2011年05月08日

● アドバンスト・マラソン・トレーニング

4月半ばから読み始めてGWを利用してようやく読了。
私は翻訳調の日本語だと上っ面を滑って頭に入らないのでかなり苦労しました。書かれている内容はマラソンのトレーニングを考えるときに基準にできる知識が書かれていると思います。マラソンに取り組み始めたころ知りたいと思っていた内容はだいたい網羅されていましたから、向学心のある人なら初心者でも無駄にはならないと思います。

メソッドの特徴としてはLSDには重きをおいておらず、ロング走とLT走を重視しているという印象を受けました。大会に向けてのトレーニングの最盛期の1週間に100km以上は走ることの出来るランナー向けの練習内容に思えました。

具体的なマラソン練習のスケジュールは大会までの18週のものと12週のものが掲載されており、それぞれ1週のMAXで走る距離別に細かく分かれています。その距離は週88km、117km、140km、174kmと、よく走って週90kmの私には実施する気すら起こりませんでしたがエッセンスは参考にさせてもらいました。

ちょっと期待はずれだったのは練習のペース設定にもう少しノウハウがあるのかと期待していたのですが、単純にもちタイムを均等割したもので、レベルや距離に合わせて係数があるような数値ではなく、この点は少々期待はずれでした。ただ、ペース走がそういうものなら致し方ないのかもしれません。回復走、有酸素走、ロング走、ミディアムロング走、LT走、スピード走などの説明もちょっとあっさりしていて特に目新しい発見はありませんでした。


『アドバンスト・マラソントレーニング』
ピート フィッツィンジャー (著), スコット ダグラス (著), 前河 洋一 (翻訳), 篠原 美穂 (翻訳)
ベースボールマガジン社   2010/12

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!
Posted by 景虎 at 15:40

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t66269
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい