2009年04月20日

● 走り出すまで~長野マラソン~

長野に出発する日は朝5:00に眼が覚めた。ビッグハットまで約4時間弱と見込んでいたので、すぐに起きて準備を始める。手塩に掛けた牡丹に最後に水を遣って出発準備は完了。予定の時刻に家を出た。1000円に割引された高速道路もまだこの時間ならさほど混んではいない。予定の10時を少し過ぎて、選手受付のビッグハットに到着したが、既に駐車場に入る道路は右折待ちの車で渋滞が起きていた。上千田の方から入るのは避けて迂回して左折となる赤十字病院側から入った方が賢明だろう。

苦労してビッグハットに入ったが駐車場は満車。前の車に付いていくと出口に係員がいて、どうすればいいか聞くと「カネボウ跡地」に行ってくれという。ランナーは皆行動が早いのでまあ想像できたことだが、渋滞を起こさないためにもカネボウ跡地が前日にも解放されていることを事前に案内してくれると、右折待ちの渋滞が少しは緩和されるかもしれない。

選手受付は駐車場の渋滞からは想像できないぐらいスムーズであっというまに終わる。ナンバーカードも今年から四隅に穴が開けられていた。記念品のTシャツを受取り、大会当日の駐車許可証を希望地を言って受取ればそれで完了。この時間(11時前)なら三ヶ所あるどの駐車場も、フェアウエルパーティや応援バスの申し込みも可能だった。13時半から行われるランニング相談会に申し込んであったので、善光寺に参詣に行き13時に戻る。フェアウエルパーティのチケットは既に終了されていた。15時に時間通り終了してこの日はこれでマラソン関係は予定終了。

翌朝は5時少し前にカネボウ跡の駐車場に着いたが、既に開いていた。渋滞していないのを確認して、近所のコンビニでおにぎりを買ってイートインでゆっくり朝食。早く入った車から奥に停めるようにしていたが、早く着いたアドバンテージがないのがちょっと不満。かといって遅めにくれば、シャトルバスに乗るのに待ち時間が長くなるからどちらがいいともはっきりはいえない。車である程度準備をしてから6時半ごろシャトルバスに乗り込む。この頃は全員座って行けた。(今は 安全面から遅い時間で混んでいても立たせて乗車させることはないかもしれない)

予想された渋滞も無く15分ほどで競技場に到着。まだ さほど人出はないので空いているトイレに向かう。更衣室の体育館も縁の方が埋まっている程度だった。残しておいたおにぎりを食べてストレッチをしてウォーミングアップ代わりの散歩。風船ゲートの写真を撮ろうとスタート地点に向かったが、道路が封鎖されてから設営されるそうで撮ることはできなかった。体育館に戻りテーピングをして準備完了。ネットのラン友と会うため約束の場所に向かった。このころ太陽の陽射しは既に暑くトレーナーが汗ばんできた。

8時過ぎに荷物を預け、スタートブロックに向かう。長野もブロックが指定されており、東京ほどチェックはきつくないが各ブロックに係員がいて、ブロックに入るとき一応ナンバーを確認されたようだ。スタートブロックの脇にもトイレがあって数人が行列を作っている。時間が来たらブロックごとに順に前に詰める。私のMブロックは最終的には陸上競技場の西角辺りまで進んだ。

人ごみでじっとしていると、オレンジ色のウエアーが陽射しを感じるぐらい暑くなり、白にしなかったことを後悔したが、ここに到ってはどうしようもない。周囲を見ると手袋をしている人はほとんどいない。私ぐらいの速さの人は普段の大会では半袖のTシャツがほとんどなのだが、ランシャツの人の方が多いぐらい。女性はアームウォーマーをしている人も多かったが、防寒のためというより日焼け防止の目的ではなかろうか。

そうこうしているうちに定刻の8時半に号砲が鳴ったが、例によって列は動かない。ゆっくり歩き出してスタートラインを超えたのは3分後だった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いです。 m(_ _)m
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t35035
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい