2008年10月28日

● 後半 水都2008おおがきハーフマラソン

 さて スタートから15分過ぎて名神高速を潜り抜けるアップダウンを過ぎた辺りから足は快調になり、思うままに走ったら5分を切るか切らないかぐらいの速さでした。軽く押さえながら5km過ぎの給水をとり、7kmのラップが5分24秒/kmとほぼ予定通りの速さに落ち着いたのでそのまま10kmまで走って、10kmから若干あげて行きましたが、最初は少し勢いが付きすぎて4’48/kmとこの日一番速いラップ。また少し押さえ気味に走っていたら13km過ぎから足の指がときどき痛むようになってきました。

 この後15kmから5分/kmで走るつもりでしたが、同時に指の痛みを酷くしてもいけないとあれこれ考えているとペースが5分36秒ぐらいまで落ちてしまったので、このままじゃいけないと反省。試しにスピードをあげてみたところ、痛みが酷くなることもなく意識すれば5分前後のペースで走り続けることができました。

 レースも終盤を迎えると、次々とスパートし始めたランナーに抜かされていきます。付いていきたかったけど指の痛みはきえていないし、今回はスパートしないと決めているので我慢しました。「スパートするのも苦しいけど我慢するのも苦しいものだな~~~。あれ?バテてスパートできない人はもっと苦しいからマラソンの終盤は苦しい人ばかりだな~」とくだらんことを考えていたら、なんとか競技場に着きトラックを3/4周してフィニッシュ。ゴールしたら記録が空欄になった完走証とお水のペットボトルが渡されました。

 時間は手許の時計で1時間52分10秒でした。(正式タイムは翌日事務局からネットで公開されました)予定が51分~53分でしたからタイム的には満足ですが、ちょっとペースに波がありすぎでしたので、そこは反省材料です。考えられる原因は、足を痛めたのでLSDの練習が多くてペース走が足りていないことや、この時計より速いペースのBU走が中心の練習体系だったからだと思います。初めての雨のレースでしたが靴の中はほとんど濡れることも無く走りやすいコンディションでした。

(おおがきHM完走記 終り)

Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t28017
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい