2010年03月15日

● ランな1日

朝起きて朝食前に東山丘陵をトコトコとLSDを行う。
今、試しているのは金哲彦さんの『マラソン練習法がわかる本』のセット練習。
前日にペース走やインターバル走などのスピードトレーニングをしたら
翌日はLSDを行うことでメリハリのあるトレーニングで総合的な走力を養うというもの。

故障で暫く平和公園の方はご無沙汰していたら、東山通り近くのスポーツセンターの裏手の公園整備がほとんど出来上がっていたりと大分変わっていました。写真の芝生広場はけっこう足にやさしいランに利用出来そうなどと思いながら通過していきます。
LSDが終わって自宅に戻り朝食を済ませたら、次は瑞穂競技場にでかけます。


今日は「名古屋国際女子マラソン2010が開催されます。レース中の走りももちろんですが陸上部やランニングクラブの経験がない私にはアップのやり方から参考になります。


今回、競技場ではスタート付近の観客席で見ました。逆光気味の場所だったので写真はイマイチのものが多かったのですが直前のストレッチやり方など私の知らないやり方をしていたりと収穫が多い場所でした。

スタート後は歩いて瑞穂通に移動。ちょうど堀田を回ってきた先頭グループと入れ違いに到着。最終ランナーが通過してから地下鉄で市役所に移動。去年は今池に寄っていたので先頭を見られませんでしたが、今年はばっちり最初から間に合いました。市役所駅で降りたら北に移動して最前列が空いているスペースを探します。空いていたのが県体育館の前辺り。そこで2周応援してから駅まで戻って反対車線に移動して、今度は坂の登り切る一番苦しいところで応援することができました。

ここは32km付近で、最初に優勝した加納選手と100番台の選手が先頭争いをして通過。続いて先頭グループの選手達が通過していったところで、ひとつの選択に迫られました。ここから競技場まで10kmぐらいですからこのレベルの選手では通過したら35分ぐらいでゴールします。一方地下鉄で競技場まで22分。徒歩時間を入れたらゴールシーンにぎりぎり間に合うかどうかといったタイミングです。先頭のゴールシーンを見るか、このままここで応援するかの選択ですが、今日は残ることを選択しました。上りの苦し場所ですからフォームも乱れている選手が来たかと思えば、平地を走っているのかと思わす選手など千差万別ですし、自分に置き換えて32kmはいろいろ思いがめぐる場所で走っている選手の表情を見てなかなか興味深かったです。2時間20分経過したところで切り上げ競技場に戻り、さぁ これから撮影というところで電池切れのサイン。150枚ぐらいしか撮ってないのに不思議でしたが充電能力が落ちてきたようです。しょうがないので撮影はあきらめて応援に徹しました。


大会が終わった競技場を後にして向かったのは今週の火曜日にオープンしたこちらの施設。ドニチエコ切符を持っているので地下鉄で行きました。入り口ではサッポロの「麦とホップ」の試供品缶を配っていたので公共機関で行った特権ですぐフードコートで喉を潤しビール館内を一通り見てから行ったのはやっぱりスポーツコーナーでナイキのランシャツが5割引になっていたのでお買い上げしてきました。

そんなこんなでランに明け暮れた1日となりました。



Posted by 景虎 at 00:20

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t50926
この記事へのコメント
私は、スタートの瑞穂と今池で観戦しました。やっぱり、スタート前は独特の緊迫感があって、いいですね。関西の結構有名市民ランナーもちらほら見られて、なつかしさを感じました。

今年は、昨年、一昨年と比べて人出は少なかったですが、その分、ゆっくり観戦できて、後ろの方の選手まで声をかけながら、フォームなどチェックできました。

新瑞橋へ行かれたんですね。私もちらっと頭をよぎりましたが、他の用事があってあきらめました。試供品ビールと5割引、魅力的ですね。
Posted by nakachan at 2010年03月15日 04:57
2コーナーの選手溜まりは興味深かったですね。
逆光だったのがちょっと残念でした。
混んでいるところでも、先頭グループが通過すれば
最前線で見られましたから 私にはありがたい環境でした。

イオンモール新瑞橋はオープンセールも明日で終り
これから通いやすくなりますが、
千種の方が品ぞろいは良いと思います
Posted by 景虎景虎 at 2010年03月15日 19:11
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい