2009年04月22日

● 長野マラソン完走記 (完)

~30km  0:31:18  
このころから足首が着地するたびに痛み出した。暑い!!。それでも30km通過はフルマラソンでは自己ベスト。地面から靴底を通って感じる熱で足の裏に豆ができそうな予感。足首が痛むのにこのうえ皮までめくれたらどうなるかと不安になる。

~35km   0:40:52  
 通称ふたこぶらくだの坂は思ったよりきつかったが、走りきってほっとしたのも束の間、中堂島の交差点手前で両足が攣った。ちょうど救護所があったので暫し休息。暑い!!救護所で氷が置いてあったので足首を冷やしたがほとんど効果はない。エアーサロンパスは置いてないそうだ。堤防沿いを進んだが足が回復せず走っては攣って伸ばし歩いて走るのくり返し。タイムは完全に諦めて時間内に完踏(完走)するためエネルギーを溜めるべくほとんど歩き始めた。

~40km   0:45:28  岩野橋を折り返すと35km地点 風景は土手に菜の花が咲き、一面 桃の花でピンクに染まっている。足は不調だがコースは最高にきれい。来年は走らずにここだけを見に来てもいいかとさえ思う。2kmほど歩いて堤防を降りた頃からまた走り出した。長く歩いたからか、だんだんスピードをあげても足に異常はない。いけると思ったらまた攣ってしまい速く走ることは完全に諦めた。少し歩いてはLSDぐらいのランを繰り返す。道沿いに自販機があったのでスポドリを購入。冷たい喉越しが気持ちいい。がぶ飲みしたが渇きは癒されない。

~Goal  15分台
直線道路の交差点で子供の自転車が進入してきて直前を横切られぶつかりそうになる。止まろうとしても脚がいうことを利かないので、よほどなるようになれと思ったが相手が子供なので怪我をさせたら大人気ないと反省し何とか止まれた。長野のゴールはオリンピックスタジアムという野球場。人工芝の貼ってあるグランドを走ったのは初めてだが思いのほか足当たりは柔らかい。「冬季オリンピックなのに何故野球場にオリンピックのネーミング?」と変なことを考えながら、ゆっくり走ってなんとかゴール。グロスで4時間27分台と長く歩いた割には望外のタイムで、秋の「いびがわ」よりは速かった。

ゴール直後にストレッチをする場所が無く、野球場の外まで出て行くように促される。すぐに止まらないのは身体にはいいだろうが、やはり辛い。完走タオルを肩にかけてもらい、出口の通路でペットボトルとおにぎり、アミノバイタルをもらう。アミノバイタルの封が開けてあったのは親切心だろうが持ち歩きができず、口の中がカラカラのところに粉を放り込むのは辛い。計測チップを結束バンドで留めたので係りの人に切るものがないか聞いたらちゃんと用意されてあった。荷物受取もスムーズに受取れてラン友の待つところまで行って暫し歓談の楽しい時を過ごす。帰りのシャトルバスはアプローチ道路の渋滞もあってかなり待たされるかと危惧したが100人程度の行列で思いのほか早く乗れた。

細かい気になる点はあったが、噂どおり綺麗な風景のコースで、応援も熱心、運営もほぼスムーズで質の高い大会でした。ランナーの仮装を禁止したのは競技性の高い大会を目指すというネットの分析のようだが5時間以内で走れて周囲のランナーに迷惑がかからなければ自由にしたほうが沿道の応援者には楽しいと思う。今回上半身裸で肌に直接ドラえもんを描いたランナーがいたが、いちばん沿道からの声援が多かったように思う。

個人的にはシーズン最後の大会なので3時間30分ペースを狙っていったが案の定返り討ちにあってしまった。手堅く4時間を狙うペース配分をして自己ベストを目指すのが王道と思っているが、来期に向けてモチベーションを高め、課題を明確にするには収穫があったと思うのは負け惜しみか? はっきりした課題は脚持久力の養成で、そのため来期の目標は「最後の10kmを50分で走ること」を掲げ 楽しみながらランライフを送って行きたい。

Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t35072
この記事へのコメント
景虎さんの完走記を読むと、長野マラソンの熱気が伝わってきて、なつかしいような嬉しいような。私が見落としていた、コースの詳細がわかり、感心もします。いつも、冷静に走られていてすごいと思いますよ。私は、のど渇いたとか、トイレに行きたいとか、そんなことばかり考えていて、全く周りのことに気がいかず、コースも全然覚えてないですね。

暫くはゆっくりまったりして鋭気を養い、秋のシーズンには、お互い、またまた進化しましょう。
Posted by nakachan at 2009年04月23日 06:44
おほめ戴いて恐縮ですがネタ晴らしすると
選手登録の時にもらった冊子(ランナー名簿の掲載されたもの)の
P50と51のコース攻略法を見ながらかいたんですよ。
今回はおおまかなランドマークしかなかったので
あまり覚えられませんでした。

どこまで進化できるかわかりませんが、
速く走ることも含めて楽しんで走りたいですね。
Posted by 景虎 at 2009年04月23日 21:07
影虎さんへ・・・お久しぶりです。
長いマラソンシーズンが終わりお疲れ様でした。
ゆっくり休んでもう一度モチベーションを高めて秋の大会に備えてください。
月日が流れるのは早いもので、知らぬ間に秋の大会が始まりますよ。

私は今度の掛川が最後のレースです。
今シーズンは色々な事があり満足な練習が出来ていません。
来年は40代最後のシーズンですので・・・そのためにも良いイメージを残して終わりたいと思っています。(掛川は腕時計を外して臨みます)
Posted by ミストラル at 2009年04月24日 16:05
ミストラルさん こんばんは。 大変でしたね。
時計があるとどうしても何分で走ろうとか
頭で走ることになるでしょうから
体の声を聞きながら走るわけですね。
Posted by 景虎 at 2009年04月24日 19:29
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい