2009年03月15日

● おっと~

レース前の脚をぶっこわしに猿投山に行った帰り、前々から欲しいと思っていたハイドレーション(給水)機能のあるバックパック(ナップザック)を探しにスポーツ用品店に行きました。背中に給水タンクが入るスペースがあって、そのまま給水チューブが外に出せるようになっているため走り(歩き)ながら水が飲めるという優れものですし、夏場の山に入るのに数リットルの水を持って入れるのは水場の無いコースにもいけるのでとても便利です。

私の場合走りながら使うので本当ならグレゴリーなど定評のあるブランドのものが間違いがないのでしょうが何分予算が。。。
そこで約半額のここらあたりのものにしようと思ったのですが、念のため チューブ式水筒(リザーブタンク)なるものを見せてもらおうとお店の人に聞いたらこの会社が作っているこのザックの専用の物は無いとのことでした。で、どうするのかと聞くと、他社のリザーブタンク(3500円ぐらい)かペットボトルに取り付けられるチューブ(2000円強)を使うことになるとのことでした。

専用のものがないということは、あまり専門に作っていない会社のものかもしれませんし、単にデザインを真似ただけのものでトレイルランに使うとタンクの中の水の揺れなどが上手く吸収されずバランスが悪いなど不都合があるかもしれません。

ここは買わずに再度調べて納得して買うほうが無難ですね。
定額給付金も名古屋は6月末と東京都より遅いようですし。。。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m

Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t33554
この記事へのコメント
これは非常に興味ある記事で、今後の展開が楽しみです。
私も、夏から秋にかけて、トレイルレースを1、2回入れますので、この給水タイプのもの、気になってました。しかし、トレイルの世界のブランド品は、シューズも含めてお高いですね。お値打ち品ありましたら、またご紹介お願いします。

ちなみに、我が家の定額給付品は、デジカメ購入にて、貰う前に早々と消えてなくなりました。
Posted by nakachan at 2009年03月16日 04:09
マーケットが狭いとどうしても単価は高くなってしまいますね。
バッグの安定性を気にしないなら
チューブを通す穴とタンクを収めるスペースがあればOKですが
細かいことはわかりません。
頻繁に買うものではないのでどうしても慎重になります。
Posted by 景虎景虎 at 2009年03月16日 16:54
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい