2013年01月17日

● ガーミン610の修理

愛用のガーミン610のリストバンドと本体を止めているピンがランニング中に抜けて紛失してしまいました。早速 購入したところにピンを送っていただくように連絡しましたが、「ピンの扱いは無く リストバンドに付属しているという 参考URLhttp://value-garmin.net/exchange.html」ような返事でした。 円安気味なのですぐに購入しても良かったけれど、なんか壊れていないリストバンドを交換するのは自分の信条に引っ掛かるのでピンに代用できるものがないかと探すことにしてみました。 


これから書く方法はピンのサイズが適正なものでなく本体を破損させる恐れがありますのであくまでも参考です。正しい修理方法ではありません。試してみられる方は自己責任でお願いします。

まずノギスで残っていたもう一個のピンのサイズを測り、ホームセンターに行ってこのサイズのものがないか探してみました。店員さんに相談すると「時計売り場に行ってくれ」との素っ気無いご返事。顔16時計売り場では「このサイズのピンはない」との予想通りの対応でした。顔3日本の時計は多くがバネピンを使っていますから単なる棒状のピンの種類を置いてないものと思い使える材料がないか探しに行ってます。 しょうがないので思いつくものを自力で探しました。まずはステンレスの釘でしたが、いちばん細いものでもサイズが太すぎてはいりません。針金は柔らかすぎてNG。ピアノ線を探してみましたけど売っていませんでした。

で ふと思いついたのが針です。ホームセンターの売り場にある針は0.8mm以下で細すぎました。太くて長いものならなんとかなると思い専門店に行ったところ「ふとん針」というのがあって太さが1.02mmで長さも66.7mmと細くなっている部分を使わなくてもよさそうに思いました

実際に挿してみたらちょっと細くて頼りないですが応急処置としては使えそうです。これで一時つなぎをしている間に別の部品を探すことにします。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t86849
この記事へのコメント
私も昨日の板橋cityマラソン中に同じように外れてしまいました。
その後、どうなりましたか?修理はできましたか?
Posted by 鈴木 at 2014年03月24日 12:51
鈴木様

コメントありがとうございます。

針を援用したピンは細くて抜けていましたが、思い切って瞬間接着剤を使ったら抜けることがなくなり現在に至っています。

この方法の場合 いつも上手くいくか疑問ですし、メーカー保証に支障があるかもしれませんので試される場合は自己責任でお願いいたします。
Posted by 景虎 at 2014年03月24日 22:04
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい