2010年12月13日

● 京都マラソン コース(案) 試走(1)

このブログではあまり紹介していませんが私は無類の秋の京都好きです。 で、奈良マラソンの翌日に京都に寄ることにしました。目的は紅葉狩りと京都マラソンのコース(案)を試走することです。




再来年の2012年3月に行われる京都マラソンは来年4月にコースを正式発表されるのに先立ち10月にコース(案)が発表されました。。コース案が発表されるまで、私の中では東京マラソンに対抗する都市マラソンという先行イメージがあった京都マラソンですが、10月の新聞記事で「京都市は”市中心部の交通量の多い道は避けながら、京都の魅力を楽しめるコースにしたい”との発表を見て、これは早めに一度走っておいたほうが良さそうと思うようになり、鬼が大笑いしそうなこの時期ですが 自転車で走ってきました。

スタートは西京極総合運動公園ですが、都合で桂川沿いのコース途中から嵐山にむかいました。桂川の左岸を上流に向かいますので上り基調ですがほとんど気にならない傾斜です。
走っていても渡月橋は見えますが渡月橋までは行きません。


有名な渡月橋まで後一歩の手前にある清滝道三条の交差点を右に曲がると最初の登りとなる嵐山の高架橋です。(ここは 自転車、歩行者通行禁止だそうです。cf. 京都旅チャリスタッフブログ )自分の脚で試走するときは 嵐山のメイン道路を走り丸田町通りの交差点でコースに戻ることになりそうです。

高架橋の坂を下って丸太町通りを過ぎて、400m程いくと左手に用水路が出てきたら広めの道を右折です。町並みを外れると一面の心やすらぐ田園風景が広がり、京都らしいと私は思いましたが、河原町や先斗町、哲学の道などいろいろな顔を持つ都市だけに”京都の魅力を楽しめるコース”という この言葉は誤解を生みそうです。そんなことを考えながら進んでいくとやがてコースは広沢の池の南側を通ります。
この日は鯉揚げのため水が抜かれていましたから泥田状態でした。

広沢の池を過ぎると10kmポイントを通過。 だんだん「嵯峨野という地名は”坂あるいは険し(さがし)の地形からきた”」という説を裏付けるような道が現れます。アップダウンは仁和寺前からのきぬかけの道に入って金閣寺まで続きます。 広沢の池から金閣寺までの5km弱の区間は 京都マラソンで記録を狙って走るなら試走をしておいた方がいい箇所と思います。
また きぬかけの道は名所を結ぶ観光道路ですが 仁和寺の二王門以外は道から建造物は見られず期待していくとがっかりするかもしれません。
 御室桜でも有名な仁和寺の山門 「二王門」。京都マラソンの撮影スポットになりそうなところです。

ただの生垣の前を通る石庭で有名な竜安寺

交通整理の警備員さんがいたのですぐに判った金閣寺前。


金閣寺の前でキツメのアップダウンの道とは一旦別れをつげます。
今回はここまでにします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ 久々に50位以内のランキングなるか微妙なところ。
応援のポチをよろしくお願いします。

Posted by 景虎 at 21:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t60946
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい