2010年10月04日

● ガーデナーな週末

この週末はリカバリー週ということで普段より走量が少なくて体力的に余裕がありました。そこで、暑くてなかなか出来なかった鉢物の植替えの残りを一気にやってしまいました。

数が多くて一番大変なのがクリスマスローズです。まずは大きい鉢のものからはじめます。既に開花した成長した株のうち、春に新芽の出が悪かったもの、鉢底から根がはみ出したもの、表面にコケのついたものを、大きくしたいものはワンサイズ大きい鉢に植替して大きくしたくないものは、根を1/3切り詰めて同じサイズの鉢に植えなおします。こうすることで鉢に無駄がでないように使いまわします。 


発芽して2年が過ぎたヘレボの株は本来なら全て6号鉢に植え替えて、来年の春に一番花が咲くようにしてあげるのが普通なのですが、その番にあたるダブルの株は20株近くあり、全部の株をそうしたら狭い我が家の庭は置き場でパンクします。本当は間引くのが正解なのですが、ヘレボの実生株は突然変異が起こりやすいので親の性質がそのまま受け継がれるとはかぎりません。もちろん葉を見ただけで花が想像できるほど詳しくないので、昔、花屋さんから聞いた「こういう葉っぱにダブルの花が咲く」という真偽のほどがわかりにくい話や親とよく似た葉っぱの2点から5株を選抜して6号鉢に植替え、ほかのは寄せ植えにしました。寄せ植えにすると競争に負けて充実しない株は来年の春に一番花が咲かないのですが、仕方ありません。 


来年の春になればどれが親の性質を受け継いだのかが判ります。本来 シングルが普通のヘレボですからダブルの形状はどれぐらいの割合で受け継ぐのかがわかりますので楽しみです。


1年株のピンクや今年の春に発芽したニゲルはダブルの反省もあって数株ずつしか作ってありませんが、これらも全て鉢増しして植え替えなければなりません。

ホスタも根が回っていて今回植え替えました。もう少し大株になったら玄関に飾れるぐらい見応えがでてきそうです。

ほかに、春咲き球根をチューリップとミニアイリスを植えたら、休日が終わってしまいました。 


Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t58415
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい