2011年03月03日

● 三友軒のシュウマイ

桜山の地下鉄の駅から博物館へ向かう手前の路地を東へ入った何気ないビルの1階にお店があり、図書館に向かうときに前を通るといつも売り切れの張り紙があって「よっぽど美味しいのか?」と気になっていたお店で、先日テレビで紹介されていていました。 

 先日のこと、お店の前を通ったら初めて売り切れの張り紙がなかったので意を決して入店。店内で食べられるのかと思ったら持ち帰り専門店でした。一番小さい10個入りを購入。 形状は普通のシュウマイじゃなくラビオリを思わせるような形で後で調べたらこの店のオリジナルの形とのこと。付いている油で焼いて食べるのにちょうど焼きやすい形です。味は上品なあっさり味混ぜ物のない肉の旨味がして評判がいいのもわかります。


思いっきり走ってへとへとになったあとの冷たいビールに良く合いそうな焼きシュウマイでした。

Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t63990
この記事へのコメント
こんにちは~。
匂いに釣られてやって来ました~(笑)

まだ建て直す前の…20年以上前ですかねぇ、
このシュウマイを考案した先代のおじいちゃんが、
大きなヘッドフォン(補聴器)をしてシュウマイを焼く姿が珍しくて
テレビなどで有名人になってましたね。
まだご存命かしら?

私も好きです。外のカリカリと中身のトロリがいいですよね。
景虎さんが初めて食したとは意外でした^^;
そうそう、うな富士は景虎さんが紹介して下さってから、オンリー1です(笑)
Posted by mana at 2011年03月04日 09:20
manaさん こんばんは
さすがに美味しいものはよくご存知ですね。

ここは、地下鉄で図書館に行くようになって発見しました。
車で通る道ではないですからねぇ。
今は店内では食べられないようですから焼いてはいないでしょう。
私が行ったときは老夫婦で切り盛りされていましたよ。
Posted by 景虎 at 2011年03月04日 21:27
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい