね。
Posted by at 2008年06月23日 20:15
こんばんは 
VAAMはQちゃんが宣伝していたこともあってか
ランナーに3000mgの愛飲者は多いと思いますよ。
問題は飲み味でしょうね。
ペットボトルはさほど問題ないのですが
3000mgとなると ぬるい温度で飲むと 
まさしく罰ゲームですね。
Posted by 景虎 at 2008年06月23日 23:07
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい