2010年12月09日

● 奈良マラソン2010 (3)

 奈良マラソンの続きです

25~30km    予定ラップ0:25:30   ラップ 0:28:02   スプリット  02:29:22 
天理教の本部を過ぎて、幼稚園前の幼児たちとハイタッチして、このコース最大難所の上り坂に備えます。この坂でスピードを維持しようと無理をするといっぺんに駄目になると思い力を入れないように登ってこのタイムでした。上り坂の途中でウルトラマンを発見。カメラを用意してなかったのが残念でした。顔2名阪道を越える白川大橋で2本目のカーボショッツを摂取。スプリットでは予定していた時間より早いのでここでトイレへ。白川の天理大のグランドのところは待ち時間無しで用を足せました。30km通過が2:28:04(ネット)は30kmの自己新記録です。このときは十分 330がいける!と思っていました。


30~35km 予定ラップ0:24:30  ラップ 0:26:16   スプリット 02:55:38   
3時間30分をきるには残り12.195kmを1時間少々で走ればいいわけです。大きな難所は過ぎましたから後は5分/kmを目処に、リズムを崩さないことだけを意識して真剣に狙いだしました。最初の2kmの下りは5分を切る走りで好調でしたが、高樋町を過ぎて平坦部のに入ってすぐに異常が発生しました。 脹脛が張って無理すると攣りそうなのでペースダウンをして大事をとりましたが やはり攣ってしまいストレッチを入れることになってしまいました。

35~40km    予定ラップ0:25:00    ラップ 0:32:38   スプリット 03:28:16
我慢して走っていると今度は腿裏がつり、最後は腰の筋肉まで攣って遂に歩きとなってしまいました。しかし、コースの端を歩いていると小学生から「がんばれ○○番」と応援されてしまい さすがにこれには反応せざるを得ず少し走り出しましたがやはり回復していなくて今度は左も攣りだす始末となり、結局また歩きながら回復を図るしかありませんでした。Mac前の坂は全然走れず歩いて登り、その後、ようやくゆっくりなら走れるようになってきました。奈良公園の登りも歩いて、大仏殿前辺りにいた七福神?に応援されてからは下っていることもあってゆっくりですが走れるようになりました。 


40~Finish    予定ラップ0:11:00     ラップ 0:14:53     スプリット 3:43:09
競技場前の登りは歩くしかありませんでした。4月に初めてこの坂を見たとき嫌な予感がしたのですが現実になってしまいました。競技場のグランドに入る手前でも両足が攣りいっぱいいっぱいでゴールとなりました。タイムはいびがわの時より若干悪くそれでもセカンドベストのタイムです。


痙攣を起こした原因は 今、思えば前日長風呂をして身体が脱水気味だったのかもしれません。また、20km手前で痛み出した脚を庇って変な走りになってしまったのかもしれません。ガス切れでないことだけは確かです。いびがわでは35km過ぎで脚が動かなくなり、奈良でも30km過ぎから脚に痙攣が来てしまいましたから、やはりフルの距離を持つ脚が出来ていないというのが帰宅してからの反省です。

人様には入りを遅くと勧めておきながら自分は全然守れない無謀なレース展開だったかもしれませんが、30kmまでは本当にきもちいいレースでした。さらに、走れなくなった30km以降でも、沿道からの応援は気持よく、秋晴れの下、めいっぱいかけっこを楽しめた奈良マラソンでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ 人気ブログランキングへ
↑ジョガー達の楽しいブログがいっぱい。
Posted by 景虎 at 22:50

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t60800
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい