2008年09月08日

● 痙攣対策

愛読するブログ「燃え尽きるまで」で痙攣対策に
芍薬甘草を飲むことが紹介されていましたので少し調べてみました。

芍薬甘草(しゃくやくかんぞう)は漢方薬で芍薬と甘草の2種類からなり、
どちらも痛みを緩和する効果のある生薬です。

芍薬甘草湯は漢方の古典書に「発汗が過多ののち、邪気が内に迫って筋肉の拘急、
腰脚の攣急などが出たときに攣急や疼痛を緩解させる目的で頓服として用いる」
と記されているそうで、“こむらがえり”の症状にあてはまることがわかります。
症状が激しいときにも、飲むとたちまち杖が要らなくなることから、
別名、「去杖湯(きょじょうとう)」と呼ばれるそうです。

通常の服用はそれぞれの効能書きを参照するとして
私が一番使いたいのは起こってからの事後対処ではなく
レース当日の予防的使用なのですが
マラソンの場合どう服用するのがいいのか
はっきりした事例を見つけることはできませんでした。

副作用が懸念されるため長期間の服用は控えた方が良さそうですし
こむらがえりに芍薬甘草が効くというのは結構、有名なようで
そのため濫用も懸念されているようです。

尚、漢方薬といっても副作用はありますし、私は医師ではありませんので
飲用される場合は医師や薬剤師に相談していただくことをお勧めいたします。
参考URL
病院からよく出される漢方薬の使用上の注意!  http://m-kanpo.ftw.jp/u43713.html
Medicine-Navigator  http://www.okusuri-navi.com/42/post-128/
芍薬甘草湯  http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se52/se5200067.html
Posted by 景虎 at 19:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t26069
この記事へのコメント
影虎様
いつもブログ楽しく拝見させていただいております。
そろそろ秋のマラソン大会に向けてのトレーニングに熱が入ってきていることだと思います。私も時々ジョギングを楽しんでいますが、トレーニング時間を確保するのが難しく思うように足が出来ないのが実状です。自称走る薬剤師でもあるため時々漢方薬のお世話になっていますが、芍薬甘草湯は自分では使ったことがありません。ただ、芍薬甘草湯は顔にむくみが出る人が多くいますので注意して使ってくださいね。それでは最初のマラソン大会(大垣ハーフですか?)にむけてトレーニングに励んでください。ちなみに私は鈴鹿のカモシカマラソンと生駒山マラニックそして揖斐川マラソンと出場予定です。
Posted by ミストラル at 2008年09月08日 13:32
ミストラル様
コメントありがとうございます。
芍薬甘草湯の副作用の説明をありがとうございました。

カモシカマラソンも考えましたが
いびがわの3週間前でしたので
その後の調整が良くわかりませんでしたから
2週間前の大垣にしました。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by 景虎 at 2008年09月08日 22:47
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい