2012年03月08日

● 篠山マラソン スタート~25km

スタート~5km 24:26 
大会の1km地点の手前でガーミンのラップが刻まれました。走っているときは気が付きませんでしたが、待っていた場所からスタート地点までの距離が入っていたようです。入りの1kmが5’17”。最初の1km以降はなだらかな下り区間なのでスピードを出し過ぎないように注意していました。

実はスタート前のトイレからでたら右足の指の感覚がなくなっているのに気が付きました。靴紐を締めすぎたのかと一度緩めてみましたが改善しません。どうやら寒さで感触が無くなったんだと思います。薬指と小指を地面に押し付けようとしてもなにも感じません。靴の上から確かめてみるとちゃんと履けているのに中指までしか靴底がないように思います。寒さでこうなっていたなら
なら走り出せば回復するはずなのでなるべく丁寧な着地をこころがけて進みます。また 事前の調整期間では4'50"/kmが苦しかったんですが 今日は4'45"/kmが楽に感じました。やっぱり周囲にランナーがいると速く走れるものです。ウォーミングアップ替わりでもあるこの区間は速く走ることより少しでも楽に30kmまで行くことを考え、効率のよいフォームを意識して走りました。3kmすぎぐらいからぽつぽつきだしました。


5~10km 23’38” 
高底表でみると引き続きなだらかな下りのようですが特にそのような印象はありませんでした。でも タイムは4分49秒、43秒 40秒 45秒 41秒と下り坂のタイムです。脚は順調でした。脚の指の感覚は戻ってきましたが今度は土踏まずの前のほうに靴下が寄ったような感触が現れ、このままだと後半に豆や水脹れので走れなくなるかと心配しました。止まって直していると今日の目標はまず達成できません。いまのところ痛みには繋がらないようでしたので少し様子をみることにしました。


10~15km 23:47 
上り基調でところどころに坂がありましたが特にしんどいとは思いませんでした。4分49-43-43-51-46と上り基調にしてはいいペースでした。


15~20km 24:30 2kmぐらいフラットの後いよいよ上りになります。20km区間を省いて全て50秒台と幾分遅いラップなりましたが体感的にはこれまでと変わらない感じで走り、特にフクラハギを使い切ってしまわないよう蹴らずに上体の傾き加減だけであがり、お腹とお尻で走ることを意識して走りました。


20~25km 24:43  
下りだった24,25km区間以外は全て5分台と勾配もあって楽には走れていない区間です。もちろんペースをあげる余力はまだありましたがこれまでほとんどのレースで脚が攣っていることや直前に体重が増えたことを考えてここは慎重策でラップタイムをあげることよりリズムを崩さす姿勢に注意を払っていました。

とにかく折り返しまでできるだけ丁寧に走って足を残し折り返しから強気にいく作戦を崩さないことがこの悪い気象条件のレースを走りきるコツと思い その点では頑固でした。(続く)


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!



Posted by 景虎 at 12:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t76508
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい