2008年09月03日

● マラソン熱 冷めず

西日本新聞に拠れば、10月12日に開催される「筑後川マラソン」の参加申し込みが締め切られ、今年の参加者数は約2700人と昨年の1.8倍に急増したそうです。

記者は「自然の中をゆったり走ることができ、ゴールまで時間制限がないことなどが人気の理由とみられる。」と分析していますが、私はやはりメタボ対策&健康志向の風潮が定着し拡大している流れが続いていると思います。北京オリンピックでは盛り上がりに欠けたマラソンだっただけに、その悪影響が懸念されましたが、どうやら影響はあまり出ない様です。

マラソン人口が増えるということは、
当然ですが関連マーケットの拡大を意味しています。
マーケットが大きくなれば、新商品や改良品が豊富に作られ
ディスカウント商品も出てきますので
走ることを趣味にしている人間としてはたいへんありがたいことです。

Posted by 景虎 at 23:06

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t25910
この記事へのコメント
私はもっぱらウォーキングですが
景色を眺めながらゴールを目指す爽快さは共通するかなぁ
目標を決めてスタートする前の不安、
ゴールした時の達成感と心地よい疲労感
何となくクセになってしまいます。
Posted by もぐちゃ at 2008年09月04日 08:49
>目標を決めてスタートする前の不安、
>ゴールした時の達成感と心地よい疲労感
>何となくクセになってしまいます。

さすが 良く言い表していらっしゃいますね。
特にゴールしたときの達成感が私は好きです。
Posted by 景虎景虎 at 2008年09月04日 16:42
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい