2011年11月01日

● 10月の反省会

10月は実践練習期の第ニクールが中心でした。第一クールとの大きな違いは距離を追わず質(スピード)を高めること。

具体的には第一クールになかった20kmのレースペース走が入ってきたりして、第一クールの練習と違って完走できるか微妙な強度でしたが、思いのほか脚は強化されていて、ほぼメニューどおりの練習ができたと思います。

今月の目標距離は350kmでした。練習メニューの質を重視して距離はあまり念頭においてはいなかったのですが、5回の土日が入った月だったこともあって410.4km走ることができました。また、質があがって故障を招きやすいこともあって、ダウンジョグをしっかりやりだしたのも距離が伸びた要因と思います。

      今月(10月)      先月
 ① 15BU 坂ダッシュ      96.5km(24%)   72.2km(19%) 
 ② 持続走             114.5km(28%)    60.0km(16%)
 ③ ジョグ  クロカン       107.0km(26%)   192.0km(52%)  
 ④ LSD  スロージョグ    92.5km(22%)    47.9km(13%)

スピード系は15BUを中心に20kmRPR, 2000インターバル、快調走、などを実施。15BUは23-22-20半まで走れましたが消耗が酷くて毎週このタイムでやるのはまだ無理と判断。体調をみながらペースを調整することにしました。20kmRPRは4'47"/kmで走りきり、2000インターバルも去年までは5本しか出来なかったのに今年は7本走れ、ペースもRP-15秒ぐらいで走れました。

30km走は 第一クールの最終も含めて今月は3回実施。1回目 5’11”/km 2回目5’06”/km 3回目4’51”/km と順調にペースがあがってきました。(9月の30km持続走のペースは 5'22"/km)今年は30km持続走の取り組み方を去年と変えました。詳しくは結果(神戸)が出たら改めて記事にしたいと思います。   

10月30日をもって神戸マラソンの実践練習も終わり後は回復・調整期間に入ります。今月(10月)の練習を通じて、去年では5'00/kmのレースペースが無理目だったのが 今年は多少余裕を持った4'50"/kmぐらいでいけそうな手ごたえができました。

11月は1週間の回復期をいれて2週間の調整をし、いよいよ神戸マラソンを迎えることになります。回復期は脚の疲れを抜くことを第一に距離には拘らず、調整期には距離を短く強度は落とさないでやや重の脚を作ることを心掛けます。月間距離は神戸マラソン以降が全くわかりませんので根拠のない数字ですが270kmぐらいを予定しました。

<<コンディション>>
10月は-1.0kgで終わりました。 振れ幅は-1.2~0.4kg 平均は-0.4kg。ずっと前月末体重を前後して、月末の追い込みで減少したという減り方でした。

10月は練習で順調に走ることが一番でダイエットは二の次でしたからこのパターンになるのはしょうがない一面があります。私には体重が増加する時期ということもあり、既にレースの目標体重まで下げていますのでその点でも体重を減らすモチベが低かったと思います。

11月は 大会前にカーボローディングで少々戻るし、大会後は気も緩むので減りにくいとは思いますが大会後の気を引き締めるためにも-1kg減という目標をあげて 大会後がんばりたいと思います。

でも 11月でいちばん大事なのは大会で動ける身体を作ることが主眼と思っています。そのため軽いボディに強力で耐久性のある筋肉に少しでも近づけるようにするのはもちろんですが、風邪を引かないようにしたいと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!

 人気ブログランキングへ
↑クリック1回が栄養源!ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。




Posted by 景虎 at 20:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t72365
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい