2010年01月28日

● 森歩き

故障からのリカバリーの為に走らない日々を過ごしていますが、食欲は落ちることなく必然的に体重増加は危険水域に突入しました。で、寒い中、重いお尻をあげて東山の森歩きを楽しんできました。 


場所は東山一万歩コース周辺の森をコースの脇道へと入っていきます。今の時期、落ち葉は多いですが虫や蛇はほとんど出てくる恐れがないため、明るい里山を探索するにはいい時期です。


比較的 広葉樹の葉っぱも落葉しているのが多く、明るい林になっているので、鳴いている野鳥を発見するのも他のシーズンより比較的楽ですし、人気がない森は僅かな音にも敏感になって感覚が目覚めてくるようです。
大げさに言えば野生の勘や、子供の頃の知らない場所に行くワクワク感に似たものが甦ってくるような気がします。顔2

土日祝日なら動植物園の周囲の道路は駐車できるエリアもあります。

(但し開園の9:00ごろから15:00ぐらいまではスペースがまずありません。また、近くにはたくさんの有料駐車場もあります。) 


注) 一万歩コースから逸れて森を分け入る場合ご自身の責任でお願いします。森は袋小路や足元の悪い場所などがあります。 また、道が付いていない場所を通過した場合、戻ろうと思っても引き返したときに、来た道がわかりにくい場合もあります。方向音痴の方や迷った時にリカバリーのできない方にはお勧めできません。
もちろん、立入禁止の看板には従わなくてはいけません。


Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t48921
この記事へのコメント
こんばんは。
歩くっていいですね~景虎 さんにとっては、走りた~いでしょうが?
林を抜けて、枯れ葉を踏みしめて・・・いいでしょうね~・・
だけど、私はやっぱり、決められた道順で歩かない・・・声も音痴だけど、
方向音痴もすごいから・・・
Posted by at 2010年01月29日 18:38
花さん こんばんは
 まぁ 實際には周囲数キロの森で迷っても大したことにはならないでしょうが
迷えばいっぱい歩かないといけなくなるでしょうね。
踏みしめる落ち葉の音や、鳥の鳴き声には癒されますよ。
Posted by 景虎 at 2010年01月29日 19:16
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい