2013年03月07日

● 篠山マラソン2013 その② 

20~25km  計画では中間点は平均時間の100分より1分速い99分で通過するつもりだったのが実際は101分台と2分以上遅れていました。ガーミンの距離表示との誤差が200m程になっていて、これまでのペースの計算と狂いが約1分ほどありました。後半に上りの多い篠山でネガティブスプリットはかなりきついと思う気持ちと予定の前半と後半を入れ替えるだけと気楽に考えているところもあって、ペースを上げることはしませんでした。今、振り返ると辻褄の合わない考えなんですが31kmから折り返しが下り基調になるのでその11kmで取り返せると気楽に考えていました。この5kmも24’18”と平均から33秒遅れになりました。
 
25~30km この大会でいちばん上りの多い区間で26km過ぎからは折り返してきたラン友さんとすれ違える区間でもありエネルギーをもらえたんですがタイムは一番悪くて25’02”と5分ペースになってしまいました。26kmで芍薬甘草を服用。29kmからお尻が強張ってきてペースダウンかと覚悟しましたが1kmもいかないうちに薄らいで足が重いなりに動いたので薬が効いたと思います。たらればになりますがこの区間でもう少しタイムに拘っていれば結果は変わっていたかもしれません。

30kmの通過が2時間25分23秒と平均ペース(2時間22分30秒)から2分57秒遅れ、これを取り戻すには残りを4’30”/km平均でいかなければなりません。

30~35km 24'37”。 31kmの折り返しから満を持して飛ばしましたが4'41秒が精一杯で飛ばしているつもりでも4分48秒、59秒とタイムがでません。このころから目標タイムどころかPBの更新も怪しいことになってきました。とりもどそうと頑張ってみても5’01”がでたり思うようにいきません。気ばかり焦って速く走っているつもりでも、心拍まで下がってきていました。

35~フィニッシュ 本当にPBの更新も危うくなってきて、ペースをあげようとして気持ちは4分半ぐらいで走っている感じでも足が売り切れていて下りでなんとか5分を切れているようなラップタイムが続き、ラスト1kmで4’30”を切れればPB更新ということで本当のラストスパートをかけましたがいつもと違って心臓のバクバク感が全然なく後から心拍数をチェックしても平均157bpm、MAX159と全然上がっていません。なのにペースはあがらず、PBから20秒届かずの3時間24分7秒でゴールしました。走り終わってPBに届かなかったタイムがわかったたときは全力を出したという思いと、まだまだいけたんじゃないかという思いが振れて歯切れの悪いものでしたが、コースの難易度や天候を考えたらPBを出す力がなかったと思いました。(コースや天候は言い訳にはならないんですけどね。)


 ゴールしてからは悪天候で速攻で帰った去年と違い 選手に振舞われていたしし汁をいただき 少し離れた場所にあるお風呂に入って汗を流してからゆっくり帰ってきました。


篠山に備えて十分準備ができていたと思っていたので 今回はペースに拘らず体感で走るプランで走ってみたものの、走りきったという満足感に欠ける結果になりました。心拍的には十分余裕があり終わってからの足のだるさも比較的軽いものでした。かといって軽く走ろうと考えていたわけではありません。結局なにがいけないのかわからないのですが、ラスト10kmで追い込めなかったことを見ると スピードを出す力が弱かったのが一番怪しいように感じています。

いずれにしろ 次のフルマラソン早くて10月後半なので 少し休息してから初のウルトラマラソンに向けた日々に入っていきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!



Posted by 景虎 at 08:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t88246
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい