2013年05月23日

● 野辺山マラソン 前日

制限時間が14時間である100kmの部にあわせて、野辺山は朝5時にスタートします。必然的に名古屋からは前泊が必要になります。(自宅を深夜に出て眠らず走るという強者もいますが。。。)天気は快晴で中央道は駒ヶ岳が綺麗に見え抜群のドライブ日和。 


13:30からの説明会に間に合うように早めに出たら早く着きすぎてしまい12:00から開始される受付を済ませ前夜祭のチッケットを買ったら説明会が始まるまで、近くの野辺山駅に向かいました。標高が1345mの野辺山駅はJRの中では一番標高の高い駅で有名です。



八ヶ岳も綺麗に見えて明日はあそこを1908mまで走って登ることになります。


体育館で説明会が始まり 大会注意や明日の攻略ポイントなどを聞きました。途中、「明日はじめて100kmを走る人」と尋ねられ結構手が上がったのでちょっとほっとしました。 

説明会が終わって前夜祭まで時間があるので一旦ホテルにチェックインして明日のレストステーション(R・S)に預ける荷物を大会の指定袋に入れたり、4枚あるNoカードをウェアーにつけたりと明日の準備をしました。 


5時前にもう一度会場に行って5:30からの前夜祭に並びました。キャパがちゃんとあるのに並んだのはひとつのテーブルに全員が付けるようにするためと、おつまみや飲みものを取りに行きやすいテーブルに陣取るためでした。前夜祭の料理や飲み物の量は充実していました。今回は新潟と関東のラン友さん達とご一緒したので普段はネットでしか交流できない方々が多く、初めてお会いする方とも楽しい時間を過ごせました。彼らは野辺山に慣れていてホテルの手配は全てお任せしてありました。お陰様で 無駄な動きをすることもなく楽しく合理的に過ごすことができました。
ホテルに戻って軽く飲みなおしたものの9:00には床に就き 翌朝は3:00起床です。 


普段3:00に起きたことが無いので少々不安でしたが2:58に目が醒めたときは「なかなかやるな!」と自画自讃。ホテルで走るばっかりに準備してゴール地点に預ける荷物とR・Sに預ける荷物を持って30分前に会場に着くと、ゴール地点の荷物を預ける体育館とトイレは行列ができていました。体育館は土足禁止なので靴を脱ぐのに皆さん手間取っていたようです。行列ができやすいのは判っているのに二つある出入り口を一つしか開けないのは不思議です。混雑している会場でしたが15分前にはスタートに並び、やがて30秒前からカウントダウンがはじまり定刻にスタートがきられ私の初めてのウルトラマラソンが始まりました。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!


Posted by 景虎 at 20:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t90832
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい