2009年11月30日

● 河口湖マラソン 整列からスタート~10kmまで。

スタートロス  0時06分20秒      
集合時間(7:10)の10分前ぐらいにスタート地点に着いたのに自分の希望タイムの看板周辺には入れず最後尾に回ることになりました。大会案内には、「スタート順は(中略)自己申告制とします。(中略)順次目標タイム表示板(30分ごと)に従って並んでください」とあり 集合10分前なら問題なく自分の目標タイムのところには入れると思っていましたがこの考えは甘かったようです。途中空いてるところもありましたがフェンスで仕切られていて入れず、フェンスの切れているところでは人だかりで入っていくことができません。最後尾の27kmグループの看板の前から列に並んで入って落ち着いたのが交番を少し過ぎた地点で、5時間半のペーサーさんの近くでした。この日の7時の気温は3.6℃でしたが、列の中に入ってしまえばさほど寒くなく長袖のシャツ1枚で寒さはあまり感じませんでした。

この位置からスタートラインを過ぎたのは6分20秒後。地面のチップの反応ラインにはは気が付きませんでしたからどう計ったのかわかりません。自分の時計では6分30秒のスタートロスでした。

スタート~5km  28分11秒(自己計測)
後方から出たので28分/5kmペースの私でも楽々抜ける集団の速さで、極端に遅い人や後ろからかなり速い人が無理気味の追越をかけたり、ジグザグ走行をするランナー(結果的に私もかも?)もいて、かなり気を使う状況でした。序盤の走りにくさでは私が出た大会の中では一番と思います。コースはスタート後に湖沿いに進み、1kmほど行った大池公園駐車場のところで137号線(県道77号?)に出ると一気にコースが広くなってばらけたので徐々にペースアップ。しかしそれもガストの交差点のところからは半分に狭くなり、混みあいだしました。前に遅い集団がいると迂回抜きをしなくてはならず、コースは上り坂ということもあって走りにくい。139号線の手前で折り返し、今度は下り。まだ体が温まっていないので足に響かないよう気をつけながら進みました。ガストのところまで戻って小立の方に曲がり諏訪神社の前辺りでようやく5kmの看板が見つかりました。河口湖マラソンの距離表示は5kmごとの立て看板とゴール手前5kmから1kmごとの看板で、1kmごとのポイントが示されている大会が多いのにちょっと異色な感じがしました。1kmごとにペース管理をするのに慣れているとちょっと走りにくいかと思いますが、第34回と歴史のある大会ですからボランティアの少なかった昔からのなごりなのでしょうか。

5km~10km  27分38秒(自己計測)
 小海三叉路のところで湖に出て時計回りに2周ちょっとの周回走になります。給水所は公設のところが4箇所(のべ9箇所)他に4箇所のセルフ給水所や私設エイドもあり、低い気温ということもあってところどころ飛ばしたが喉の渇きを覚えることはありませんでした。補給食にはザバスのエナジータブを始め、梅干やチョコレート、バナナといろいろ置いてありました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。

河口湖マラソンのコースに関して詳しく知りたい方は公式サイトの「コース」というタブ。
給水所に関しては公式サイトの左バーにあるゲスト欄の上にある選手案内をクリックしてください。
Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t46195
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい