2008年11月26日

● スタートから栄まで

名古屋シティマラソン 完走記の第2弾です。
0~5kmは25分46秒
スタートラインを超えても進んだり減速したりを数回くり返し、前の人の靴を踏まないよう気をつけます。しばらくは周囲が詰まっていますから体力温存で集団にあわせて走りました。アップが少々足りなかったようで集団のペースが多少速い感じがし、またスネに違和感も感じましたが、ここでペースを落とすと動くパイロンになり、後ろに迷惑をかけますので、そのまま集団に付いて行きました。

 体も多少ほぐれ集団のペースがちょうど良くなった頃2kmの表示を見つけ、タイムを確認したら10分30秒でした。予定より若干速かったのですが引き続き集団にあわせる感じで走りました。まだ序盤ですから無駄な体力の消耗は控えて、ラインに沿って走ります。このころから、周囲も空いて走りやすくなってきましたが、体を暖めることに専念しました。体が温まれば自然とペースはあがるという考え方です。

 3km過ぎから体も温まって自然とペースがあがりましたが5分/km前後でしたので成り行きのペースで走りました。体から感じられる感覚ではもう少し速くてもいいといっていましたが、飛ばすのは帰りの今池関門を過ぎてからと決めていましたのでここも自重です。

5~10km 24分50秒
今池辺りは軽い向かい風で一瞬 走りにくくなって嫌だなと思いましたが「帰りは追い風になる」と気持ちを切り替えました。帰りも弱い向かい風だったので、ビルの乱気流だったのかもしれません。このころから、少し腰が落ちてきたように感じましたので「腰は高く、肩の力を抜いて~」と呪文のように唱えます。上体に力が入ると、そり気味に走る私は腰が落ちてしまいますので、肩の力を抜いて肩甲骨をスムーズに動かすことを心掛けます。コースは内山町で西に折れて桜通を市の中心部に向けて走ります。

2年前と比べて桜通の路面は荒れ気味でけっこう衝撃が足から来ました。元気といわれる名古屋経済もきついのか舗装に予算が回らないのかもしれません。足に衝撃が来ないように心掛けて走ります。8km近辺でいつもの右足中指に痺れに近い痛みが走りました。高速下を抜けていよいよ中心部です。9kmで持っていたフリーダムを半分摂取しました。桜通から大津通に入って10kmを50分36秒で通過しました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
↑1日1回ポチッと押していただけたら幸いですm(_ _)m
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t29264
この記事へのコメント
余裕が感じられる前半ですね。身体のどこかに異常がないか、フォームがくずれていないかを点検しつつ、後半へのスタミナを温存しながら、若干抑えた走りに終始されています。また、息が切れていないのもいい感じ。私の最近のハーフは初めから全く余裕がない状態で、ぜーぜー、ハーハーいいながら、走り散らしています。
Posted by nakachan at 2008年11月27日 03:26
ハーフはそれぐらい突っ込んで正解だと思いますよ。
スローで入って体がリズムに乗ったら
攻めるレースができたらいいなと思います。
今回は帰りの今池までは潰れないという大命題がありましたから
こういう走りになったと思います。
Posted by 景虎 at 2008年11月27日 08:30
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい