2009年11月21日

● 発想の転換(ロング走)

先日ランニングに関する本を読んでいたら「ロング走は走る距離だけ決めて予めペース設定をしない。」 という方法をとる練習法があることを知りました。ペースは当日走ってみた感じで決めるそうです。

これまでこのブログでは、高い練習効果を得るためにロング走は12分間走(クーパー走)や 5kmの全力走、過去の大会の記録などから、目標タイムと照らし合わせてこれぐらいで走ろうとペースを算出して、その数字にあわせてやるものだと思っていましたが、ともすれば希望タイムからこれぐらいで走りたいということをやってしまい、無理なペースを算出することもよくあったように思います。この方法だとロング走で重要な「余裕をもって走りきる」ということができなくて、ギリギリのペースで走ってしまう恐れがあり、悪くすると故障の原因にもなりかねません。

一方走るペースをその日の調子で決める方法は無理をしないので①故障するリスクが低くなり、②ロング走で大事な余裕を持って走りきる練習となり③大会のときになって走りきれるスピード決める感覚が磨かれる。④さらに走りきったタイムを比較することで自分の成長が確認しやすいという利点があります。

そうはいっても、経験が少ないと「体と相談してペースを決める」といっても見当がつかないでしょうし、余裕があると「ギリギリまで追い込むのが練習」と思う人にはつい途中からペースアップしてしまい、結果、最後まで走りきれないということやオーバーペースになりかねません。また、なにより「ゆっくり走って本当に練習になるの?」という呪縛のある練習方法です。

一口にロング走といってもいろいろなアプローチがあるようです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
Posted by 景虎 at 14:07

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t44605
この記事へのコメント
更新の頻度が、加速されてますね。

この記事の内容は、本当に深いと思います。
これができると、達人の領域かもしれません。

私は中々、これができないので、逆に心拍をモニターをして、
ガチガチに管理していく方向に進もうかと、迷ってます。
Posted by nakachan at 2009年11月21日 19:56
その辺はまだ経験がないのでなんともいえないのですが、
ペース走ではなく持続走のスピードなら
なんとかなりそうとも思いますが どうでしょう。
まずは試してみます。
Posted by 景虎 at 2009年11月22日 19:42
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい