2007年11月07日

● 聴松閣

聴松閣は昭和十二年に新築された迎賓館で、山荘風の外観ですが、内装は英国、中国、インドの各国の様式がミックスしています。地下には留学生の描いたヒンズーの女神の壁画が残されています。
各階の木部の手斧化粧、透かし彫り、壊した壁から出てきた建設当時の暖炉の装飾に使われている天平時代のものといわれる亙など貴重な材料と匠の技が見られます。(パンフより景虎が抜粋)

伴華楼の次は北園を出て、隣接するマンションの傍を通って南園に向かいます。南園に入ってすぐのところに石でできた松坂屋の紋章があります。これは東海銀行の前哨のひとつであった伊藤銀行の本店の壁に掲げられていたものだそうです。

1階の奥の部分は建てられた当初はひとつの大きな部屋でしたが、留学生寄宿舎や社員寮として利用されているうち区切られたそうです。それで後から立てられた壁を壊したら出てきたのがこの暖炉です。(画像があまり良くないのですが手前の格子状のものが壊した壁の骨組みで奥が暖炉。その周りに装飾で使われた亙は東寺、西寺、など使われていて現在研究が進められていますが、天平時代のものだそうです。)

2階は英国、中国風の部屋に分かれた小部屋です。小部屋といっても6畳~15畳ぐらいあるスペースなんですけどね。

地下に移ってまず目に入るのがインド人留学生が描いたといわれるヒンズーの女神を描いた壁画です。このほかにステージのあるホールが設けられていて往時を忍ばせます。また 戦時中に防空壕として使われていたという地下通路に繋がる扉もありました。地下通路は現在は埋められてしまったそうで残念なことです。



Posted by 景虎 at 17:00

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t14303
この記事へのコメント
こんばんは。景虎様。
お久しぶりです。覚えているでしょうか?
夢。NAHAです。

しばらくお邪魔していませんでしたが・・・
怪我のほうが少しづつ良くなり始めました。
(自分が思っていたより長い期間がかかってしまいました。)
先生の言う事聞かずちょこちょこ盗み走りしていたからでしょうか・・・

今日は2時間走してきました。
ご存知かどうか分かりませんが私の住んでいる地は現在盛り上がっている「東京モーターショー」の開催地「幕張メッセ」から近いためその辺りを快走してきました。無駄に広い綺麗な道路がさらに大会当日のように車両通行止めだったので気分だけでも味わうことができました。

もうすぐ大会だそうですね。私は今年のNAHAマラソンは出場できないのですが。そこは最終目標なので調整終わり次第「千葉」「東京」辺りの大会を探して出場したいと思っています。

景虎さんには是非 「完走」「4時間切り」 実現して頂きたいと思います。 健闘を祈ります。どうかご無事で終わりますことを・・・
Posted by 夢。NAHA at 2007年11月07日 23:18
夢。NAHAさん お久しぶりです。
お元気そうでなによりです。

幕張はバブルのころ、新都心として構想された場所ですから道路も広いですよね。
海岸沿いのホテルの上の階のラウンジでお茶して、
東京湾を日長眺めていたのを覚えています。

大会はこの日曜なんですが 「完走」をとるか「4時間切り」をとるか悩んでいます。
完走を目指すだけなら無難なのですが
4時間切りは かなり冒険でヘタをすると途中棄権の罠が口をあけています。
当日走ってから決めるつもりです~。
Posted by 景虎 at 2007年11月08日 15:27
こんばんは。景虎さん。

おっしゃるとおりですね。
どちらがいいのでしょうか?
でもそれもかげとらさんが言うとおり走ってから「調子」次第ですよね。

幕張に来たことがあるのですね。
なんだか親近感がわきます。

明後日ですね。
天候にかかわらずとにかく「笑顔」でゴール!!
Posted by 夢。NAHA at 2007年11月09日 00:19
今決めているのは 入り5kmを30分~35分のスローペース。
このときのコンディションで3パターンぐらい考えていますが
まあ 初心者としては でたとこ勝負でしょう。

笑顔でゴールできるよう楽しんできますね。
Posted by 景虎 at 2007年11月09日 08:00
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい