2010年12月14日

● 京都マラソン コース(案)の 試走(2)

前回 金閣寺前からの続きです

金閣寺の前で西大路に出てそのまま道なりに北大路通りへと進みます。このあたりの道は緩やかに下がったり上がったりしていて、リズムがとれそうに感じました。「今宮門前」の信号を左折(北上)します。(ここは 交差点の名前を確認していかず、別ルートを通ってしまいました。)
15kmポイントを過ぎて、御薗橋通りに出たら、右折(東進)し賀茂川に出ます。

 
賀茂川沿いの右岸、加茂街道を北山通り(植物園のところ)まで南下したら、左折(東進)して北山通りを進み、宝ヶ池公園へと北上する宝ヶ池通りを進んでいくと このコースで一番の急坂が見えてちょっと嫌な予感がしました。

この坂は7%の勾配で水平距離で100m進むと7m上がるという傾斜です。途中から自動車専用道路になり、試走の際には自転車と人は通れませんから、側道から迂回路を通って走ることになります。トンネルを抜けた先がハーフポイントで、さらにもう少しいくと初めての折り返しとなり、今来た道を北山通まで戻ります。

試走のときは折り返し地点のすぐ先が地下鉄烏丸線の国際会館駅ですから 走力の無い人には帰路の坂道をパスするよう利用したり、試走していてトラブルが発生していた場合の対策にと、いろいろ活用できそうです。


北山通まで戻ったらコースは東(修学院の方)に向かい高野川の手前で二回目の折り返しとなります。折り返しを過ぎて25kmポイントがあり 植物園の手前の角を京都コンサートホール方へと左折(南下)します。北大路通りの手前で三回目の折り返しをして北山通までもどり、賀茂川の方へ左折。賀茂川に出たら右岸を下流へと向かい途中から河川敷へと下ります。 この区間の特徴は平坦で単調な道路に2回の折り返しのあることでしょう。



賀茂川の河川敷は広々として気持ちいい場所です。ジョギングコースの路面素材がアスファルトや石畳、土といろいろ変わります。北京オリンピックの際、アスファルトが日本のより硬いとか話題になっていたように、『京都を走るなら鴨川の河川敷を走るために靴は底の厚いほうが走り易い。』なんていうマラソン談義に一役かうかもしれません。四条近辺では路面改修工事を行っていましたから、再来年の大会までに変わっているの可能性もあります。


河川敷を進んで、納涼床のせり出しがでそうな建物が見えてきたら河川敷を走るのも終盤、御池通り(市役所前)まで出たら河川敷から上がるようですが、今回の下見は時間の都合でここで終わりました。

案として出された京都マラソンのコースを まだ全部走ったわけではありませんが、今回の試走で感じたことは、①都市マラソンのイメージではないこと、②曲がり角、折り返しの多いこと ③特にタイムに影響しそうな区間は 広沢の池~銀閣寺までのアップダウンと宝ヶ池通の急坂に注意。④鴨川沿いの河川敷は足場が変わる。 といったことでしょうか。

次は 機会があえば、桜の頃にいってみたいと思います。
 
なお 試走コースをコースミスした部分についてはパオパオさんのブログ 『パオパオだより』 京都マラソンコース前半視察 2010年10月30日 エントリーを参考にさせていただきました。  

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑皆様のおかげをもちまして、ブログ村のランキングは、初登録以来
久々に50位を突破し、39位を記録しました。サクラ
ありがとうございました。
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t60989
この記事へのコメント
こんばんは!遅くなりましたが奈良マラソンお疲れ様でした。
詳細奈良レポートもわかりやすいです。参考にさせていただきますね。

再来年、京都マラソンですか。私も参加したいと思います。
3月だから奈良とかぶらないし。
地元から直通バスあるし。

子どもが関西にいるので関西周辺の大会は楽しみです。
Posted by ina at 2010年12月16日 00:05
inaさんも 遠路参戦お疲れさまでした。

関西の大型大会は来年が大阪・神戸、春に京都で全部楽しみですが
先立つモノがちょっと心配ですね。

また お会いできるのを楽しみにしています。
Posted by 景虎 at 2010年12月16日 08:43
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい