2008年11月03日

● 給水所で立ち止まると危ないですよ!

私の行くジムでは「ターザン」という雑誌がおいてあります。
昨日なにげに手に取ったら「マラソン」特集が組まれていてパラパラめくっていたら、初心者向けに書かれたマラソン大会のアドバイスで「エイドステーション(給水所)ごとに水を取って立ち止まり体をリセットしましょう」とあり、
御丁寧に左のようなイラストを掲載しています。 

もちろん 初心者の方に競技ランナーがするように走りながら給水しなさいとはいいませんが、止まる場所が問題です


イラストのように給水所の入口で止まると後ろのランナーが突っ込んできて危ないですし、
前に止まって飲んでいる人がいれば後ろから来たランナーは
その人を避ける為に走行ラインを外に向かって変更します。
そこに水を取ろうと給水台に近づこうとするランナーがいれば
動線が交錯しますのでぶつかってしまう恐れがあります。

では、走りながら飲めないランナーはどうしたらいいのでしょうか?
給水所の入口や給水台の傍で止まっているとこのように邪魔になりますから、
できるだけスピードを変えずに給水台のコップを取ったら
そのまま給水所を過ぎてゆっくり減速します。
給水所を少し超えた場所(目安はコップ回収箱のある近辺です)なら
立ち止まって飲んでいても後ろのランナーも上手に避けていけると思います。

この記事を書かれた方は 
「初心者はスピードも遅いから給水所に到着するころにはまばらになっている」という
考え方なのかもしれませんが、最近の大会は給水の大切さが浸透してきたおかげで
5kmもいかないうちに最初の給水所が設けられている大会も多く、
これぐらいの距離だと、体力のある初心者は結構大きな集団での給水になります。
集団での給水は走りながらとるだけでも肘があたったりして大変な混雑です。
その混雑状態で雑誌のような止まる給水方法は接触事故を起こす重大な要因になると思います。

ターザンといえばムキムキの健康志向のアスリートに読まれている雑誌なので
マラソン大会は専門外なのでしょうか。
そうはいっても知識や情報を売っている雑誌である以上、
事故を誘発しやすい状況を提案しているのは残念です。
そういった迷惑な情報を載せられるのは怖いな~と思いましたので
貧者の一灯ですが私の考えをエントリーしました。

「ことしは ぶつからないぞ 井の口橋給水所!!」
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t28175
この記事へのコメント
給水所でぶつかっている様子、確かにテレビでよく見かけます
イラストを書いた人はわかりやすくしたつもりなのかなぁ
これじゃあ後で来た人が水を取れませんよね!
スポーツ専門誌なら気を付けてほしいですよね
Posted by もぐちゃ at 2008年11月04日 08:49
はぁ~?
確かにこれじゃ交差点の真ん中で急ブレーキ掛けて
停止するようなもんだ。。
情報はTPOを踏まえて正しく伝えてもらいましょう!

朝から開いてる立飲み屋だったら
~10分くらいは刺さりそうだけど(^^;
Posted by ずるうさぎ at 2008年11月04日 19:01
>もぐちゃさん
この記事を読んだ初心者の方が混雑の中立ち止まったとしたら
気の毒なのはすぐ後ろのランナーの方ですよね。
当人もまわりから顰蹙の目で見られますから
大会に参加するのが嫌になるかも。

>ずるうさぎさん
そうか 給水場に日本酒を用意させておけば勝てるかな?
昔話に拠れば うさぎさんには 刺さってもらうだけじゃなく
昼寝もしてもらわないと亀の景虎は勝てないかな?σ(^_^;
Posted by 景虎 at 2008年11月04日 19:38
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい