2011年10月30日

● 神戸はぬくぬく待機

遂に登場しました。! 

以前からスタート地点で待つことが長いマラソン大会なので 防寒具を着て待機し、スタート直前に脱いでいけるサービスが外国の大会にはあると紹介していましたが、第1回神戸マラソンではこのサービスが登場します。 私の知る限りこのサービスを実施する日本で初めての大会になるんじゃないでしょうか? 


脱いだものがコース上に残っていると後から来るランナーがウェアーに足をとられる危険があり、混雑する大型大会では採用されないと半ば諦めていましたが神戸マラソン事務局の英断に拍手です。

せっかくの便利なサービスですから利用するランナーも脱いだウェアーはきちんと「フレンドシップバンクウェアー回収BOX」に入れましょう。間違ってもコース内に脱ぎ捨てて行くのは 後から来るランナーの転倒を誘発する恐れがありますから絶対にやめましょう。

事務局も この辺のところを上手に誘導していただきたく、できるだけ多くの回収BOXを設置していただくなど事故が起こらないように工夫して、このサービスが多くの大会で採用されるようにしていただきたいものです。

なお、脱ぎ捨てられたウェアーは返却されず、ストックされ支援物資として役立てられるそうです。
さすが災害の教訓が生かされていますね

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!

 人気ブログランキングへ
↑クリック1回が栄養源!ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。


Posted by 景虎 at 18:55

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t72319
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい