2013年05月25日

● 野辺山マラソン 50km~ 後半

50kmエイドを出発すると高低図では緩やかなのぼりにみえるが、実際は細かなアップダウンが続いていてタイムを狙うならここから70kmぐらいまでの走り方がポイントになりそう。完走が目標の私はすぐに歩きが入ってきた。58km北相木エイドはレストステーション(RS)で、着替え、補給食、靴が送ってある。100kmの部は三ヶ所あるRSの内二ヵ所を選択して送ることができる。シャツを着替え 足の水脹れをメンテして、計測チップを付け替え、靴を履き変え、トイレに行き 苺とぶどうをほおばっていたら30分ぐらい滞在してしまった。顔7補給食として選んだ理想のトマト200mlはとっても美味しく正解だった。

RSを出発し65kmまでは休憩した効果もあって暫くは走れたが71kmの清美の湯が近づくと勾配はだんだんきつくなってくる。滝見の湯エイドではお蕎麦をいただいたがマッサージサービスは空きが無く先を急いだ。勾配はさらにきつくなり峠まで走れないかと思っていたら途中勾配がゆるくなって少しは走ることができる。73kmエイドを過ぎたら「野辺山のボスキャラ」馬越峠の本番が始まる。前日の説明会では「ここを走る人はまずいない、無理せず下りで走れるよう体力を温存する」とアドバイスされた区間だ。アドバイスには素直に従って体力を温存して頂上のエイドに到着。残りは21kmで時間は3時間21分ある。下り区間も長いので2時間20分あればなんとか走りきれるだろうから、13時間を少し越えたぐらいでゴールできるかとこのときは予想した。急勾配の下りが始まって足を痛めないよう小刻みに走ったつもりだったが81kmのラップが4’18”とこの日一番を記録、完全に制御が効いていないしスピード感覚もおかしくなっている。足の裏が痛くなって少し歩きを入れて、それでも5分台のラップで下っていき、下りきればR・Sで休めると考えてちょっと無理をしてしまった。

やがて千曲川にぶつかった辺りから平坦になって、1kmも走り続けられなくなってしまった。R・Sで休んで回復するつもりで飛ばしたのになかなか着かない。我慢しきれず周囲の人に聞いてみると87km地点にあるそうで完全記憶違いをしていた。少し走っては歩くを繰り返してなんとか原公民館のR・Sに着いた。予定は少し休んだら出発するつもりだったが、足の回復を図って名物のうどんをいただく。天候の悪化、気温低下に備えて用意しておいた雨用のシェルを羽織り、自分で用意した小豆パワーを食べてさぁ復活と走り出した。

足が軽かったので走り続けられるかと思ったが川まで行かないうちに減速。エイドの休憩では回復しなかったようだ。やがて川沿いの道に出て後10kmの登り区間になった。全然走れなかった登りの勾配が緩くなってくるとゆっくりながら走り出し、また歩いては走るのパターンで勧めていく。朝見た八ヶ岳が見えると「帰ってきたんだ~」と感慨に浸る。


このころはゴール予想時間を計算するが 簡単な暗算が出来なくなっていた。なにより 勾配によって走っては歩きを繰り返していてペースが摑めない。そのうち計算するのがめんどくさくなって少しでも速くゴールすることだけを考えた。何とか持っていた雨がまた降り始めた。腿裏は張っていつ攣ってもおかしくない。歩いていればゴールは出来るけどタイムも良くしたいという葛藤の中 たくみさんをアシストランをしていたヒロさんに追いつかれ引っ張ってくれるような走りをしてくれたが応えることは出なかった。

雨が本降りになって周囲がすっかり暗くなったころようやく会場に着いてレッドカーペットを歩いてゴールゲートをくぐる。長い長い一日が終わった。



55km 看板   6:54  (37分 @7分強)
58km 北相木T 7:44  (21分+滞29分)
65km 看板   8:25  (41分 @6分弱)
75km 看板   9:56  (91分 @9分強)
79km 馬越峠  10:39  (43分 @11分弱)
95km 看板   12:57  
100km     13:40ころ  ゴール


☆ ブログ村 ボタン
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!

Posted by 景虎 at 20:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t90838
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい