2009年02月06日

● 二月に梅林を工事する植物園

先日梅まつりの記事のときに東山植物園の梅のこともふれましたが
近くに住んでいるのに行かずにレポートするのも気が利かないと
ちょっと寄ってみたところ、驚いたことに梅林の一部が3月31日まで工事中でした。

いつも植物園のホームページをチェックしていたけど工事のことは全然知らず、
入口でも気が付きませんでしたので、
帰るときに案内所で「梅園が工事で残念でしたが、どこに案内していました?」と
聞いたら教えてくれたのが切符売り場の横に貼ってある三枚の張り紙でした。










これで梅林が工事されているってわかる方はかなりの常連さんと思いますよ。

いずれにしても 梅林を2月3月に工事するような施設は
梅を楽しみで見に来る来園者のことを考えていませんし
自分の持っている経営資源を有効に活用できない施設と思います。

テレビでCMも流れているようですが、そんな予算があるなら 
せめてホームページで「ただ今工事中」のお知らせコーナーを作って
判りやすく案内するほうが大事だと思います。

旭山動物園に来場者数を抜かれて 再生計画をたてて頑張ろうとしているようですが
こんな気の利かない施設に市税をつぎ込む価値はないかもしれません。

ついでにいえば 梅林近くの「ふしぎの森」も工事中で、
そこに植えられていたこれから咲こうとするクリスマスローズも全部無くなっていました。
成長具合を楽しみにしていただけに頭に来てさっさと植物園を後にしたので、
「花広場の傍の斜面にある梅林が工事中かどうかチェックしなきゃ!」と気が付いたのはかなり後のことでした。

無料の駐車スペースを潰し、梅を楽しみで来る来園者をがっかりさせる再生計画って
結局 私には「お役所仕事なんだ」と気分の萎えさせるもののようです。
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t32083
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい