2010年03月25日

● 高知市 前半

連休二日目。 いよいよ待ちに待った龍馬の足跡を訪ねます。
でも これは個人的思い込みが強すぎる内容なので、思いに作文力が追いつきません。

前置きが長くなりましたが、本日も観光ブログでランの内容ではありません。


そういう内容ですが 
時間が許せば<<続き>>をポチしてみてください。
【桂浜】 前日の暴風で折れた松の枝を避けながら桂浜に到着。写真に詳しい友人から午後は逆光になるので朝行くといいよとのアドバイスを忠実に守り、朝一番に行ったが天気が悪く光量も少ない(腕も悪い)ので早くいった効果はあまりなかったようです。駐車場は朝6:00から開いても、営業はもう少し後の時間からのようで、私が行ったとき(6:00~7:30)には駐車料金は請求されませんでした。撮影ポイントを探してあちらこちらを歩いたり、浜でぼおっと海を見ていましたから1時間半もいましたが、龍馬像と浜を見る普通のスケジュールなら、さほど時間はかからない場所です。今回は天気が悪かったので夜の桂浜には行きませんでしたが、月の名所と詠われているところですから、改めて月がきれいな季節に行ってみたいと思いました。

これ以降の施設もそうですが高知の観光施設は早い時間から開いているものが結構あって都会型の営業時間に慣れた身には新鮮でした。1日が長く使えてありがたいことです。


 【龍馬の生まれたまち記念館】 高知市内の坂本龍馬の生まれた本丁筋の近くにある記念館で 8:00から開いています。近くに10台ほど停められる無料駐車場があります。付近の龍馬生誕の地や龍馬郵便局、日野根道場跡など巡るのに便利な地図もおいてありますので、まず寄ってみるといいと思います
館内はパネルや複製品が多くてフリーカーとしてはちょっともの足りませんが、こちらの思い込みもありますので割り引いて考えてください。

 パネルにして展示してあった龍馬の家族に宛てた手紙の有名な言葉。

”日本を今一度
せんたくいたし申候”


 今の時代にも通用してしまうのがちょっと悲しい。

【龍馬郵便局】 日本全国で実在した人物の名前が付いた郵便局はここだけだそうで、手紙やはがきなどを、「風景印でお願いします」と窓口に差し出せば、龍馬像の入った風景印で消印してくれるそうです。残念ながら、私が行ったときは日曜日で営業していませんでした。試しに用意していった葉書を局前のポストに投函しましたが、普通の消印で帰ってきました。 


龍馬が江戸に出るまで過ごした街を散策しました。



 長くなるので今回はこの辺で。。。

Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t51356
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい