2010年09月23日

● 鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン 一部試走

今日はお彼岸。 墓参りに行くついでに足を伸ばして 会場の菰野町役場を見て、ハーフコースの最大の難所と聞いている三重県民の森付近を試走してきました。

スタート&ゴールとなる会場の菰野町役場では自宅からの所要時間とルートを確認して、後は届いた選手証(Noカード引換証)に書かれている大会会場案内図とを照らし合わせて、当日慌てなくても済むように位置関係を確認してきました。

菰野町役場を後にして車で306号線を山に向かって進みます。306からの尾高キャンプ場への入り口がわかりずらくて少々、迷いました。雨が降っていたので車に乗りながらコースの勾配を視認していきましたが県民の森に着いたころには雨が小降りになり薄日がさしてきたので着替えて試走することにしました。 


まず、アップがわりに大会コースと逆方向に最頂点へ向かって歩きます。最頂点付近で写真をとり、さらに坂を下って乗馬クラブのところまで下ってから、今来た方に試走を開始しました。いきなり一番の急坂でちょっときつい感じがしました。レース当日はここを5分/kmぐらいであがっていきたいところですが、かなり難しそうです。(奥の横長の看板辺が最頂点付近) 


最頂点を過ぎると当然下るわけですが、県民の森あたりは勾配はきつくて、一歩ごとに腿にきましたからここでは飛ばさないようにペースを守っていくのが良さそうです。最頂点から1kmぐらい行ったところから下りがだんだん緩やかになるので後半に影響しない程度に注意しながら飛ばすことができそうです。


試走は、レース当日は右折するところを直進し、306号線にでて緩やかに上がっていきます。来るときに迷った入り口をすぎて暫く行くと道路の左側に距離のマーカーを発見しました。写真の右側にミラーのある場所で、左側の電柱の側の道路に下の写真のように9kmのマーカーが埋められています。 


この辺りからだんだん勾配がきつくなってきたので、9~10kmの1kmを5分のつもりで走ってみました。結果は5’15”とやはり少々遅れ気味です。

10kmポイント過ぎから上り坂はさらに勾配がきつくなって500mほどで乗馬クラブのある交差点を曲がったら試走のスタート地点です。そのまま最後の一番の勾配のきつい500mほどの坂(ジョギングシュミレーターで平均斜度6.92% MAX7.8% 高低差31.1m)を全力であがってみようとしましたが足が強張るので無理せず流してようやくあがった坂でした。
最頂点の少し手前のところに11kmのマーカーが埋められていました。大会サイトのコース高低差イメージでは10km近くで最高点を通過するように見えますが、実際行くとこの11km過ぎのところが一番高いと私には思えました。


帰り道に 試走のときに気がつかなかった12kmと13kmのポイントの写真を撮って菰野町を後にしました。

坂が多いマラソンコースでは知らないとこの先も上り坂があるのではとセーブして走りがちですので、やはり一度走っておくとイメージがつかめて安心して飛ばせれます。 大会当日は9km~11kmの2kmの登りをどう走るかがタイムの分かれ目のように思いますが、そういろいろな走り方ができるほど器用なタイプではないので勾配に逆らわず、重心を前に移すことだけを気をつけて変に力まずリラックスして通過できれば御の字だと思いますが、さて24日後 どのような感想になるでしょうか。顔11
Posted by 景虎 at 20:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t58072
この記事へのコメント
はじめまして。ひろ兄ぃと申します。

僕もかもしかハーフに出る予定です。先月、車で試走しましたが、コースがイマイチわかりませんでした(笑)
ただアップダウンが激しいことはわかりましたけど・・・

この記事を参考にさせてもらいます(^-^) お互い頑張りましょうーー
Posted by ひろ兄ぃ at 2010年09月24日 11:16
ひろ兄ぃさん はじめまして
コメントありがとうございます。

コース図は省略されて書かれていますから、けっこう間違いやすいですよね。
私はいつも ジョギングシュミレーターで確認して、
間違いやすい脇道をできるだけチェックしますが、
それでも長野マラソンでは試走で迷子になってしまいました。^^;

ブログの内容がお役に立てばいいのですが、
ガセをつかませても、何卒ご容赦のほどお願いします。
Posted by 景虎 at 2010年09月24日 12:40
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい