2009年03月24日

● 東京マラソン2009 スタートまで

朝起きると天気は曇り。雲の動きが想像より早く、午前中は持つという予報は裏切られるかもしれないと思いつつ会場へ。中央公園前の歩道橋からトラックエリアを見ると人、人、人の群れ。鈴鹿のF1以来ともいえる人の群れを見て「いよいよ東京マラソンを走るんだ」という実感が湧いてきました。

すぐ前では中央公園交差点前のゲートがあり、ゲートの向こうはナンバーカードを持ったランナーしか入れません。ゲートではセキュリティチェックもしているためか混雑は激しく、大袈裟に表現すれば人の波が両側から押し寄せてゲートで渦を巻いているように感じ、どういう順番で並んでいるのか全く判らない状況でした。余分な体力は消耗したくないのですが、人波に身を任せながら数メートル先のゲートを数分かかって通過となりました。 

ゴールがスタートと違う場所である東京マラソンは自分の荷物を預けるトラックが決められているのですが、運良く自分の荷物を預ける26番トラックの前にスペースがありましたので、そこに陣取って準備。といってもストレッチはホテルでひととおり済ませてあったので、各関節をほぐす程度にしてからシャツだけを着替えて準備完了。陣取ったスペースは普通の道路上なので前を人が往来します。人出が増えてだんだん歩く速度がゆっくりになり人の往来が渋滞し始めたので、さすがにこのまま陣取っているのは迷惑かなと思い早々に荷物を預けてスタート地点に移動しました。公園南の交差点辺りから人の渋滞が始まっていてゆっくりしか進むことができません。かなり時間がかかって待機スロープにさしかかりました。


東京マラソンではスタート地点に集合して待つ時間が長いこともあって集合場所のすぐ傍にトイレが設置されています。手前のほうでは大勢並んでいましたが、こういうときは手前の人ごみに臆して早く列に並ぼうという心理が働くものです。奥まで確認しにいくと案の定、陰になっているトイレは空いていて並んでいる人は1人でした。(たまたまラッキーだったのかもしれません)

スタートブロックはDでした。8時半(40分前)に並びましたが喉が渇いてきました。普段はこのタイミングでmyスペシャルを飲むのですが前の日に調合したものをホテルの冷蔵庫に忘れてきてしいました。場所は都庁、建物の中には入れないにしても自販機ぐらいその辺にあるだろうと探しましたがみつかりません。ボランティアの方に聞いても「スタートしたら5km先に給水所がある」との返事で、喉が渇く前に水を飲むのが習慣になっている身の辛さは理解してもらえませんでした。中央公園にエイドステーションがあるのですが、人ごみに逆らって制限時間までの10分ぐらいで戻る自信はないので、なんとかなるかと給水は断念しました。

スタートまでの長い間待っていると気になるのは”冷え”ですが、この日は特段の冷えを感じることなく問題なく過ごせました。ただ来年の大会は2月になりますから保温の為に着るジャケットをスタートのときに脱ぎ捨てていけるようになるとありがたいと思います。テレビで解説の荻原さんも言っていましたが、脱ぎ捨てていった衣服は回収されて衣服を必要としている人たちに送る慈善システムが海外の大会の中にはあるそうです。自宅で準備しているときに、冷え込んだ場合を想定してユニクロのフリースの上下を着てスタート直前に脱ぎ捨てていこうかと思いましたが、今の状況ではゴミと思われ、会場を整理するボランティアさんに迷惑がかかり、周囲から顰蹙を買うと思い、仮に寒くても我慢しようと断念しました。ちなみにこの日にジャケットを脱ぎ捨てたランナーは私が知る限り一人でした。寒い冬の大会でスムーズにランナーを集めるためにも是非検討していただければと願います。(事務局の発表でこの日の9時10分の気温は16.5℃でした。)

待っている間にはタレントの松村邦洋さんや吉本のたむけんやグゥ~のお姉さん、ワッキーのグループがカメラやスタッフを連れた集団で通りかかるなど(彼らが吉本筋肉系軍団の隠し玉だったんでしょうか?)東京マラソンならではの華やかさがかんじられて結構退屈しません。すぐ傍には宮崎県知事も登場しました。

スタート前のセレモニーが始まり石原都知事の挨拶や国歌が流れ、なんやかんや過ぎて遂にスタート1分前の合図がありスタート直後の紙ふぶきを舞う瞬間を撮ろうと携帯を取り出しましたが、今年は風があって上手く広がった第1回の映像のように上手く行きませんでした。そろそろと列が動き出していよいよ東京マラソン2009の始まりです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t33900
この記事へのコメント
ホテルの冷蔵庫って何で忘れてしまうんでしょうね!
いつも飲みかけの水程度なのでまっいっか、ですけど
スペシャルドリンクだったら一大事!
Posted by もぐちゃ at 2009年03月25日 08:45
容器が300ccのハンディパックのものですから
詰め替えの為にわざわざ「吸飲み」を持っていったのに
苦労が水の泡でした。( >_<)イヤ-  
Posted by 景虎 at 2009年03月25日 22:12
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい