2009年11月16日

● ペットボトルの乾燥トレー

今の若い人に抵抗感はないのでしょうが、ガソリンより高い飲み物にはどうしてももったいないという感覚が働いてしまいます。それに20km走るとなると終わった後も含めて3本分ぐらい水分が欲しいので一カ月にすればけっこうばかになりません。
ただペットボトルに詰めなおして使いうのも、洗ったあとに干しておく場所がないのが難点でした。 
先日100円ショップに寄ったらこんなものを発見。


さっそく使ってみましたが、洗ったあとペットボトルの中の流れ出る滴を切るまでの置き場所としては良かったのですが、中を完全に乾かすにはハンガーで自作したこちらのほうが速く乾燥しました。でもハンガーでは500cc用は割と簡単に作れますが2リットル瓶のサイズにあわすのはちょっと難儀です。

使いようによっては役立つペットボトル乾燥トレーでした。
ペットボトル再利用の方達で 立てたままで乾燥する以外の人はどうしていますか?
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t45291
この記事へのコメント
乾燥トレーなんてあるんですね。
ペットボトルってなんで乾きが悪いんですかね。。。特別湿気があるところにおいてなくても、いつまでーーーも水滴残ってるんですよね~。乾燥トレーか自作のハンガーの乾燥機?は1滴残らず乾きますか??
Posted by トモ☆ at 2009年11月17日 21:21
乾燥トレーは水滴は切れますが中が曇ったままなので完全乾燥しません。
ハンガーの方は下に水滴が落ちることがありますが
乾燥は乾燥トレーより速いですよ。
Posted by 景虎 at 2009年11月17日 22:21
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい