2008年03月04日

● お受験

名古屋お受験の新旋風も外装はほぼ完成したようです。
4月になればぴかぴかの校舎にぴっかぴっかの小学生が集います。
杁中の駅から八重桜のストリートを抜けて
大きいランドセルをしょったちびちゃんたちに出会うことでしょう。




タグ :杁中

Posted by 景虎 at 22:24

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t18969
この記事へのコメント
あの凄い倍率だったとこですね(笑)
その倍率を勝ち抜いたちびちゃん達がここに通うんですね~♪
どんな大人になるんでしょう('▽'*)。。oO
Posted by mana at 2008年03月04日 23:33
はい  そうです。
盛んにローカルニュースで取り上げられていました。
学級崩壊していなかった自分の小学校卒業生は
犯罪者から会社役員、大学教授となったことを思えば
結局、公立も私立も当人次第と思っていますけど甘いでしょうか?
Posted by 景虎景虎 at 2008年03月05日 17:32
おはようございます。

昨日のお客様の息子さん(小6)。
私立中学受験を6校受けたそうです。
そしてN中学に決まったそうです。
私には6校も受ける意味が分かりません。

昔、小学校教諭のお客様が言われた言葉を思い出します。
「(有名)私立では、悪い友達は出来ないだろうけど、
良い友達も出来ない。皆ライバルだから」と。。。

どちらにせよ、親がレールを引いてあげなければならないと思うと、
責任重大ですわ。「当人」を育てるのは親ですもんね(^_^;)

N小学校と地元の小学校、どちらに通ったら幸せだったのか、
ドラマのように二通り見てみたいですね(笑)
Posted by mana at 2008年03月06日 09:19
教育は難しいと思います。
昨今の子どもの非行の要因を学校や親に求め
成人後の子どもの犯罪に親が謝罪会見するのは私には不可思議です。

私に言えるのはいい環境であっても育たない花もあれば
劣悪な環境でも咲く花があるということです。
子どもを良く見てパターンにはめず考えていくことでしょう。

灘校の話ですが 入学式に校長が
「君たち全員が入れるだけ東大は定員がある」と言ったそうです。
こう考えれば私立でも充分良い友達は出来ますよね。
Posted by 景虎 at 2008年03月06日 19:37
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい