2008年06月22日

● メタボ元年

このところ休日の昼間に車を運転していると
真新しいシャツでジョギングを楽しんでいるかたをよく見かけます。
そしてそういう方々はほとんどといっていいぐらい、
40歳過ぎの男性でお腹がじゃまなのかちょっとそり気味に走られていますが
メタボ検診の結果なんでしょうかね。
つくづく皆さん勤勉なんだ と頭の下がる思いがします。

でも ちょっと心配になることもあります。
まだ暑さの残る昼間にアスファルトの街中を走るのは結構からだにダメージがあります。
まあ 一見して初心者とわかりますから 長い距離は走らないでしょうが
暑いときは無理をすると酷い目にあいますから
「少し走り足りないな」と思うぐらいで切上げて、決して新記録(距離や速さ)を狙ったり
昔とった杵柄なんて若い頃を思い出して運動しないように気をつけましょう。
いろいろと都合があってその時間しか取れないのかもしれませんが、
できれば 涼しくなる夕方や早朝のほうがお勧めです。

あと水を持って走っている方を見かけたことはありません。
給水を軽く考えていた時代に育った年代の方々ですが、
くれぐれもいいかげんにされず
早め早めのこまめな給水を心掛けて熱中症を防いでください。
水を持って走るのが嫌いな方はコース取りを初めのうちは3kmぐらいで
自宅や車に戻るコースにして、充分な給水対策を心掛けたいものです。

メタボ対策で走り始めたのに熱中症でダウンじゃ割があいません。
夏のジョギングは a、涼しい時間帯に b、余裕のある距離を、
c給水を充分に心がけておこなうのがいいでしょう。
無理をせずジョギングが楽しくなって長く続くことが一番のメタボ対策じゃないでしょうか?
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t23166
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい